やん 寒なった やん


毎回献本の名目で新生創刊からオールバード誌が送られてきていた

ほとんど読むこともなく、封も切らずに献本無用と送り返したりもしたが

1月号も送られてきた

表紙がアキクサインコで、アキクサフェチの身近な人物が

読みたいオーラを投げかけてきたので開いてみたら

アキクサの解説は志村氏によるものだった


かねてから、氏のクサインコの話を聞いてみたかったので

いい機会だと思い、新生オールバードを初めて読んでみた

折角色変わりについての説明がなされているのに

相変わらず写真はその特徴を説明できておらず

ノーマルのメスはオスより暗く、より保護機能が強い種であるのに

          
             上♀ 下♂(こちらにいるノーマルペア)

まるでシナモンかライムのような写真

ファローとオパーリンの目も同じともいえる色でしかないし
                
ローズファローに至っては

氏の説明では、明らかにダンファローのオパーリンの

写真であるにもかかわらず

表記はペールファローオパーリンになっている

やはり私の読む本ではないとの結論に至りました
折角鳥の本を出してくれているのに
文句を言うのは失礼だし

残念ながら

志村氏も色に関する根本的な説明をしてくれていないので

例えば、アキクサのブルーが濃い個体を指して

「バイオレットになる可能性」としています

書かれている将来の可能性というのは

勿論、こういう個体を集めて繁殖を重ねていけば

バイオレットの色味の多い鳥が生まれる

という意味だと思いますが

この個体がいずれバイオレットという内種になるともとれる表現は

鳥の色についての知識の浅い

一般の読者に対して誤解を招きかねない残念な表現であり

こう言う鳥をバイオレット目的で探し始め、高額で手に入れてしまう人が出ないとも限りません

コバルトの濃いアキクサを見ていると
          hiro.jpg

確かに、バイオレットまであと一歩なんて考えも浮かぶし

ピンクとコバルトを合わせれば簡単にバイオレットのような色は

表現されそうなものですが、そうは問屋が卸してくれません

本来内種としてのVioletは緑色なのだそうです
            バイオレット

Oliveと区別が難しく
 オリーブ

Blueと混合種になったとき、視覚的に
 ブルー

SFでコバルト  DF でバイオレット

と表現されたセキセイインコの色変りからこの名称が付けられ

共優性の変異ということです

私はオカメインコから鳥の色の勉強に入ったので

青や緑を作る要素の一つである構造色については

これから繁殖で経験を積む話になるのですが

Olive(Dark Factor)、Greygreen、Violet という色変異は
 オリーブ(ダークファクター)、グレイグリーン、バイオレット

共にこの構造色に影響を与える変異であり

Greygreenは完全優性の変異

残る2つは共優性で、この2つの区別は

Blue と混合されたときに

単なるブルーに見える個体になるか

上の説明のようにコバルト又はバイオレットに表現されるかの違いで

判断するしかないと記されています

これらの色変わりの違いを楽しめるのは

ブリーダーの特権ということになるのでしょうかね

イザベルやパリッドという言い方はヨーロッパ流で

説明文から察するとアキクサインコのパリッドは

私の勉強の上ではPlatinumというより
             プラチナ

Limeに当たるのではないかと思います
 ライム

検証は簡単で、ino系とペアにしたとき生まれる子供が

雌ならLimeかinoのどちらかしか表現されませんが

オスならさらにライムイノという表現を加えた

3タイプに広がります

繁殖結果は両親がどの遺伝子情報を持つかで変わる

Limeは伴性劣性遺伝でinoのファミリーです
   (複対立遺伝子 といえばいいのかな)

今となっては手に入らないオーストラリアの鳥で

研究された色変りの本を読んでいるので

欧米中心の実際の輸入個体とはずれているところも

あると思います


テリー・マーチン氏のプラチナとライムについての説明は次の通り

中間的変異がLutino遺伝子として起こる可能性があり
これはごく一般的で、ある種(ビセイインコ)では
少なくとも2つのフォームが存在し
結果として、鳥はしばしばCinnamonや別の伴性突然変異と
間違って認識されます
しかし、LimeとPlatinumの変異は時として灰色のトーンを含み
色素の量を常に減らされるのに対して
Cinnamonははっきりと灰色気の無い茶色で、色素の量を減らされません
セキセイインコではこの変異をClearbody(クリアボディ)といい
ヒムネキキョウインコでは、ヨーロッパでIsabel(イザベル)
USAでAustralian Ino(オーストラリアンイノ)
世界的にはAustralian Cinnamon(オーストラリアンシナモン) と呼ばれます
ワカケホンセイインコの変異はLacewing(レースウィング)
(本来CinnamonとLutinoの組み合わせを指す名称)
ビセイインコでは、より暗い変異がヨーロッパとイギリスでYellow(イエロー)
オーストラリアでCinnamon(シナモン)と呼ばれている
オトメインコはYellow(イエロー)
オキナインコはDark-eyed Cinnamon (ダーク・アイ・シナモン)
ホオミドリウロコインコはFallow(ファロー)と呼ばれる
お分かりのように、さし迫って、いくつかの基準となる形が必要である
補遺
ヨーロッパのクラブは最近
この変異にPallid(パリッド)という名前を選択した


志村氏のように広く世界を見られる方が
色についての基本的な説明をわかりやすくして
広めてくだされば、日本の飼い鳥の世界は
もっと豊かで面白いものになると思うのですが
残念です
        simaq2.jpg
        昨年バードアンドスモールアニマルフェアに
       志村氏が出品されていたキキョウインコのパーブルー
       この品評会で私が最も心惹かれた個体でした

このオールバードでは とりまるくん が紹介されています
お近くの方は是非一度 とりずき丸 を
覗いてみてください

アキクサインコはオパーリンが私としては一番面白いと思いますが
この話はまた今度

スポンサーサイト

ガソリンが安いです

昨年の夏にはレタスが¥500なんて

かつて見たことのない値段が付けられていました

朝食はレタスのサラダという暮らしを

もう何十年も続けてきましたが

そんなことも続けられなくなり

あの頃をきっかけに

毎朝、スープの生活に変わりつつあります

かぼちゃのスープかまたは

基本になるコンソメスープを作り置きし

カレー粉を入れたり、トマトスープにしたり

チーズの日、ミルクの日とその日の気分で

暖かい朝食を楽しんでいます

空の様子も

若い頃になかったような表情を見せるようになってきた気がします

  hj2016.jpg
      平城宮跡 朱雀門です

高槻愛鳥センターで

つぼ巣の作り方を教えてもらった話をしましたが

陽ざしの暖かい日には

鳥小屋の前で作ってみています

自分のところで使う分くらいは

わら のある限り作れそうです

    Dnest3.jpg
   ここは無事ですが

営巣中のハトの巣材を

ジュウシマツがちゃっかり持って行ったり

アキクサがいたずらをしてなくしてしまうので

孵化近くなった卵の巣に

浅めの巣皿を作ってやりました

孵化の近くなったハトは

少々触っても産座を立ってしまわないので

横によけてもらって卵を乗せた巣皿を置いてやると

またすぐに温め始めます

ずっと 怒った顔をしていますが…

  Dnest.jpg
3羽乗ってますね

          Dnest2.jpg
こちらは1羽です

ウスユキバトの冬の繁殖は、雛がちゃんと育たないことも多いので

私は望まないのですが

野生の本能なのか、雌雄を分けていても

この時期には何羽もの雌が卵を産みます

こんなやつもいます

haruhi.jpg
このアキクサ、まだ巣立たないオカメの巣に

ちゃっかり卵を産もうとしているのです

メスは決まったオスがいなくても

なぜか卵を産もうとします

オスはオスで違う方を向いて男の子ポーズをしていたり

相変わらず よくわからない鳥たちです


ハトが怒るなんてどうやってわかるの

といった向きに こちら

     agrihato.jpg
怒られているのは左の白いしっぽの持ち主キンセイチョウ

なぜ彼らがこんなに怒られるかというと

こんな風にハトを追い出しいてしまい

  agrihato4.jpg

ちゃっかり

     agrihato2.jpg
                     agrihato3.jpg

自分たちの卵のような顔をして抱こうとするからです

以前ジュウシマツがハトの子に給餌しようとしている写真を載せましたが

白くて丸いもの 好きもここまでいくと迷惑でしょうね


お迎え待ちオカメの雛が何羽かいます

興味がある方は下の画面クリックで覗いてみてください

       haruhi1.jpg

                   pfsg2.jpg
                     ヒノマルチョウのシーグリーンは
                   優性又は共優性の変異かもしれません
                   春生まれの一羽はお腹が青いです


      IMG_1375b_20160118204154250.jpg












モモちゃんが

咲きました

           cam2_201601080753444b3.jpg

モモタロウという椿の品種で

30年位前に母が購入したものです

初めて花が咲いたときは手のひらくらいの大きさでしたが

地植えにして、花数が増えると小ぶりになりました

普通は2月も後半以降にならないと咲かないのですが

やはり今年は早いですね

      cam1_20160108073039e66.jpg

こちらはいつも年内に咲く早咲き種です

で、こちらは
        newTI7c3.jpg
      高槻愛鳥センターのモモちゃん

とりまるくんに

高槻愛鳥センターが1月4日に新装開店すると聞いていたので

今年の鳥飼い訪問はここから始めることにしました

   

なかなかきれいに整理された店内は

商品が見やすく、値段もわかりやすいものが多くなり

今まで扱っているとは思わなかったものも一目で見つけられたり

明るく魅力的になりました

       

webには5日開店とされていて、この日は手始めといったところか

あまりお客さんも来られなかったので

つぼ巣作りを見せていただきました

   Bnest1.jpg  Bnest3.jpg
             Bnest2.jpg

そこで早速わたしも作ってみましたが

中々はかどらず、これでいいや! とウスユキバトの巣皿くらいで

初日は終わりました。2回目も同じことを繰り返し

3回目はまあ一応最後までいってみようと、出来上がったのがこれ

      hajitubo1.jpg

最初コモンチョウが集まってきましたが

営巣好きのキンカチョウにすぐに占拠されてしまいました


巣作りといえば

前回紹介したヒナたちとは別の雑居小屋にもオカメインコが営巣しています

    B-nest.jpg
            B-nest2.jpg

その巣箱の下にもフィンチが巣づくりしているらしいのを

何日か前から気づいていたのですが

つぼす作りに使ったわらの残りごみを小屋に入れてみたところ

  B-nestb1.jpg

とても見事に出来上がっていたので

てっきりキンカチョウの仕業だと思っていましたが

        B-nestb1b.jpg

キンカチョウはまた別の場所ですでに卵を抱いていました

            B-nestb1ZF.jpg

そういえば

昨日このオカメの巣箱の下からコキンチョウのオスが

飛び出してきたように見えたのですが

彼が犯人なのかもしれません

ヒノマルたちもよくこの辺りをうろうろしているので

確定ではありませんが、残念ながらコキンチョウなら

雌が少しもその気にならず

オスの独り相撲となってしまいそうです

オカメの雛も生まれているので

もしここで本格的に繁殖が行われれば

このさむ空の中でも、雛が育つかもしれないなんて

思ったりもしたのですがね


高槻愛鳥センターの話を

ホームページでも紹介しています

もし宜しければご訪問くださいませ

            sinsou (2)
         こちらからどうぞ

             丸山さん、店名呼び捨てでごめんなさい
            新装開店おめでとうございます
            ますますのご発展をお祈り申し上げます






暖かいですね

ピンクなイチゴちゃんを紹介させていただきましたが

あのイチゴを買いに行った日(正確にはミルワームを買いに行った時)

生まれて初めて10万キロを体験したのです

現在の車は運転を始めてから7台目

ずっと1800ccクラスに乗っていたので

初めての軽四車です

裏道派の私にはなかなか役に立ってくれていて

対して大きな故障も事故もなく

自分との相性も結構いいものだと思っています

今まで10万キロをともにした車はなかったので

一度は体験したいと思ていた走行数でしたが

達成は国道25号線の法隆寺前を通って裏道に曲がりこみ

法起寺に至る途中、まさか軽四でこれを体験するとは思いませんでした

気の合った車と長旅をするのが好きで

3台目の車では、大した回数を乗るでもないのに

3か月ほどで7000キロを走り

最初の車検までに10万キロを超えるのではないかとひやひやしたものです

貧民には高い買い物ですからね


お正月の休みはどう過ごされているのでしょう

私はもっぱら

雛の指し餌と無料動画とナンバープレースを楽しんでいます

昨年の正月は ユーチューブで日本語吹き替えの蘭陵王を

3日間で46集まで見終わるという、ちょっときついスケジュールでしたが

今年はヤフーの ELEVENTH HOUR が面白くて

小春日和の心地よい正月にもかかわらず

雛に指し餌をするとき以外

ほとんど1日部屋にこもっていました

        a1.jpg

ピンク頭はアキクサのオパーリンです

オカメは初めてエメラルドらしい色が生まれました

シングルファクター ドミナントエッジ

エッジダイリュート、ブルー・イノなど

いずれも何種かの変異を複合継承していると思われますので

繁殖にはお勧めしませんが

手乗りとして可愛がってくださる方に

いつでもお分けできますのでご相談ください

写真で上にいる3羽が11才おとうさん家の雛ですが

オカメは6羽ともこのお父さんが伴侶とともに育てました

   b-se.jpg

これは見た目ブルー・イノ(通称アルビノ)の姉妹ですが

どちらもアッシェンファロー(通称レセッシヴシルバー)のスプリットです

向かって右が普通にみられる赤目(ブドウ目といわれる)で

左は同腹であるにもかかわらず極端に赤いイチゴ目で

ダイリュートかファローが影響していると思われます

なぜこういう違いが出るのか、繁殖に使ってみたいところですが

ここまで赤い目の鳥は繁殖も難しく

雛に対してもリスクをしょいかねないので

手乗りでかわいがってくださる方が見つかればいいなと思います

     b-se2.jpg

                         ケータイのメールはmoobguff24アットdocomo.jp です
                         興味のある方はこちらまで





         




ありがとうございます


あけましておめでとうございます

nyc16.jpg

おさぼりブログにもかかわらず

足しげく通って下さる方たちにはお詫びの言葉もありません

ので

この写真に感謝を込めて

        komop2.jpg

コモンチョウです

komop.jpg

なかなかきれいな仔で気に入ってます

                komop4_201601010702436ed.jpg
         巣立ち後はこんな色でした

                  白い仔がそうです
    201601b_201601010702421d1.jpg

        こちらが両親
             komopprs_2016010107024007f.jpg

以前に紹介したコモンチョウのサイトでは

イエローとフォーンを合わせると生まれると書いてありました

このサイトではシナモンとフォーンを別に扱っていますが

コモンチョウに構造色、ブルーやグリーンはなく

komoG.jpg

グリーンにみえるのは、メラニン色素のグレイとカロチノイド色素の黄色

ということで、カナリアの原種と同じグレイグリーンです

ブルーという色の定義は覚えていますか

原種が緑色のインコにおいて

黄色の色素を失うことで構造色とメラニン色素が

視覚化されブルーに見えるというものです

もう一羽不思議な色のコモンチョウを載せます

           201601.jpg

先に紹介した黄色い個体とはまた違った、明らかに白っぽい個体です

部分的に少し黄色が見られるので

完全なブルーではなくパーブルーだと思います
   (俗に言うところのシーグリーン)

少し話がずれますが、見て解るように、コモンチョウの尾と頭の色は

コキンチョウと同様体の色とは違った形でなされる部分的変異です

この部分の黄色や赤の色素は独自に変異を表しますが、その話はまたいつか

今は単純に体の色だけに触れます

     komoaq2.jpg

この白っぽい個体をコモンチョウの変異のサイトではフォーンとしているようです

そこで、この鳥と先に述べた黄色ちゃんを番にすれば

両親と同じ色の子供が何羽も生まれる

これはいいチャンスといいたいところですが

               bany.jpg

どうやらコモンチョウの黄頭は優性遺伝のようなので

これを繁殖に使うにはシングルファクター同士を合わせるなどの

慎重さが必要のようです



ちょっと長めの文章で、いつもの不義理のお詫びになったでしょうか

   インコ派の方には ごめんなさい なのです

        今年も懲りずに、宜しくお願い致します

                 dil.jpg






















最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR