この冬一番

 地方によってはこの冬一番の寒さだそうです

雪や凍結で怪我をされた方はおられませんか

くれぐれもお気を付け下さいませ

奈良は年末の寒波に比べればどんと来いの寒さでございます

バケツの水も薄氷程度、屋内に避難しているコキン達は

室温6度の朝日の中、水浴びであいさつしてくれました

気温より陽の光が元気の源のようです


 昨日も雲のない午前中鳥たちはすこぶるご機嫌で水浴び三昧でした

       BeC-p1.jpg

  彼らは1月15日前後に産まれた3羽のひなのいるペアです

 BeC-p2.jpg

一見仲良し夫婦のようでほほえましく見ていたのですが

残念ながらお父さんはお母さんに

邪魔だから出ていけと言ってるようです

             BeC-p3.jpg


                    なんて冷たい男


 オカメインコの色変異でシナモンの写真のとれる個体を探していました

シナモンと言いながらダイリュートの鳥が結構多いように感じます

家にもシナモンだけを変異している鳥がいなかったので

比べようがなかったのですが

年の初めに加トさんちでパイドではありますが

解りやすい個体を発見しました
      
    cinnamonandbronze.jpg

手前がブロンズファロー奥がシナモンのパイドです

ちなみにこれがダイリュートだと思いますがdil1.jpg

同じ色に見えます?

これではどうでしょう

明らかにグレイ系のメラニン色素が見えます

dil-sub2.jpg

残念ながら生粋のダイリュートではなく

シナモンも持っています

純粋なシナモンやダイルートと言うのは今やごくまれなのかもしれません

ちなみにホワイトフェイスなので

変異学の世界ではこのタイプ

すなわち ブルーのダイリュート のことをシルバーと言います

多くの方が好まれているドミナントシルバーは

オーストラリアのオカメインコの変異の本で

 ドミナントエッジ : Dominant Edged (Dominant Dilute)

とされていますので、日本でのシルバーと言ういい方は

欧米流ということになります

ちなみに欧米流では 

エッジダイリュート(スパングル) : Edged Dilute(Silver Spangle)

とドミナントシルバーが混乱していたこともあり

日本に入っている個体には

エメラルドも併せて

混濁しているものが非常に多いように思います

ブラックヘッドと称してどこかで売られている鳥は

頭の色さえ黒ければいいという感覚で

スパングルもドミナントシルバーもエメラルドも

これらの中でよくわからなくなってしまったものも

合わせての呼称のようです

 本来ヨーロッパで言われていたものは

全身が白く頭だけにグレイの残る種のことだったようです

ちょっと解りにくいですが

下の2枚は同じ個体です

メスなので顔全体の色が濃く兜をかぶってるみたいで

ちょっと変です

bh1.jpg
               bh2JPG.jpg

ドミナントシルバーのダブルファクターとは

風切りのメラニン色素などで区別できます

お近くにいるこの種類が

パイドでないことを祈ります

     つけたし:
       DE (ドミナントシルバー)のダブルファクターで
      この写真のように、またはそれ以上に頭の色の濃い個体
      をみたことがありますが、これは明らかにED(シルバースパングル)
      の血を持つ証拠だと思われます
       父親の写真は明らかにDEと言うよりEDでした
      日本ではどちらも ドミナントシルバー と思われているようです
       あなたは
      混乱をこのまま受け止める派、それともはっきりさせたい派?
      混乱のままにまたMIXが増えていくのねえ

       スパングルとオパーリンを掛けないで欲しいのねえ・・・
       しくしく

      








スポンサーサイト

暖かいです

 週末から暖かい日が続きました

            mist1.jpg

霧がでるのはこんな季節だったでしょうか

この季節には珍しいと思いますが、霧自体が珍しくなったようにも思います

mist2.jpg

見なれた風景もちょっとした別世界

イギリスの古人たちは

こんな風景の中にフェアリーの存在を信じたのでしょうね

日本では キタロウ さんの下駄の音が聞こえる

なんて感じでしょうか



 わが家のフェアリーたちが巣立ちました

c-c1.jpg

左が長男(オスだと思います)2番目はあの黄色い仔、女の子のようです。

クリアパイドオパーリンだと信じたいところ

昔でいえば、バターカップと言われた種でしょうか

その右がお母さん

昨年、メスの上に乗って完全に交尾のポーズを取って見せ

びっくりさせられた個体です

 親子仲良く昨日から雑居部屋入りしましたが

あまり戸惑いもなく、広いところに移されて嬉しそうでした

一番右はルチノーのオス (上の写真です)

風切り羽にシナモンっぽい色が見とれるでしょうか

クリアパイドとルチノーは全体色のニュアンスが異なります

ホワイトフェイスではルチノーとの差がもっと歴然

スノーホワイトと言われる意味がよくわかります

逃がさなければ、新しいサイトで紹介します

c-c2.jpg

左のお兄ちゃんは今朝、仲間に交じって下に降りて何か拾い食いしていました

一人餌になるのも早そうです



 冬の繁殖に疑問を持つ方もおられるでしょう

私も数年前まではそうでしたが

最近は春から秋にかけて雑菌や害虫の発生が

以前の状態とは全く異なってきたように思います

それは、自然の中で淘汰されてきた連中も

生き延びやすい環境になってきたということのように感じます

冬に繁殖することは、害虫や雑菌の繁殖が少なく

子育ての敵となるのは、寒さだけと言っても過言ではないかもしれません

c-c3.jpg

1月11日から17日にかけて産まれた雛たちです

針羽がでてきたので親たちはもう殆ど

温めるためだけに巣箱に入ることはありません

お父さんが非常に子育てに熱心で、のど元まで餌が詰まっています

このお父さんは2004年生まれで、「家では繁殖できなかった」

というところからの移籍個体です

いいお父さん過ぎて申し訳ないほどです

前の居場所にはお気に召す女性が見つからなかったのでしょうか

それともこの勢いについていける彼女がいなかったとか

小さな体にかかわらず

パワフルで活動的

巣立ちする間もなく次の繁殖に入ろうとするので

ここの雛たちは指し餌せざるを得ないのだろうなあ

               やだなあ



 晩秋に繁殖に失敗した連中でさえ

今は順調に子育てしています

c-p1.jpg

左の2羽は秋に失敗したペアです

繁殖は1ペアで年に1度を基本原則としていますが

オスが2003年生まれと年齢的限界に近いため2度目に入っています

なかなか繁殖に使えない鳥でした

雛は3羽ですが、5羽育てている右端のパワフルオスに比べて

疲れが見えています

このパイドの血が欲しいのですが

やっと使える体になったのはここ2年くらい、やる気は十分あるのですが

若いころに狭い籠飼いで作られなかった体力の

つけが年とって回るのは仕方がありません

        聞いてる? 若者!

 昨年シナモンパールパイドとの間に真っ赤な目の仔が

産まれたので、ファローの血かと思ってけいちゃん家の

ファローのメスを合わせてみたのですが

今まで孵った6羽に一羽も赤目は出ていません

SLルチノーの血もないようです

なにをスプリットしているのでしょうね

ダイリュートはあるようですが…

今後の楽しみです

c-m.jpg

いずれにしても

お父さんが子育て熱心なことは繁殖における重要ポイント

上の写真のように

お母さんが昼間にゆっくりくつろげる時間があるのは

家族関係が上手くいくための必須要素??

  世のお父様たち     聞いてる??




 今日からまた寒くなりそうですので、皆様、お体にお気をつけ下さい

春のサイト引越しに向けて更新がなかなかできなくなりそうですが

この機に一新したいと思いますので、よろしくご了承くださいませ


       本日は以上であります



はじめて知りました

 半世紀以上すでに生きているけれど

ごく当たり前に存在を知りながら、名前を知らなかったものがあります

 ランチャ-ム

そんな名前知ってた?

今朝のワイドショーで紹介されてたの

いつ頃からとか細かいことは忘れたけど

最新技術でいまや一時間に一万個が生産可能になったという。それは

お弁当用の…お寿司なんかにもついている

魚の形をしたあの醤油入れのこと

や~~~しらなかったわ~~~

おしゃれななまえだなあ

ランチチャームの略だそうで、なんで一字だけ略するんだよなんて

横あいを入れる奴もいるけれど

私はこの名前好きだわ

他に結婚式用に金色だとか

お葬式用に銀色だとか

鯉の黄金やプラチナみたいで楽しいねえ

ちなみに、出目金もあるらしいよ

尻尾は和金と同じ様だったけど・・・

そこがちょっと残念だったかな

 ところで

秋のオカメの繁殖結果は惨憺たるものだった

毎晩の猫の侵入で5ペアの雛が全滅

毎年の様にこうなんだわ

そのために犬を飼っているのだけど

犬自体が問題になりだし、つなぎっぱなしなので

犬の届かない小屋の場合

屋根の上を走りまわったりして、中の住人は夜中にパニック

産まれたばかりの雛は親が飛び出しては寒さにひとたまりもなく

ずっと親を呼んで帰りを待っていたかと思うと

かわいそうで涙がでるわ

 かつて知人に猫を飼ってる人がいて

放し飼いがめいわくに思っている人間もいることを解ってもらいたく

そんな話をしたら


 そういえば家の猫も隣の家の鳥籠を襲ってる事があったわ

なんて平然と返してきて

可愛そうな雛達を思うと、人間性さえ疑わしくなったことがあった

pokehina1.jpg

 写真は12月中旬に生まれた雛たち

親はすでに夜も巣箱に入らず、子供たちだけで夜を越す

ここまで大きくなれば

たとえ雛が1羽でも親は温めようとしない場合が多い

屋外庭箱飼いで、夜には暗幕で風除けはするが・・・

 丈夫な子供を作るには丈夫な親を育てることだと思う

pokehina2.jpg

 この雛たちはクリアパイド

前からクリアパイドにもオパーリンの遺伝子が乗るのだろうかと

疑問を持っていたが

この色の違いはそれを証明するものだろうか

こんな色の濃いクリアパイドははじめてで

父親もそんなに黄色くはない



オパーリンが乗っているとしたら当然メスだろう

pokehina3.jpg

いいパイドのメスを探していたのでありがたいことだし

成長も楽しみになってきた

ホワイトフェイスでなくてよかった

ところで

話を戻すと

ランチャームが出来る前の醤油入れを

私は知っている

物持ちのいい母は、私が中学になるころにもまだ持っていたように思う

それは陶製の小さなボトル型をした容器で

小さなものにもかかわらず、青い彩色・・・

竹の様なものが描かれていて、コルクの栓がついていた





 昨夏からコキン指令を受けている

 昨年のその結果をまとめてみたので

 よろしければ

 明日の午後以降にHPの方を覗いてみてくださいな


コキン体験

          

どうするのよ

 新年早々お仕事に出られた方もおられることでしょう

もう少しお休みがほしいと思われたあなたは

幸せ者です

今年、きっといいことがありますよ


 寒さが本格的になってきました

この冬は色々な花が狂い咲きしていますが

椿も例外ではなく

一番日当たりのいいところにある一本が

例年になく多くの花をつけたのですが

寒さの中で咲き始めてしまいました

cam1.jpg

3月になってようやく開き始める株なのですが

次々に開いていきます

結果的に寒さにあたって焼けてしまうのですが

       cam2.jpg
                   こんな風に

         ざんねんながら次々に開いてゆきます

 よそでも5割方咲いている大きな椿の木をみました

春の花はやっぱり春に楽しみたいものです

 例年どうりに開いたのはニッポンスイセン

nar.jpg

なかなかすがすがしいものです

ちなみに昨年は早く11月20日ころでした。これは我が庭としては記録です

どうすんの・・・ってほど解らんヤツもここに

       dn-sp.jpg

なんだと思います?

夏の姿からは想像できないですが、これでもヒマワリです

手のひらほどのサイズしかありません

マキの木の下でかろうじて生きながらえていますが

咲くかどうか解らない状況になってきました

 例年通りなのが

喘ぐように咲いている椿の真上で

華々しく花火でもあげているようです

    cam3.jpg

サザンカ

これだけ咲いているのにメジロの姿をみません

隣の竹藪がなくなったせいでしょうね

カラスは例年通り巣に帰ってきています

12月に巣の近くでみょ~~な声を聞きました

交尾が行われていたようです

カラスの交尾声を初めて聞きました

このカラスは松の木をねぐらとしているので

1月になると繁殖に入ります

落葉樹を選んでいる個体は目隠しが出来るまでお預けのようです


    遅くなりましたが知人が鳥のオークションサイトを開きました

   飼鳥の会にいたころに私が誘って入会してくれた方なのに

   私の方がやめちゃって

   何時帰ってくんのと今でも声をかけてくれます

   申しわけない思いでいっぱいです

   よかったら覗いてみてあげてください

     様子を見て、常設的リンクにするかどうか決めたいと思います

   鳥ネット http://tori-auction.com/


              がんばれっ






あっぶねえ~~

お久しぶりです

や~~ 新年早々 出遅れてしまいました

新年数分前にPCに事故が発生

もうだめかと思い

とりあえずHPだけを更新し新年を迎えたわけですが

すっかり意気消沈して本日開局してみたところ

単なる自分の勘違いと判って

気を取り直しての更新となりました



 さて

これはなんでしょう

       pine-a-1.jpg

こっちならわかるかもしれません

pine-b-1.jpg

      そう

     あの松ぼっくりのなれの果てです

   pine-e-5.jpg
 
      真剣な顔で食べていますが

pre-1.jpg

彼女にはあっさり渡してしまいました

発情期を迎えてのプレゼント作戦です

 尾の先っぽの3センチほどが曲がっています

発情期に入って、同居の同類との間に縄張り意識が働き

尾の先を引っ張って牽制しあいます

まるで人間の子供がちょっかい出しあってるみたいで

面白いものです

jasmin-a.jpg

2週間前のニオイバンマツリの花です

この花は咲き始めは色が濃く、日がたつにつれて色が薄くなります

jusmin-ful.jpg

これは初夏の様子です

暖かい季節なら一週間ともたない花ですが

寒いので2週間以上咲き続けています

昨シーズンはよく咲きました

ニオイバンマツリという名前にはなじみのない方も

マツリカと言えば解るでしょうか 

それともジャスミンかな

まつり花茶(ジャスミンティー)になるのはこの花です

なかなか育てやすくよく咲いてくれます

・・・私向きです     

 話は変わりますが

とろけるチーズのお好きな方はいらっしゃいますか

ホットケーキに使うとおいしいのですが

HK1.jpg
こんな風にただのせて
           HK2.jpg
焼くだけ!

とても簡単なレシピでこれまた私向き

意外に知られていないのでちょっとご紹介まで・・・

ちなみに私のお気に入りは

SHOWAの昔からあるホットケーキ粉です


 遅ればせながら

今年が皆様にとってよいよいよい 

  あこりゃ

 よいよい年になりまっすよお~~~に 

                       jasmin-b.jpg


                         ちゃんちゃん!!

                        今年もよろしくねえ~~~





     
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR