十年目の危機


 昨朝のワイドショーの冒頭のコメントで

今、アメリカでは昆虫を食べることが流行っていて

若者がロッカーでコオロギやミルワームを

飼育し食べているなんて話題がでていた

食べるようになった経緯には触れていなかったが

こむぎなどを食べさせて大きくし、ローストすると

ミルワームはピーナッツの味がするそうだ

 ルビーたちが虫を欲しがるので

ホームセンターで仕入れてきているが

アキクサインコに加えて

最近では一部の若いオカメインコの間でも

ミルワーム人気が上昇しつつあり

虫専用の餌入れに入れているその手元から盗んでいくので

ちょっと困っている今日このごろ

ピーナッツの味ならば

ピーナツ好きのオカメインコにも人気がでるのは

当たり前かもしれない

         jasmin.jpg
       ニオイバンマツリが咲いた
      狂い咲きだろうか
      条件が整えば年中さきそうだ
      ジャスミンティーに使われる花だが
      ほったらかしで毎年咲いてくれるので
      ゼラニューム同様私向きの花


 困っているといえば

母が寝込んでいた時に湯たんぽを使っていたことを

「蒼い部屋」で触れたと思うが、この湯たんぽ

プラスチック製で(塩化ビニールか?)なかなかの優れ物

 朝、熱湯を入れて

押し入れに畳んでしまった敷き布団の間に入れておくと

夜寝るころには布団全体がほんわりと暖かく

寝る前に多少冷えた体でもすぐに気持ちよく眠りにつけちゃう

 夜になってから や 夕方 で試してみたが

それでは寝るときにまだ湯たんぽが熱いので

朝食の用意の時、ついでに熱湯を入れておくぐらいでちょうどいい

夜通し体のそばに置いていても程よく温かく

だっこすると

ちゃぽちゃぽというささやき声も心地いい

 翌朝一番

まだ温かいお湯で顔と手を洗い

一日を気持ちよく始められる

           pineseed.jpg
            黒松の実もひらいた
           松ぼっくりが好きだから取らないで 
           なんて人のリクエストにお答えして
           なるがままに置いておいたもの
            松ぼっくりは成熟して開くまで
           まるまる1年半かかった
            勿論ワカケホンセイインコに
           プレゼントするつもりだったが

pineseed2.jpg
            残念
           殆ど夢精で結実していなかった
           見つけられたのは
           この2個だけ
           
そんな優れ物の湯たんぽだったが

その日がやってきた

年を取った湯たんぽがついに

おもらしをするようになったのだ

はじめはパッキングの劣化だろうと思っていたが

置いて上に体重をかけて押さえてみると

脇腹あたりから一気にお湯が噴き出し

本体が見事にぱっくり割れてしまっていることが判明

そういえば母に使っていたころから10年は過ぎている

たまに落とすこともあったし

劣化は避けられなかったのだろう

ということで

昨今また流行り始めた湯たんぽ

座り仕事の時にでも

膝に置いたり、お尻に敷いたり

やさしく温めてくれる手放せない存在だが

7,8年が取り換え時ということで

くれぐれもやけどに注意して

暖かい湯たんぽ生活をお楽しみくださいませ


 ?ベット?

まあ、湯たんぽの上に、毛布や掛け布団を畳んで

熱を逃がさないようにしておいたら

半分はあったかベットを経験できるかも

 きっと毎日敷いたり揚げたりのまめな日本人生活者への

御褒美なのよ











スポンサーサイト

弱いです

 寒くなってきましたね

でも陽が差すと春のようです

陽気にうっかり出てきてそのまま昇天なんて昆虫が

ずいぶんいるようです

ツバキの開花も早いようですし

レンギョウも狂い咲き

バンマツリまでつぼみをつけています

12月10日に初氷がはりました

コキンチョウは一生懸命自育していましたが

1ペアが残念な結果に…

もう1ペアの方は救済に回りました

 明暗を分けたのは巣材です

コキンチョウは自分で巣作りしません

巣材すら運ばないので、幾分は入れてやりますが

冬の寒さに耐えられるほどではなかったようです

雛が生き残ったペアの方は

ダイヤモンドフィンチが一生懸命作っていた巣で

それは沢山の羽が使われていたので

雛を出したときにも

巣の中は暖かでした

 巣と言えば

いつかブログに載せたヒヨドリの巣ですが

モクレンの落葉に合わせて、その存在が明白になってきました

nest1.jpg

 ごみの塊みたいですね

nest5.jpg

 これで雛が事故にあったりしないのですから

すごいです

nest4.jpg

 大きさは握りこぶしくらい

まるで放棄したのかと思うくらい

恐ろしくきれいな巣です

nest2.jpg

 ところで

この前の結婚式の話ですが

何故取り上げたのか肝心なことを忘れていました

披露宴の最期にエンドロールが披露されるのです

まるで映画の終りの様に・・・

 そこでグループや個人に充てての新郎新婦の

メッセージが映像とともに紹介されるのですが

映像には、当日の結婚式の様子を披露宴も交えて

すでに編集してあり

その早さに現代的ないろんな意味でのすごさと

せわしなさを感じました

 てなことを伝えたかったわけで

いただいたごちそうなどはオマケのハズでした


ukokkei.jpg

 すっかり冬の雲になってきました

でも、この雲で私は

あの可愛かったウコッケイを連想してしまいました

 春に品評会があるということなので

事情が許すならぜひ会いに行きたいと思っています

 入賞するといいねえ

windmill-2.jpg

南紀の帰りには

往きがけに見かけなかった発電用の風車が

山並に何台も並べられていました

   「和歌山県天然記念物日本鶏保存会」による品評会は

   2012年4月22日 日曜日 
   10:00頃から14:00頃に

   闘鶏神社(和歌山県田辺市湊)で行われます

   少雨決行ですって

   もしかしたらいいことがあるかも








華やかなる秋

 先週末、奈良は紅葉の見ごろでしたが

皆様方のところはいかがでしたか

fal3.jpg

 夕暮れの紅葉もなかなかわびしさ漂っていいものです


 そんな事とは全く無縁の華やかな席に

久方ぶりに同席させていただきました

dinn1.jpg

 隣のお嬢さんが携帯で撮ってたので真似してみました

まるで春が来たようなテーブルです

外は寒い雨の週末となりましたが

若者たちには、窓の外の季節も天気も関係ありません

              frnd.jpg

 新郎の男友達は、幼いころから

スポーツでつながった気の置けない奴らばかり

一番賑やかなテーブルでした


 久しぶりにこんなものもいただきました

最近ではコンビニでも見かけます

みなさんお好きなのねdinn3.jpg

                  bride3.jpg
まるで絵にかいたような花嫁でした

                            お幸せに


 同席した若者は

今からバスで東京へ、明日はコンサート

なんてイキイキしていました

 風冒、はやってるけどひいたりしないの

と聞くと「引いたと思ったら負け、気で勝つ」

てなことを言ってました

前の晩は夜勤だったそうで

いけいけ 若者 だわねえ

いいねえ、頼もしいわその気力


 なんていいながら

翌日このおばさんも

誘われるがままに和歌山です


 免許を取って初めて遠出したのが南紀白浜

当時は片道7時間かかった旅でした


 高速道路ができ、一つ手前の町田辺までとはいえ

家から4時間は覚悟していたのですが

堺から1時間半、わが家からでも2時間半と

拍子抜けするほど早く着き、時の流れを痛感した週末となりました

 梅の咲く季節、海の呼ぶ季節ならこんなわけにはいかないのでしょう

でも「ふらっとドライブ」圏内で

大好きな南紀の海に会えると思うとちょっとうきうきです

で、その用件と言えば

堺の石○氏のおともで、南紀の鳥飼い2人を訪問

お一人は日本鶏(天然記念物)保存会の会長

伊勢神宮に奉納される神鶏や

ウコッケイ・チャボ等品評会上位入賞クラスの

素敵な鳥達を見せていただきました

ukokkei3-b.jpg
ukokkei4-b.jpg
ukokkei5-b.jpg

 このウコッケイが可愛いのなんの

写真はメスですが、品評会前には

シャンプーリンスして本番に備えるとか何とか・・・ふふふ

ふわっふわで、ちょっとその辺では見られない代物でした

お土産にウコッケイとチャボの卵をいただきましたが

誘惑に駆られて仕方ないの

食べるべきか・・・温めるべきか・・・

や~~~

勿論、フライパンで温めるべきでしょ

      ねえ


        長くなるのでもうこの辺で・・・


 続きは、ABで読んでいただけるとありがたいです

いつ掲載されるかはわかりませんが・・・


最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR