やっぱり


ヒヨでした

あのでかいフランクフルトソーセージは

無事ヒヨのお腹に収まりました

akebitohiyo.jpg

う~~ん

それ私が先に見つけたんじゃあないの?

と言いたいところなのだけれど

指をくわえて見ているしかない

この状況

akebitohiyo2.jpg

あっと言うまもなく、中身はすっからかんになったんだろうなあ

これ多分、ウチのモクレンで育った仔だよ

このハゲようには見おぼえがある

akebitohiyo6.jpg

ひゃ~~ かぶりつき とはこのことかも

どんどんいくねえ~~


野鳥話ばかりもなんだから

ちょっと変わったコザクラインコ

けいちゃんと加トさんちで見かけた変わり種

なんでだろうねえ

いつも肝心なところでデジカメの電池がなくなって

スペアで持っていった電池もなぜかちゃんと充電されてなくて

K-タイのカメラだから情けないったら・・・

見てよ

撮り慣れてないからひどいったらないわ

・・・ごめんだわ

katokozakura.jpg

きれいなサーモンピンクだったけど、見る影もない写真だねえ



お口直しに再び・・・  
               akebitohiyo5.jpg

                          う~~~まんぷくっ


            よろしければこちらもご訪問くださいませ

                 白いオカメ
スポンサーサイト

気がつきませんで・・・

前回、不完全に終わったブログを

ちょっとやる気になったので


ハトが戸口に巣を作っていたことに気がつかなかったのではなく

最近また裏の池に時々姿を見せている

カワセミの姿を見ようと、池向こうに目をやった時

突然現れたこれ

akebi3.jpg

写真じゃ解らないねえ

肉眼だとかなりはっきり緑の中に自己主張している姿が見られる

これこれ
     akebi2.jpg

まるで竹にデッカイフランクフルトがぶら下がっているみたいなアケビ

この辺りでアケビのつるや雄花はよく見るけど

雌花はめったに目にしないし、実まで見たことはなかった

家の庭にも、となりとの境目の微妙な位置に1本生えてて

ここ2、3年は雄花をつけ始めたので

とにかくつるは家の庭に引っ張って、なんてせこいことを考えていたら

昨年隣がお庭のプチ改造を行い

その時取り去られてしまったみたいで

やっぱり隣に生えていたのかとがっかりしたのでした

あはは

あの池向こうの大きなアケビはまだきょうも割れていないけれど

一番においしい思いをするのはいったい誰だろう

ヒヨかな、メジロかもしれない

せめて種だけでもだれか家の庭まで運んでくれないかしら

隣との境にあったあの苗も出始めから知ってるけど

初めて花が咲くまででも10年くらいかかってるから

今頃運んでもらっても私の口には入らないかもしれない

でも、毎年出てくる葉っぱをみてるだけでも可愛い

akebi4.jpg

これは去年の3月に裏庭で花芽を付けた例の株

開花を楽しみにしていたのに、翌日にはだれかに食べられちゃってた

そういえば、ムラサキシキブという植物を御存知でしょうか

名前のように紫の実をつける低木だけど

まるでシロシキブと競い合うように、うんざりするほど実をつけて

ぞっとするほど増殖していくので

実が池に落ちるような位置に生えている

1本を残して切ってしまったけれど

今年になって鳥が食べることが分かった

あんな毒々しい色の実を食べるなんて思わなかったが

mejiro1.jpg

ばっちり撮れてましたねえ

murasakisikibu.jpg

どんどん食べてくださいませ

ワカケにもやってみるかなあ



気がつきませんでした

車の窓を開けて走るのが、気持ちいい季節です

わが家近辺では終ってしまったキンモクセイの香りが

どこからともなく「車を降りて歩きなよ」なんて

さそってくれてる気がします

心の中で「はい、解りました」


鳥の会をやめてから、増えすぎるキンカチョウを手放してはみたが

いないと寂しいものです


その穴を埋めるかのように

ウスユキバトが奮闘してくれますが

彼らは同じ場所での巣引きを嫌い

こんなところに目を付け巣材を運んでいたので

nest-DD1.jpg
  見てこれ、出入り口の手前の網と戸口の隙間

ここにはキンカチョウもダイヤモンドフィンチも

巣材を運んでいたし、アキクサやオカメもよく止っている

皆のお気に入りの場所のようです

止るくらいはいいけれど、巣材を運ばれては困るんで

前の巣引き場所を少し模様替えしてやりました

nest-DD2.jpg

それでも少し落ち着かないようなので

薪木を置いて戸口と同じくらいの隙間を作ってみると

nest-DD3JPG.<br />jpg

なんだかとっても気に入ったようなので

nest-DD4.jpg

一安心です



この先、もうひと打ちしたのだけど

削除という言葉を打って変換改行した時点で

文章も写真も削除されてしまったので

続きはまた今度ということで

おねがいしますよ~~~

ほりだしもの

ちょっと御無沙汰したかな

いや~~この時期は石オタクの血が騒ぎます

3連休の初日に京都に石を見に行ってきました

一緒に行った人がとてもいい石を発見はしたものの

買えないとあきらめて帰りましたが

翌々日になって「買わないけど、もう一度見るだけ見たい」

と言うので、またお付き合い

その日は私もじっくり手にとって見させてもらいました

買えなくてもあの石ならもう一度見たくなる気持ちがよくわかります

本当に心身共に奥の奥から浄化して癒してくれる

そうだな・・・

究極の安らぎを与えてくれそうな石だった

でも、いつかHPに書いた

“ちょっとだけ触らせてもらった、車が買えるほど高いルチル”と同じ様な値段だったので

万一手に入れたりしたら

「なくしたらどうしよう」の心配ばかりで

癒されるどころではない代物に変化してしまいそう


やーすごい石でした


で、私はと言えば、初日に

「手に入れるまでではないかな」と思っていた

“ひと山なんぼ”みたいなブースで逃した獲物

    (以前から少し気にはなっていたのですが)を

これはやっぱり買えという流れか、と手に入れて来ました

これです

andesin2.jpg

アンデシン

ちょっとパワーストーンをかじったくらいでは

おそらく耳にしない石じゃないかな

ネット検索では以外に簡単に出てきたので、少し拍子抜けしているけど

ネットに出てくる値段はいただけない

値段と言えば

円高で輸入品は手に入れ時と言われるけれど

石に関してはどんどん値段が上がってるね

どう見ても消費者がアシ元みられてるとしか

思えない不可思議が行くたびに増えてて

逆にその中から良くて安いものを手に入れる楽しみはあるけど

買う人はもっと物の価値をちゃんと見て欲しいと思うなあ

「この値段で仕入れても買うやつは買う」

なんて言わせちゃあだめだよ ホント

あー つまらない!!  話をもどそう


アンデシンは少し石をかじった人なら聞いた事のありそうな名前の

 サンスト-ン と ラブラドライト の中間的存在だそうです

          andesin1.jpg

不思議な色だと思わない?

ピンクや赤の石なのに空かしてみると

石を通過した光がブルーに代わるの

そういえば、サンストーンに似てるビーズも見られるよね

サンストーンより値打ちはある石とどこかに書いてあったけど

人気ははるかに落ちるかな、マイナーな石

ちなみに、上の2点の写真は同じブレスレット

   (直径6.5ミリと7ミリの2種類のビーズ)

名前はアンデス山脈にちなんで付けられたと言います

チベット産など空気が薄いので

一度に長い時間仕事をすることが出来ず

高価になるのだとか






みつからないよねエ (美容院のご紹介)


歯医者さんやらお医者さんやら

自分に合ったいいところってなかなか見つからないねエ

おんなじように美容院も自分に合ったお気に入りってなかなかないもんです

格好に構わない私が言ってもあんまり意味ないけど・・・


20代のころはカーリーヘアーが流行ってて

泳いだ後で全く構わないでいいヘアースタイルなんてのりで

パーマも掛けてたけど、何週間も洗った後に独特の匂いの残る

あの薬剤にはどうしても不快感を禁じえないので

10年以上もパーマとは無縁。1年に1度くらいしかカットにさえ行かない

この怠け者の頭の形をなんとかしてくれる、とっても素敵な(頼りんなる)サロン

べべさんは近鉄奈良線新大宮駅を降りて

奈良に向かってそのまま線路沿いを進めば、ものの3分ほどで着いちゃう

駅地下 ならぬ 駅近 美容院

カットイン“べべ”というくらいカットの腕は確か

少なくとも私にはとってもあってるの

以外に癖のある私の髪が1年に1度ショートにしておくと

具合よく伸びてきて翌年のおんなじころには

いい感じのセミロングになってる・・・

(一種女性にあるまじき説得力のあんまり感じられない案内だけど)

普通カットに行くと、ほぼ1か月で手に負えなくなってしまう私の頭

彼女の腕にかかると・・・おとなしくなる

なんだろうねえ、癖を見抜く力だろうか

経験の産物なんだろうか、努力のたまものかもしれない

この仕事が好きで好きで、とにかくなりたかった

というだけあって、とっても勉強家

人生経験も私よりずっと豊かなのに

いまだに進歩しながら経験を重ねてる

私にはとってはとにかく魅力的な女性なンだよね

こんなにほめると嫌がるから内緒だよん

bebeshop.jpg

近鉄電車で奈良に来る予定のある人は

新大宮の駅を過ぎたら進行方向左側の窓から外を覗いてて・・・

数秒でべべさんの玄関先を通過するから

あはは 通過するだけだけど


営業時間は 09:00~17:00
ラストオーダーは パーマ 16:00
         カット 16:30

日曜日だけは予約が必要だよん 

     日曜日のラストオーダーは パーマ・カラーダイ 15:00~
                  カット       16:00~

  毎週月曜日 と 第2第3火曜日が定休日

 店内のポップは わたくし keewi 直筆でございます

最近はその協力の御褒美に

私の手作り ピアス をディスプレイさせてもらってるの

ウフフ これ嬉しい限りよ

値段も付いてるけど・・・ bebedis.jpg

どーよこれ可愛くない??

良かったらカットにでもきてもらえたら・・・

(ロングのカット¥4200ー値段はこれしか知らないのごめんね)

私の作品がひやかせる特典つきだよン

   でんわ 0742-36-1128

          なにとぞ 宜しく

        以上 地方色豊かな美容院のご案内でした







懐かしくて


小学校低学年の頃、宝塚に住んでいたことがあり

その頃にはだんじりが町内を練り歩くなんてこともあり

だし によじ登ったりしても誰から咎められることもなく

皆で引っ張って歩いたなんて今でも懐かしい思い出があって

毎年この季節になると関西では取り上げられる

岸和田のだんじり祭りのニュースをちょっとうらやましく思っていた

きょう堺の石氏を訪問すると

偶然にもまつりでだんじりが引かれると聞き

これは是非とも写真に収めなくちゃ・・・と

沢山撮ってはみたものの

鳥相手とは勝手が違い、ましなのはまあ

fesinsakai.jpg

これくらいかなあ

なんで真ん中に電信柱の支柱があるんだろうねえ

やんなるわ

ここではだしが7台出ると聞きました

列の前の方は子供から若者まで

本当に沢山の人が参加しています

なかなか楽しい日本の秋を感じて来ました

たまたま行った先でお祭りなんて

ちょっと縁起のよさを感じちゃうじゃない

それで帰りが少し遅くなり

夕飯はもう久しぶりにケンタッキーか

「南蛮だれ」も試食しなくちゃいけないし

なんて例の如くにショッピングセンターによると

これまたご機嫌な夕日で

eveningglowinautumn.jpg

秋だなあ・・・

で帰って夜の鳥小屋に様子を見に行ったら

昨日とおんなじ可愛さでウスユキが親子親子していたので

皆様にもこの幸せそうな姿を見ていただこうと

お父さんの

 まぶし!! めいわく!! なんて顔は無視し

   撮ってまいりましたので、ご覧ください


           usuyukinight2.jpg



           皆様も良い夢をご覧になれますように

              おやすみなさいませ











最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR