びっくりしました


 数日前に隣の庭先でガサガサと草の中を走る黒い影があったので

でっかいアオダイショウかと思ってびっくりしましたが

こいつでした
       201406akamimi.jpg

アカミミガメです

たぶん産卵に池から上がってきたのでしょうが

毎年確実に増えていってるようで、脅威です

 びっくりしたといえば

先月でしたか

新しいフライパンを買いました

ここ20年来使い続けている北京パンと

焦げ付き防止処理の施された物を併用しているのですが

後者は一定期間使うと処理効果がなくなってくるので

買い替える必要があるのです

私的にいいサイズがなく妥協して買ってしまったのですが

使用注意を読んでびっくりです

中火以下で使うこと  空焚きしてはいけない

強火と空焚きはフライパン料理の常識じゃあないのかい

まあ 進歩というものなのでしょう

今日は一年ぶりに会長直々にお電話を頂き

お誘いを受けましたので

おそらく関東まで出かけていくのも最後かもしれません

8月に埼玉スーパーアリーナで開かれる 

バードアンドスモールアニマルフェアに参加してこようかと思います

まあお近くの方で覗かれる方は

オカメインコを何羽か持っていこうと思いますので(雄ばかりですが)

よければ声をかけてくださいね

楽しい鳥バナに華を咲かせましょう


 さて

今月の変異の本については

先月に続き、確立していく為のノウハウ的なことが書かれた部分にあたりました

ちゃんと翻訳できているのか、理解できているのかは

甚だ疑問ですが

とにかく 異血交配していくことの重要性が示されているようです

                      texcgm3.jpg

 第一段階では

変異のオリジナルを産んだ番は
最初の数年に‘新しい色’の子供を生む可能性があるので
出来るだけ多くの雛をとり、場所が許すなら
どんな子供も掛け合わせの為に確保しておく

子供たちの初めての繁殖には常に血縁関係の全くない
多産で質の高い、なにもスプリットしていないノーマルの鳥を使う

‘新しい色’に伴性突然変異の可能がある場合
雄の兄弟をノーマルのメスに合わせれば継承フォーム証明の手助けとなる

オリジナルの‘新しい色’の鳥の仔が雌だったなら
その鳥の最初の掛け合わせから現れた‘新しい色’の若鳥は
優性遺伝(または共優性)変異である

‘新しい色’のオリジナルが雄であり
息子が‘新しい色’で産まれた場合、優性(または共優性)変異であることを指し
娘ならば優性か伴性遺伝であることを指します

この組み合わせから劣性であるというには
‘新しい色’が伴性でないことをかなり確信出来る雄と
20羽位のノーマルのメスとの繁殖を必要とします

劣性遺伝の決定についてはさらに先の世代で証明されます

 理論的に伴性の変異は、最初は雄には現れず
母鳥が‘新しい色’でなければ息子の変異は伴性ではない
もし彼が発症不明ならすでに 2世かも知れず
オリジナルのブリーダーがそれに気づいていない可能性がある
この状況では他の変異による‘新しい色’作りへの関与を考える必要があり
それは突然変異確立のために
常にノーマルの鳥との繁殖が望ましい理由のひとつでもありる

 第二段階では

最初の交配の結果が優性 (または共優性)変異を示す場合
可能な限り多くの異なる無関係な血統のノーマルと掛け合わせる
優性変異は継続的に各世代において異型交配できるので
2、3 の異型交配の後、他の変異との組み合わせることや
ダブルファクター作りを考えることも出来ます

 もし最初の組み合わせの結果で
‘新しい色’ が劣性または伴性劣性遺伝の様であるなら
オリジナルの‘新しい色’の鳥における2 度目の交配では
最初に使ったノーマルとは関係のない良い血統の新しい鳥と
ペアリングすることを勧めます
この組み合わせがうまくいけば、最初の交配の若者に関連する
四分の一のスプリットをより多く作ることが出来
最初の若者が十分に成熟したら、利用できるようになることで
血統的に繋がりのより少ない組み合わせの交配が可能になります

 第三段階として

両親ではなく片親と共有するスプリットに関するラインを得る

できるだけ多くの組合せを‘新しい色’の若鳥を生じる見込み拡大のため
これらの鳥の間で作らなければなりません
二つのスプリットがペアになれば
4羽のひなの内一羽は色を表すことが期待できます

 この世代では突然変異が劣性かどうか証明しなければなりません
その結果に引き続いて起こるモードで
伴性遺伝の可能性があるのかどうかも証明しなければなりません

 近親交配の無分別な継承を除外するブリーダーは
この段階で全てにおいて任意の相続を証明できなでしょう
‘新しい色’の鳥に関係する組み合わせにおいては常に
スプリットなのかどうか確かなことは言えません
第三段階の終わりまでに、この結果を検討します

もし多産ならば他の変異との組み合わせの交配や
新しい色とスプリットの掛け合わせを試すこともできます
しかし、出産力が弱く生れる数が少ないのなら
次の世代の為に、オリジナルに第三のノーマルを掛け合わせることや
ノーマルに第三段階の新しい色の子供のどれかを異型交配するようにアドバイスします

 たくさんのスプリットを持てば
劣性遺伝の変異を失うことはありません

優性遺伝ならば繁殖における要点はありません

Summary 要約

突然変異の確立は

簡単なプロセスではありません

あなたは、それが数遺伝子であることも理解しなければなりません

より多くのペアを持つほど、成功への道は開けるのです

多くの人は1、2組のを飼うスペースしかいないときに突然変異を確立しようとします

これは、決してうまくいきません

籠数が少ないなら、増やしてください

あるいはスペースと、成功を経験する有望な誰かに、鳥を託してください

新しい変異の確立はその多くが失敗に終わり、鳥類飼育において失われてきました


なにを言おうとしているのか

特に繁殖にかかわっていない人には解らないところもあると思いますが

確立にかかわらず

変異の継承はこうあるべきではないかと

つくづく思う今日この頃であります

特に最後の要約のところはいい言葉だと思います


さて こいつらはこんなに大きく

ほとんど一人餌になりました
             3wa.jpg
      フォーンとグレイとは来週末にお別れです

いい手乗りに上がってきたところでしたが

結局繁殖家に引き取られることになりちょっと残念な気はしますが

ワカケは手乗りで育てられたほうが

いい親鳥になるようです

   2014fandg.jpg

最後の写真になりそうなので

グレイとフォーン(左)の色の違いを撮ってみました

ホワイトバランスを曇りに合わせたら

フォーンらしい色が出たように思います

こちらは居残り組 一羽はオスでした

              2014blue-ring.jpg
                  鑑定結果雄確定

 こちらは不明ですが とんなれ(とんでもなくなれている)  です

雄はライムとシナモンをスプリットしています

   2014blue.jpg
          一羽 ¥15000.-

 最近よく堺の Dr.丸氏のところへ行きます

帰りに高速下を走っていたら、信号待ちで可愛仔たちに会いました
hiwa2.jpg
  一羽はカメラのレンズに気づいて逃げて行きましたが

後の二羽は臆することなくむさぼっていました。多分アザミの種でしょう

         hiwa.jpg

       カワラヒワ です







    








スポンサーサイト

うふふ

 今年は上手く出来ました
           gar.jpg

前に20個ほど種球根を使って作ってみたことがあるのですが

見事に姿を消してしまい、掘ってみると なあ~~ンにもありませんでした

専門の方に聞けば相当ないやしんぼさんなのだと言うことだったので

今回は気まぐれにでも

思い出すたび肥料をやっていましたところ

 なな なんと

ちゃあんと結球してニンニクらしい姿を見せてくれました

で 花はネギの様なポンポン状になるのか、にら風なのか楽しみにしていたところ

つぼみの様なふくろが中心に伸びてきましたので

今か今かと開花を心待ちにしていましたが

ついに開くこともなく とりいれの時期が来てしまいました

そこで、このつぼみの様な袋を開いてみたところ

中に可愛いニンニ仔が現れましたとさ

めでたし めでたし

写真右上の緑の塊がそれです。これこそニンニクの種

花も開かないのに と堅い頭には不思議です

実は昨年秋に使い損なって野菜室で緑色の芽が出てきたものを

貧乏心から植え込んでみたものなので

なんだか得した気分なのです

鳥の廃棄物と油粕、骨粉、有機石灰、木酢液で

作った土なので、これほど信用のおける有機栽培作物はありません

採り入れ後倉庫につるしておくと

辺り一面に強烈なニンニク臭がただよっていました

ご近所様ごめんなさい


wp2.jpg

         wp3.jpg

3羽は水浴びが大好きなようで、グレイだけが戸惑うように参加していました

はしゃぎすぎて

    noti.jpg
あとはぐったり

 そんな暑い午後

オカメの大人たちは日陰を選び、翼を開き気味で昼寝をしています

     hirne1.jpg

巣立ち雛は日光浴を兼ねてのお昼寝

しっかりした体を作っていきます

     hirne2.jpg

      カワイイ

なんとかならないのかなぁ

 テレビ番組で体にいいという食べ物が紹介されるたびに

店頭から商品が姿を消してしまうけれど

今回こそは怒るわよ

追加生産すれば事が済むものならとにかく

クルミなんてそう簡単に増産できるものではないにもかかわらず

簡単に電波に乗せてしまうものだから

まったく店頭に見られなくなり

クルミクッキーやクルミケーキといった

ささやかな我々の幸せのひとときを

完全にとりあげてしまうまでに

日ごろの不精進をカバーできるはずもない一時の気休めで

買いあさっているのは誰ですか

…と 家の鳥たちが怒っています

や ほんとにねえ ワカケの一人餌切り替え中に

欠かすことのできない食材なのに

困るわあ~~~

日ごろからバランスよく食べて

健康管理してくださいね


 この辺りは今年雨が少なく

カナリアシードの出来が上々

kanasi2.jpg

クルミを食べられないかわいそうなワカケに反して

フィンチたちは

ohtsu2.jpg

おいしい思いをしています

          ohtsu1-2.jpg

お 画像を間違えた オーツをほおばるの図 を貼ってしまいました

正解はこちらです

   kanasi1.jpg

もちろん カナリアシードはワカケも好み

   waka-kanasee1-2.jpg

一生懸命ほおばります

 2度目の繁殖に入ったお年寄りワカケですが

イケイケのお母様に対して

さすがに16歳のお父様ははっきり結果に現れ

有精卵は一個

元気に孵って巣箱で餌をもらってますが

年寄りには1羽くらいが程よい雛数かもしれません

雛の為に、こちらも一生賢明カナシーをほおばっていました

               waka-kanasee2-2.jpg

ヒマワリも豊作です
       
 wakadan2.jpg

あまりあげたくないピーナッツですが

                hinapii.jpg

クルミがないとあらば仕方がありません

初めのころは跡形もなく粉砕して中身にありついていましたが

最近は無駄がなくなってきました


 今回、ワカケの雛に色んな色が生まれるにあたり

自分が思いこみで品種を理解していることが多くあることに気がつきました

ペットショップでスカイブルーと紹介された父親は

ブルーが薄くなっていたので単純にパーブルーと思いこんできたのですが

彼こそがワカケホンセイインコにおけるブルー・シナモンであり(下写真右)

oyakodesu2.jpg

今回悩みの為となった薄いグレーの仔(写真左)はやはり

変異の本でいうところのブルー・グレイ・シナモン

いわゆる フォーン なのでした

つまり、メスなのでしょうね

今のところまだそれらしい性格は見られません

今回はどの仔も非常になついていて

小屋に入ると一斉に飛びついてきます

これからが噛み癖がついてしまうかどうかの分かれ目

注意深く観察していきたいと思います

           wakadan1.jpg

                        うん  カワイイよ










                   
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR