だって おいしんだもン


厄年 の考え方には色々あるようですが

市内の神社ではこんなふうになっています

yaku2.jpg

つまり還暦の今年は 厄年らしいので

先日お参りに行ってきました

そういうことに左右される方ではないのですが

生前母が熱心だったことと

山際にあるこの神社が好きという理由で

厄 をきっかけに新緑の空気に浸りに行てきました

この表を見ると前厄後厄があるのは42の本厄のときだけなのですね

それにしても、大なり小なりまだ2、3回めぐってきそうです

40を過ぎると何年かおきに体の不調を感じたり

急に体力に不安を感じるということがあります

厄 といわれる年にでも自分なりの健康管理などを

考え直すにはいいきっかけかもしれません

厄話の験を直す意味で

鳥カフェのアイスオカメでも目で味わって

おイシ、明るい気分になってくださいな

          torik-aisu.jpg


この4月は雨が多く寒い日も続いたので

小松菜の花に虫が集まらず、なかなか結実しませんでした

少しでも葉の柔らかい、花の咲いているうちにと鳥たちに与えてみたところ

結構評判がよく

ひところ野鳥が桜の花が咲く前に食べてしまうと話題になったのに似て

花の付け根からかじり取っていました

ほんのり甘いのかもしれません

                komatuna1.jpg

komatuna2.jpg

        komatuna3.jpg

最終的には、こんな風になるまで食べてくれるので

小松菜も育て甲斐があります

tabetyatta.jpg

鳥にとっておいしいの一番人気は

うちではオーツのようです

インコと雑居のフィンチたちはインコの捨てたオーツの外側を

いつまでもしゃぶっていますが

中にはこんな技を使うものもいます

        tabetai1.jpg

沈んだのか沈めたのかジュウシマツが

水の底のオーツを、顔を耳のあたりまで突っ込んで

拾い上げて食べていました

             tabetai2.jpg

底までの距離がつかめずに何度も顔を付け直す姿は

何ともけなげでかわいいものです

わざわざ沈めるはずがないと思っている方がいらっしゃいますか?

個室に入っているナンヨウセイコウの水には

たくさんのオーツが沈んでいますよ

水入れには置き皿があり、餌入れとも離しておいてあるので

オーツだけがはじかれて水に落ちたと考えるのは

かえって不自然かなと思います



そうそう、全く別の話ですが

ウスユキバトの雛は孵化する時が親の態度でわかります

彼らはふつう、夜はメス、昼はオスが卵を温めますが

孵化が近くなると、メスオスが争う様に抱卵します

こんな風に
        hatohuuhu.jpg
     まるで 抱卵争奪戦です

オカメインコも孵化が近くなると

出産立会いならぬ孵化立会いをするようで

雌雄が揃って巣箱にこもります

鳥たちにとっても雛の顔を見ることは、代えがたい楽しみなのかもしれません



今日は厄の話も出たことですし

ショッピングセンターの駐車場植え込みでふと目にした

こんな写真で締めておきましょう

            happy.jpg

      皆様、グッドラック なのです


































スポンサーサイト

ハテナ

時々、昔見た映画を思い出します

そんな時、YouTube検索するとそのかけらに触れることもできるので

思い出検索を果てしなく楽しんでしまったりすることがあります

何が引き金になったのか

今日は キャットピープル なんて言葉が突然頭に浮かんだので

さっそく調べてみると

ディヴィッド ボーウィがテーマソングを歌っていたという

今更の発見をしたという…

この映画は20代のころにTVの深夜映画で徹夜仕事の手を止めて

見入ってしまった

ナスターシャ・キンスキーをそれほど美人だとは思わなかったけれど

何とも不思議な感覚を受けた映画

若い人たちは 闇のパープルアイ なんて漫画を先に経験したかもしれないけれど

独り暮らしの若い頃、真夏の夜中に見るものとしては

なかなか雰囲気のある映画でした

白黒の作品もあり

この映画自体がリメイクだったようで

ウィキでも紹介されています

その You Tube で Men in Black Ⅲ を見ていて

若い頃の K がどこかで見た顔だと思っていたら

かつて、NHK海外ドラマで懸命にチェックしていたけれども果たせず

昨年、同じくYou Tube で 3シリーズを読破ならぬ観破した

The Young Riders の J B ヒコック を演じていた彼だったのでした

うん! 思い出せるのがなかなかすごい‼

ボケるのが少し遠のいたかな 

そこで 若い頃のことは思い出せるのだとつぶやいているのは 

どこのどい…

  どなた ?????

さて

少しは鳥の話もしなければ…


10月生まれの雛にまだ餌を与えているオカメの話をしましたが
   (11月としたかもしれないけれど実際は10月生まれとの記録でした)

        hatena3.jpg
           手前が夫君、抱卵の交代中(2014/11/01)

hatena4.jpg
(2014/12/03)

彼女はいまだにこの時の雛に餌を与えています

hatena2.jpg
       (この写真は3/28ですが、きのうも与えてました)

しかも  なぜか

・・・・・・・・・・・・・・・・こんなことまで

             hatena.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・下は娘、上はお母さんなのです

初めてではなく、ほかのメスの上に乗ったり

ほかのメスがまた別のメスの上に乗っているのを見掛けたこともあります

・・・・・・・・・?

囀るメスをHPで紹介したこともありますが

長い間飼っていると、色んな場面に出くわします

彼女は時々ルール違反を犯して

雑居小屋で繁殖したりもします


















いよいよ 春じゃん‼‼

すみませんね

免疫力の低下でしょうか

不摂生でしょうか、すぐに体調を崩します

で、養生もせずに出回っているので

いつまでも治らず何日か無駄に過ごしすことになり

面白ネタの写真も無駄になっていきます



先週は雪が降ったり、氷が張ったり、春真っ盛りになったりと

ややこしい一週間でしたが

寒い日の間に、急に暖かい陽ざしが差し込むと

鳥たちは目を細めて日光浴を楽しみます

昨秋生まれのアキクサに、時折翼を開く子がいたので

何の意味があるのかと思っていたら

念入りな日光浴ということだったらしく

この日はとことん味わっていました

          IMG_0019 (2)

IMG_0021 (2)

羽ばたいているのではなく、広げているのです

    IMG_0022 (2)

 う~~わ  きもち え

       IMG_0024 (2)

 ぬく やば

IMG_0029 (2)

 かんぜん ボーーーっとしてきたし

           IMG_0044b.jpg

 あかん

IMG_0043b.jpg

 つきた

なんて感じで楽しんでました

関西弁のオノコですわ

ほかにもこんな風に楽しんでいる連中がいます

       DDnikkou.jpg

             BWnikkou.jpg

伸びしているのではなく、尾も翼も広げてこの状態を保っています

虫干ししているようにもみえました

彼はよくこんな恰好をします

   お日様 万歳















最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR