やられました


 一昨日コキンチョウに餌を与えていると


    きゃ~~やられたあ~~


ひながつまみ出されていました


 私が初めてコキンチョウをいただいたのは

もう4年くらい前になります

一番近しい鳥ともの T-2氏 が

  「飼ってみなっ」と言って1ペア下さったのです

半年たって卵を産みしっかり抱いてはいたものの

いざ雛が孵るや、巣の外に放り出してしまい

子育てをしませんでした

 以来、コキンチョウは飼わないことにしていたのですが

石○氏の「再度挑戦せよ」との指令の元

昨年より取りかかりはじめ、今に至っています

あの時の可愛そうな雛の姿をまるで再現するかのように

2週間余りしっかり抱卵したのちに産まれた可愛い雛っぴを

事もあろうにお母さんが巣の外に放り出したのです

 親が飛び出す際に、間違いが起こり

一緒に巣の外に出された可能性もあるので

一応巣の中に返してみたところ

その日はそれですんだのですが

翌日、同じように雛は外に出されていて

何かの気配を感じる度に口を開け給餌を求めています

一瞬どうしようかと戸惑ったのですが

例のキンカチョウがコキンの雛を育てながら産んだ

相変わらずの無精卵を抱いていたので

雛になってしまったらもう面倒は見ないかもしれない

と思いながらも、同腹の卵と一緒に

キンカの無精卵とすり替えてみたところ

 「でしょう。もう生まれるころだと思っていたのよ」

なんて自慢げに、まったく躊躇することなく

世話を始めてくれました

 自分の雛を育てさせてやれたらいいのになんて

複雑な思いを持ちながらも

ありがたく面倒を見てもらうことにしました

     kinkanahaha.jpg

 主はキンカ御殿の夫婦

巣がすっきりしているのは、オカメの若い衆達が

上に乗って ああでもないこうでもないと

巣草にしている枯れ草をひっぱりまわした揚句

落としてしまったからです

 中は羽であたたかそうです

kinkagotennaka.jpg

コキンチョウやジュウシマツに育てられるより

こちらの方が贅沢かも

彼らは羽布団なんか使いませんよね

kinkagotenhinatati.jpg

 昨日中を覗くと2羽目が孵っていましたが

まるでルチノーの様な赤い目でした

その日は以後キンカママが巣を開けたところに

行き合わせなかったのですが

 今朝カメラを持っていくと

すでに プラム色 日本でいう

ブドウ色の目に変わっていました

 これが変異の本でいうところの

「孵化後数日でプラム色に変わる赤い目で生まれるダイリュート」

なのかと納得

肌の色もルチノーやアルビノのように白っぽかったのに

今日はもう他の雛より少し薄いくらいの肌色に変わっていました

 通常、コキンチョウの巣はつぼ巣で入り口が小さく

奥行きもあるので、卵や産まれたばかりの雛の様子

等観察できるものではないのですが

kinkagotenhina.jpg

これいいわあ

手前の縞模様の羽の下にノーマルらしき雛がいるのですが

これで、2チビの色の違いが確認出来るでしょうか

無事に育って、さらに逃がさなければ

年が明けてから、色の違いが解るようになるかと思います

 kokinikuji201210.jpg

こちらは、お母さんが夜になっても巣に帰らない組の

父親が上から餌をやる の図

もう何日も前から親は中に入れないほど

6羽の雛は大きくなっています


 ところで

 昨年の今頃確認したワイルドフランクフルトは

サイズこそ去年ほどではないものの

豊作のようです

2012-10akebi.jpg

 下に偶然カルガモが来ていたので

akebitokarugamo.jpg

こちらもシャッターをきっておきました

   karusama201210.jpg

 庭では相変わらず変わったものが花開きます 

 kanzourutino.jpg

ヤブカンゾウはふつうオレンジで

他の株はみなそうなのですが

こんなうすい色の花がはじめて咲きました

対比できるような花の写真がいまありませんが

いつか載せますので、この花、覚えておいてください

   ・・・なんてね・・・
     
 こちらももう終わりです

   kiironigauri.jpg

ニガウリのはじけたところ

少し種が落ちてしまいましたが

可愛く撮れたつもりです

カボチャとともに刈り取りました

庭はすっきりしましたが、翌日は年相応に筋肉痛です


 急に涼しくなってきたので

今年はきっと紅葉が美しいでしょうね








スポンサーサイト

ここまでいけばヤラセと言われても・・・

 風邪などひいておられませんか

? 更新が早い? これ載せなきゃのネタがあり

でもヤラセと言われそうで迷ったけれど

やっぱ面白いから載せるわ

 ふつう鳥小屋の掃除はごみの飛散が少しでも

抑えられるように、雨の日にすることにしているのだけど

さすがに台風の日は、その通過の準備に時間をとられるので

出来ずに今日の午前中になりました

 最初にヨウムとワカケの雑居部からかかるのだけど

一歩足を踏み入れた途端

   これ、なによ

kuwagata.jpg

         
いまだかつてない冗談だわ

 小屋には2重の網をかけているのだけれど

先住の誰かさんが壊しまくってくれ

あちこちに隙間が出来ているので

涼しくなったら補修しようと思っていたのだけれど

何度か大きなムカデの侵入を許していて

これはちょっとまずいかな、と思っていたところに

オチはこれかいとばかりのクワガタムシ

ひだり側の脚が全部いたんでいるのと

腹の後部が開きっぱなしなのは

どうやらかじったやつがいるってことらしい

     IR-201210.jpg

 犯人は誰だ

怪しい3羽組は知らん顔して雑草三昧だが

 ところで、彼は鳥小屋の床でなにをしているかと思いきや

どおやら冷凍コーンのこぼれたおつゆをしゃぶっている様子

昆虫用のゼリーを買ってやろうかと衝動的に思いついたが

庭に雑草と一緒に捨ててしまいました

 今年2匹目のクワガタ

ムカデの異常発生的雰囲気もあり

どうやら竹藪の切り開きにより居所をなくした虫たちが

住宅地に入り込んできているようです


 ここに越してきたころには

冬になると風呂場で冬眠しているらしい

クワガタのメスがよく見つかっていたけれど

最近はすっかりそれもなくなっていた

どんどん虫たちまでいなくなる

寂しいなあ

gf2012-10-02.jpg

 ところで、このコキンのお母さんは多産で

いつも5個も6個も卵をうみ抱くけれど

雛が全部孵って数日すると夜も抱かなくなる

悩みの種

そこで早めに繁殖に入らせたところ

相変わらず夜はほったらかし

雛はまだ裸だけれど

この暖かさだと、雛たちだけで夜を過ごしていけるようで

みんなすくすく育っています

 やっぱ、去年の体験通り

10度を割るまで、雛数がい多い場合は

子供たちだけの体温で夜も無事に過ごしているみたい

過保護は無用で、丈夫な子が育つんダろうなあきっと


 アキクサインコは

朝も10時ころになるともう昼寝

 BOURK-hirune.jpg


 庭の片隅に残る母の植えた彼岸花は

台風で倒れてしましました

higanbana2012.jpg

 大和に

空と夕焼けのきれいな秋がやってきました

sunrise20121002.jpg




   




 
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR