新年のごあいさつでございます

  nycard-2013.jpg

 昨年は海老フライならぬ龍フライとなってしまい

私の年賀状始まって以来の失態でした

 今年はイメージ通り

寒い冬に蛇そのものではあまりに寒々としてわびしさ漂う気がしたので

蛇足 ならぬ 蛇毛

変温動物の蛇様に、真冬にお出まし願うのは

あまりに気の毒

毛皮をまとっていただきました

一体この世の誰が

蛇に毛が生えたところを想像できるのでしょうか

でも、私のサイトを覗いて下さる方たちには

頭を柔らかくして新年を迎えていただけるようにとの

希望を現したもので・・・やあ

めんどくさい能書きはいいから

とにかく、今年もよろしくでございます

そして、皆様に黄金のような幸が訪れますことを重ねて願い

 とりの加藤 さんから借りてきたこんな写真で

いい年になりますことを

心からお祈り申し上げるのでございます。うん


    kisho-dilute.jpg
           キンショウジョウインコ:
                イエロー だそうでございます 

        みなさまに 幸あれ~~~





スポンサーサイト

再会

 ノロられてる方はおられませんか

私も今期は知らぬ間に掛っていたようで

てっきり親子どんぶりの食あたりだと思っていたのですが

どうやら知らぬ間に流行に乗ってしまったようでした

 今月初めのことなので

私にはもうすっかりの思い出話です

 年末の大変な時期

体力の低下とあわただしさに

うっかりたたられないようにお気を付け下さい


 ところで

ここ2年ほど、体調的にも精神的にも

かなり落ち込んでいたのですが

度重なるフィンチ指令をたまわったおかげか

そのさえずりのすがすがしさに癒され

心身ともにだいぶ安定してきました

そこで久しぶりにじわじわと台所の大掃除に取り掛かっていましたところ

あちこちから小さな蓋や本体が顔を出し…

以前はこんなことはなかったのですが

いい加減な後片付けに

ふたものの上下を離れ離れの悲しい運命に陥れてしまっていたのです

それが何と

いくつものカップルが次々とクリスマスの再会を果たし

心から喜んでいるように


         ……わたしには見えたんだよっ!!

 50年になろうという

ボロボロくたくたの家で、大した成果も上がりませんが

愛着と大事にしたい気持ちだけは失せません



 なかなか寒い冬です

指し餌のひながまるで水浴びでもしたように濡れているので

どうしたのかと思いきや

朝の室温があまりに低いので

プラケースの中が無加温ながらも結露し

その水滴で濡れたということらしいのです

   keturo.jpg

 コキンチョウも陽差しのある時は水浴びし

見てるこちらがハラハラです



 最近になってまた高槻に行く用があったので

愛鳥センターに寄ってみたところ

実物を見るのは小学校以来というこんな子に会えました

   takatukimike.jpg

ミケジュウシマツです

それもかなりはっきりと3色がきれいに乗っています

 オーナーは今のところ置いておくつもりのようなので

見てみたい方は、オーナーの気が変わらないうちに

覗いてみてくださいな



 正月の間に

いくつかホームページを更新するつもりです

ときどき訪問してくださっていた方に

無精をこころからお詫びして

さらにもう少しお待ちくださいませ


pinkcloud2.jpg


 一度載せたいと思っていた

ピンクの雲と青い空と白い月の写真です

月をはっきりさせるのにシャッタースピードを上げましたので

空が暗くなってしましましたが

夏の三日月のときは空がもっと青くて

とてもロマンチックでした

この季節のこんな時間には

ブライアン・フラウドやアラン・リーのイラストに出てくる

妖精たちが、庭先にふと姿を見せそうです

そういえば夕方になれば3頭の犬たちが

大騒ぎする時があります

まあ、単に猫様が庭先を散歩しているだけのようですが


 皆様に、よい新年の訪れとなることを祈りつつ

さて今日もぼちぼち掃除に取り掛かりますか


       20121226.jpg

    まるでノーマルですが
   右が雄、左が雌のシルバースパングル・ダイリュート
   雛のときには特に、ショップで理解してもらえない品種です
   パラパロさんにはい~~~っぱいいました
    お迎えご希望の方は keewi@live.jp までメールをくださいな



うろうろ

 お寒うございます

     お体壊されてはおられませんか

    早く回復されることをお祈り申し上げます

 さて、庭や鳥たちの冬支度もなんとかけりをつけまして

このところあちこちと出歩いておりました


 月始めに鳥友達がパロパラさんに注文の美声インコを取りに行く

と言うので、厚かましくも便乗し、岡山まで行ってきました

今回私の気を魅いたのは彼です

     parparkurooumu1.jpg

クロオウムは色が色だけに怖い印象があったのですが

かなりサービス精神旺盛で、声をかけるたびに下に降りてきて

水を飲んで見せます

降りてきてくれるだけでいいのですが

おなかがだぶついたのではないかと思うほどに

飲むしぐさを見せていました

   (しぐさだけかもしれません)

この表情見てください
     parparkurooumu2.jpg

 まだ幼いのでしょうか、こういう鳥なのでしょうか

とんでもなく可愛い仔ちゃんでした

 いい縁に恵まれて、いつまでもこの表情を

忘れないでいられるといいなあ


 私がパロパラさん…皆さんの言われるPPさん

ことパロットパラダイスを訪れるのは3度目です

もちろん一番のお目当ては

ワカケホンセイの色変わりを見せていただくこと

今回も「オパーリンだよ」とつぼを突かれてしまいました

オーナーの許可を得ていないので

また後々に本篇のオパーリンのところに

ワカケの品種として張らせていただこうと思っています

 インコとオウムの取り扱いを主にされているので

最初にお伺いした時(このころの私はキンカチョウを集めていた)

広々としたスペースに放たれているキンカチョウを見て

喉から手が出るほど連れて帰りたいと思ったのですが

あまりにも失礼な気がして、口にもせずに帰ってきました

今回そこにウスユキバトが同居しているのを見て

つい 分けてください と言ってしまいました

やーあれだけたくさんの素晴らしいインコとオウムのコレクションの中から

わざわざウスユキを指名するのですから

失礼というか大胆というか・・・

まあ、私には出せるものがないとご存知なので

オーナーにはかえって気を使っていただいちゃいました

 ワカケを卒業してちいさな鳥を飼う方向にあるという

私のオールバードの投稿記事を頭に入れておられて

コセイインコを薦めていただきましたが

本人はもっと小さいところへ向かっています


 ということで、やっぱり喉から手が出るほどほしい

オーナーお勧めのアジアンパラキートの本を差し置いて

コキンチョウの本をいただいて帰りました

 分相応で私らしいなあ

 そうそう、ボタンインコのサフューズドブルーが

とても イケテル 美しさでした

やー今回も見どころ満載

アキクサのスパングルもなかなかのものでしたが

あいにく背中を見せてくれなかったので

写真を断念しました

ご自身のブログに貼ってくださるようねだってみましょう


 その翌日には庶民の味方

高槻愛鳥センター

手乗り鳩が流行っているのか

店の前では、おデブなゴマちゃんがうろうろしていました

    takatukihato.jpg

あはは、神社の鳩みたいですねえ、懐かしいです。

中学のころにはうちにもこんなやつがいましたっけ

うちの子はけしてデブでありませんでしたが

刻んだ青菜に塩をふりかけてやったり、ぐびぐびと水を飲む姿

大胆な水浴び姿を今でもよく思い出します

 中学のころには、鳩もアヒルも飼っていたのでございます

みんなかわいい連中でした

今になって小さな小さな鳥たちに

魅力を感じるようになってきましたが

その3日後訪れた堺の石○氏からは

新たなるフィンチ指令が下り

この寒い季節に戦々恐々の日々を迎えております

7日には氷が張りました

奈良では今期2度目ということですが

私が確認したのはこの時が初めてでした

 きのうは愛知に鳥の餌を仕入れに行きました

まだだいぶあったのですが、ついでの用があったので

またしても、岡山へ買い物に行ったときの友達に

便乗させてもらい、おいしい道行…しかも

    yatominoniji.jpg

 ラッキー 今年2度目の 虹

全体が見渡せちゃう絶好のロケ地

寒かったけど ルンルン

来年はいいことがあるのかなあ

皆様にも 幸あらんことを願っちゃった一瞬でした


  201212hina

    カメちんのひなが巣立ちしました
   まだ指し餌中ですが、昼間は外の鳥小屋で
   社会生活をはじめました
    もちろん室内飼いなら保温はいりません
    パイドとホワイトフェイスクリアパイドのきょうだいです
   お迎えご希望の方は下記までご連絡ください
         keewi@live.jp

    ウスユキバトの変種サイトでちょっと感動しましたので
    興味のある方は こちら
       
        ウスユキバトの変種

 そうそう、ヨウムの赤い色は度たび話題になるけれど
 尾の白いヨウムもいるのです
 これぞヨウムの ブルー変異
 すきっとして、なかなか綺麗
       
      ホワイトテイル アフリカングレイ

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR