悲壮感


 ルビーのページをHPに開くために写真の整理をしていたら

底を外して庭に置いた、洗う前の籠の写真がでてきた


kago.jpg


 なぜこんな写真を撮ったのかと思っていたら、すぐに答えが見つかった


trap.jpg


 庭で何を探していたのか、一生懸命になっていて私の出現に驚いて飛び上がったところが

洗おうとして置きっぱなしになっていた籠の中だった、ということだろう

ヒヨドリ様だ

 この悲壮感漂うポーズは、なかなかわが家では味わえない、野生そのものの姿

すぐに逃がしてあげたので、改めて表情を写真でゆっくり楽しもう

 「あン いやン」 なんてネームは間が抜けてるかネ


                        fly-1.jpg
                     元気っ子ルビー(紅玉鳥)


 うっかり縁側を開けていて、大型インコのこぼれ餌目当てに迷い込んだすずめやヒヨドリが

大きく出口をあけてやったにも関わらず、家の奥に逃げ込み家ン中じゅうを逃げまどった

なんてことも以前は結構あったが

今は屋外の鳥小屋の鳥数の方が多いので、家に入り込むことも無くなった

 話は変わるが、試練の5日間小学校の屋外プール指導の後体が結構元気になって

先週後半は“泳ぎたい願望”に取りつかれていた


fly-3.jpg


 私が通っていたスイミングでは、その頃(30年近くも前)から塩素以外の消毒を行っていて

教室ではそれを自慢にしていたが、水質管理に興味がなく詳しく聞いていなかった

 O-157事件以来、室内プールなどの施設では、かなり塩素濃度が濃くなったようで

ジャグジーは入っていると気分が悪くなるし、泳いでいてぜんそくを誘発したこともあった

 スクールの子供たちには鼻炎がひどくなるなどの症状がでる子もいるはずだ

 今は、EM菌やオゾンによる消毒なども取り入れられるようになってきたようだが

我が在住県は、水源が「きれいなところ」と甘んじてでもいるのだろうか

塩素はきついうえ、オーバーフローさえしていない施設も多く

大阪府のような「きれいな水意識」に欠けているように思う


 身近できれいなプールで思う存分泳ぎたいなア~~



                               fly-4.jpg
     ルビー(紅玉鳥)をどんなふうに飼っているかをHPで紹介していきます
     どこまで続くかわかりませんが、興味のある方はこちらまで・・・

                               KW *ルビー












スポンサーサイト

終わりました~~


 5日間の試練の時を経て、いつもの日常が戻ってきました


 10年以上もろくに泳いでさえいない身に、小学生の水泳指導初日・2日目は過酷の一語

やっとなれた5日目で終わりを迎えるという。まあスポーツ何でもこんなものですが

体を作るには最低週3日は使わないと・・・

 体の試練はつらかったけど、心は洗われるような日々でした

 初日のプールには、昔懐かしいアマガエルがおり、なぜか菱の実や水鳥の羽が浮かび

休憩時間にはカモが舞い降りようとまでするのどかなところで

nisimuki1.jpg

毎日のように山際に雨が降り、雲のたなびく景色はまさに「大和青垣の山々」

晴れれば、西に生駒山・信貴山から二上山・葛城山・金剛山まで目に入る開けた土地柄

nisimuki2.jpg

 2キロくらいしか離れていない小学校に600人の生徒がいるのに対し、全生徒数119人

学年ひとクラスしかない生徒たちは、和気あいあいと仲良しで明るくて素直で

・・・ちょっと遊びすぎる子たちもいたかもしれないけれど、彼らの元気をいっぱい吸収してきました

 先生方も穏やかでやさしくて・・・

gama.jpg
               プールわきの側溝にはガマの穂が・・・

 一日としてお休みをいただく程悪い天候の日もなくさほど暑くもなく、年甲斐もなく日焼けしてしまったけれど

心から癒された日々でした


 指導に誘ってくれた一回り若いベテランのコーチは

まっすぐで熱心で意欲的で前向きな素敵な女性でした

 この年でもまだまだ学ぶところが沢山あり

彼女とのおひるごはんは食べるだけではない楽しみが沢山ありました

           panyanokyaku

           初日に昼食をとりに行ったパン屋さんでは
          セキレイやすずめがすぐそばまできて一緒にお昼ご飯を・・・
          沢山写真は撮ったけど、胸を張って意気揚々の姿が
          とても気に入ったこの一枚を載せました・・・かわいいっ!!

 仕事なのに、休日のように幸せに過ごした夏の5日間

あーー終わっちゃったァ


     来年も会おうね! と彼女は子供たちに約束していました
     私? いやいや、もっと若いパートナーを探してもらわなくちゃ












へび


 鳥がヘビに・・・という話かって? やだなァ ちがう ちがう


 私がハワイを旅行したのは、もう30年も前 

 現地の人に「ハワイにはへびがいないんだ」と聞かされたが

 「私昼間に見たよ」と言うと

とてもびっくりされた


 今朝のテレビ番組で、ハワイのあちこちでヘビが見つかり

大きな騒ぎになっている話がでていた

 中にはニシキヘビも入っていて、勿論ペットが逃げたか、捨てられたか

の結果だが“小動物の楽園と言われたハワイにとって大きな問題”と

騒ぎになっている

 日本と違って、寒い冬のないハワイのこと

ニシキヘビでさえ自然繁殖していくのは時間の問題

 あの頃はコウカンチョウくらいが目立った帰化鳥という程度だったが

今では文鳥などけっこうどこにでも現れる鳥という印象のようだ

 日本ではとりあえず、冬を越せない外来種は自然にいなくなっていく

とは思われるが、気候に馴化していくという生物の進化の法則から言えば

いずれは「冬眠するアナコンダが帰化繁殖している」なんて話も

出る時代がやってくるかも知れないねェ


 30年前に私が見たハワイの蛇の話??

勿論ホントだよ。たった一匹

ホノルル動物園にだけど…










背中が・・・


 今朝の「遠くへ行きたい」では奥日光で天然の氷を作る人の取材があった

現在日本で天然の氷を作る人は5人しかいないそうだ

 成分H2Oが一定で天然にできた永久に成分の変わらない無機物である氷は

人が条件を整えて作っているにもかかわらず鉱物

 同じように人が作っても、冷蔵庫を使えば単なる人工物なので鉱物とは言わない


 天然の氷で入れたウィスキーは実にうまそうだったが

今の私があれを手に入れたら迷わず肩に乗せるだろう

 リポーターが手にかざした氷はまるで良質なSiO2のようで心を動かされたが

背中の痛みを忘れようと気晴らしに、氷の様なイヤリングを、天然のSiO2(クリスタル)で作ってみた

 どうよこれ!? 耳にぶら下げたら、見てるだけで涼しそうだと思わない?

Iceearing

  何故背中が痛いのかはこちらで…
                 試練の日々はあと三日も続くの
      ひびき3

FAN

 今月は新作の映画を観に行く予定がくるってしまったので

新しい映画館で限定上映している IMAX 版 “This Is It" を観てきた

 今更ながら・・・?

MJとSW は20代のころ部屋で、車でテープがすり減るほど良く聞いた

お気に入りのアーティストだった



しくしく・・・
昨日午前中、この書き出しでそれはそれは素晴らしい
映画感想文が書きあがったのに
上書きしようと送ったとたん
ネットの回線が切れてしまった
(多分その前から切れていて現状の画面だけが
そのままパソコンに残っていたのだのだろうが)
送ることをきっかけに完全に切れてしまい
あの我ながら、自信を持って読んでもらおうと思っていた文は
跡形もなく回線のかなたへと消え去ってしまった

今日は朝から再度書き込みに挑戦していたが
あの素晴らしかった文章は
なくしたものほど素晴らしい・・・
2度と書けそうにないので
やめっぴ にした

 で FANという言葉で紹介したかったのは
月刊オールバード誌の案内ページを作っているので
そのことだったのだ

サイトの方ではすでに案内していて遅まきながらなのだが
良かったら覗いてみて気ください ナ


私設ABファンクラブ


水が・・・

 久しぶりに体力づくりを兼ねて水泳を始めた

今日で4日目。前回汚いなと思っていた水が

今回は悪臭まで放つというお粗末さ

公営のプールだよ


 25メートルプールの半分は水泳教室の名目で使われ

反対側はほとんどが無料適齢者であろう

15~20人の水中ウォークによって流れを作られ

泳ぎにくいうえ、バタフライなどの波の立つ泳ぎは

彼らのためにと、柵のある狭くて泳ぎにくいコースか

その隣に限定されている。しかも

無料の人は何時間いても実質無料であるのに対して

一般入場者は2時間800円と時間限定の上

ロッカー代に50円払えということになっている

(ロッカー代はさすがに無料の人たちも払うのだが)

なんかこれ変じゃない

お金払ってくる人いなくなるの当たり前だよね

理解不能だわ


大阪のプールは泳ぎやすくてきれいだよねぇ

(昔のイメージ?高槻は去年だよ)

さて

写真はこの春生まれたワカケホンセイインコ

ちょっと変わっているので調べていると

オパーリンかもしれないということになり

少し勉強してみた

よろしければこちらへどうぞ


http://keelandwings.web.infoseek.co.jp/ntb/tbt-sub2/sub2/sub-2-3-opalin/sub-2-3-opalin.html            


IRN-opaline6-2.jpg

愚痴言っちゃだめなんだけどねえ

まだ 試運転中のブログです

huku

2011-03-05

フクジュソウが咲いていた

20110306

同じ庭の隅に翌日

ヒマワリの双葉を見つけた

20110501

05-01 藤が咲く季節、仲のいいキジバト夫婦の前で

ヒマワリが元気に育っていた

20110701

07-01 いつの間にかすでに花の季節を終え

枯れ始めたヒマワリがいっぱい

鳥たちの喜ぶ季節になったが

開花のころ激しい雨が続いたので

びっしり付いている種の中身は空っぽだ

うふふ 残念でした


The big year



ごめんくださいませ

The keel and wings の更新案内を兼ね

ブログデビューしました

今まで KW で紹介していたことを

ここでチェックしていただけたらと思います

どうぞ ごひいきに ね

               
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR