決まりましたか

 お歳暮の季節です


 だいたいこういう行事にはのっからない人種なのですが

毎年一軒だけ、まるで常識のように

挨拶に送ってくれるサラリーマン家庭があるので

それにこたえる形で送るようにしています

毎回違うものを心がけていて

今回は、さる方からご紹介いただいた

餃子をと思っています

 ネット販売を、おそらく今年になってはじめられたようですので

のっかろうかな・・・と

「北海道十勝餃子」は検索で簡単に出てくるので

知る人ぞ知る存在なのかもしれません

レギュラーがおいしいと思うので

そのセンで行こうと思っているのですが

行者ニンニク入りや、手羽に(元か先か忘れた)

餃子の具をはさみこんだ

最近話題になってるタイプのものもあり

こちらにもちょっと触手を動かされている次第


 年賀状もなんとかしなくちゃならない季節でもありますね

手作りのものはやっぱりもらってうれしいものらしいですよ

ちょっと時間を作って、年末の気晴らしに、文章だけでも手書きで

親しい人を心に浮かべながら一筆って・・・

もらうと嬉しいですよね

   sirohara.jpg


                  昨冬家の庭にやってきた
                     お客さんたちを紹介しています

冬のお客さん





スポンサーサイト

香り

 大阪と奈良の境に連なる信貴生駒の山々

奈良側に平群(へぐり)と言う地名のところがあり

日本一の小菊の産地だそうで

奈良に住んで46年の、この年になるまで知りませんでした

失礼

今この地は、秋咲きの菊の採り入れと出荷で忙しい

kikubatake1.jpg

畑には刈り取られた後と来年用の新苗が見られる

kikubatake2.jpg

植え替えの済んだ苗

なんて手間のかかってそうな風景だろう


近くで大きな一枚岩を見つけた

iwa.jpg

新潟の糸魚川だったら、これがヒスイだったりするんだ

などと邪心の様なものが脳裏をかすめた



暖かい雨の日、窓を開けて走ると

車の中はむせかえるような菊の香りに包まれる

11月も下旬だというのに、めったに聞かれなくなった

アマガエルの声が聞こえる

可愛いなァ

最近では存在自体がまれになってて今年初めてかも

や~~確か2かい目


ふと見上げると10メートルは裕にありそうな

かなり大きな木の梢にピンクの花が満開

sazannka1.jpg

いったいこの季節に何の花だろう

sazannka2.jpg

どうやらサザンカの様だ

クズのつるがからんでいる

白い花はサクラの様だ

突然春の風が吹いたと思えば

翌日は冬そのものの寒さ

自然もおかしくなるわ

・・・なんて思ってるのは人間だけで

彼らはきっと温度と湿度、気候や日照時間なんかに

自然のままに反応しているだけなのだ


この近くの民家でこんなものをいただいた

imoimo1.jpg

写真だと判らないよね

これサツマイモ

カボチャほどの大きさで重量2500グラム

スイートポテトと大学イモと焼き芋がそれぞれ

5人前ずつできました

焼き芋が一番おいしかったとは思うのだけど

実は私、女子にまさかのイモタコナンキン苦手派で・・・

苦痛の日々が続きます

 大好きな どーどー鳥の事を少し書いてみました

よろしければどうぞお越しください 

           たからもの1
           たからもの2

寒いよねぇ

今朝もちょっと寒かったと思ったのだけど

気のせいなのかな

8時ころ庭に出ると朝の涼しい空気の中で

カタツムリがデートしているところに出くわした

snails1.jpg

彼らのデートには程よい気候なのだろうか

先月末から今月の初めだったか

各地でソメイヨシノが狂い咲き

なんてニュースが相次いでいたが

わが家ではこのところ毎年のようにハナズオウが狂い咲きする

今年もソメイヨシノと同じころにけっこう枝先に花をつけていた

hanazuou2.jpg

もう結実していて、ピンクの鞘がその時咲いたもので

後ろの枯れ果てたような色をしているのが

この春、桃の花と同じころに咲いた時のもの

さらに、第二段狂い咲きの準備も整っているようだ

hanazuou1.jpg

たった一つ狂い咲きの証拠写真と思いきや

hanazuou3.jpg

こんな隠れたところにさらに密集して咲こうと企てている模様だ

どうどうと咲いている輩もいるが・・・

cuc.jpg

たった一枚拾ってきたうちわサボテンが

いまや2メートル近い大きさに・・・

母が拾ってきた椿の種の話を書いたが

拾って植えることを学習した門前の小僧は

とんでもないものを拾ってきてしまった

春の満開写真を来年はブログに載せよう

なかなかすごいよ

きょうはそんなに暖かかったのだろうか

butf.jpg

キチョウやモンシロチョウは真冬でも小春日和に見かけたりするが

タテハは初めて見た

こののんびり羽を開いたり閉じたりする姿は

なかなか好感が持てる

停まった時に羽を閉じたり開いたりするのはガだ

なんて人もいるけどタテハチョウ科ってあるんだよね

関西のおばさんの好きそうなガラだって言われそうだけど

私はこのあたりで見る種類としてはルリタテハの方がすきでする

寒い寒い部屋の中に戻ろうとしていると

カタツムリもデートを終えたようでした

       snails2.jpg

      さようなら~~~って聞こえてきそうだ

           AB ファン 2000年1月号から6月号             1月号でオールバードに私がデビューした話など




遅かりし


大した事ではないのだけれど

椿の実がはじけてしまって

大きかった実をけいちゃんに見せることができなかった

ってだけのことです

写真でも載せておこう

kame1.jpg

今年はとりわけ豊作だったように思います

これはヤブツバキ

母がきっと山から引っこ抜いてきた奴でしょう

彼女は山の中を歩くのがすきで

…山道ではなく、藪の中まで入っていくタイプ

いまだに色々なものが庭に残っています

kame2.jpg

これは父と3人で萩を旅行した時に

やはり母が誰かさんちの庭先の白い椿がアスファルトの上にまいた

種を保護してきて庭の鉢植えにしていたものが育った

良く種のできる、簡単に増える生の強い椿


ところで

HPにABファンというコーナーを設けながら

自分がデビュー・・・と言うところで止まったままですが

この11月号に久しぶりに記事が掲載されました

AB296.jpg

京都の有名な飼鳥家を訪問した時のことをまとめたものです

タイトルはいつも編集長が付けるのですが

                   AB296-2.jpg

三千代の・・・の書き出しは彼の好きなノリのようで

前にも 美佐子のバードライフなんてのがありましたっけ

もし、手にとる機会がありましたら

中を覗いてみてくださいませ

最期に愚痴がそのまま載っていますが

ご容赦くださりませ


最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR