夏の 大 といえば

8月16日は京都五山の送り火ですが

奈良では15日に大文字焼きが行なわれ

ご先祖様をお送りします

たまたま通った道すがら、何年かぶりに見ることができました

dai.jpg

左は解体修理中の薬師寺の塔、ライトアップしてちゃっかりアピールです

           dai2.jpg

盆過ぎくらいから、朝晩が少しずつ過ごしやすい気温になってきましたが

台風10号のおかげもあるのでしょうね

台風で池に落ちてはいけないと思い、池側のカボチャを収穫しました

ppkin5.jpg

何本ものツルが5メートルくらいある下の池まで伸びていました

            ppkin.jpg

中にはフェンスにめり込んで痛々しい様子のものも

ppkin6.jpg

反対側は鳥小屋の上を覆います

     IMG_1008.jpg

鳥小屋の裏側から見れば元気そうですが

もう根元の方は枯れ始めています

カボチャは葉が大きいので日よけに良く

収穫も望めて長い間楽しめるのですが

まだ暑い時期に終わってしまうのと

葉ダニの多さには閉口します

試しにカボチャの葉を鳥に与えてみたら

ウスユキバトは葉も葉ダニも食べていました

以外に動物性のものもハトたちは食べるようで

キジバトがミミズをおいしそうに食べているのを

見かけたこともあります



話を戻しますと

カボチャは結構な収穫でした

          ppkin2.jpg

中に一つ、四角いものもありました

ppkin3.jpg

始めて見ましたね

           ppkin4.jpg

カボチャは食べたものの種を庭に埋めるだけでの収穫なので

味は当てにしないのですが

今回のカボチャは熟していないにもかかわらず

スープにすると意外においしく頂けました

残りは追熟してゆっくり味わいたいと思います


東京へ行ってる間に人に預けていたため

すっかり手乗り離れしていたキキョウっこが

好奇心に負けてぼちぼち留まりにくるようになりました

  wasa1.jpg

まだ時々緊張を隠せない様子を見せますが

          wasa2.jpg

つるみ仲間がいるので、つい誘惑に負けるようです

  wasa3.jpg

こちらは指を出せばたいてい乗ってきますが

      wasatomo1.jpg

気分次第ということが多いようです

wasatomo2.jpg

キンセイチョウの調子がよくなさそうで心配です  



「ブルーがいたらこんな色」と紹介したアキクサの発達遅れの子も

        wchibichin1.jpg

20日ころまで親兄弟に餌をもらっていましたが

wchibitin2.jpg

最近になってすっかりご飯は自分でと思っているようで

こちらは、少し安心しています

短命でしょうが

命を謳歌してくれたらと思います

ちゃんとピンク色も出て来ました



台風が過ぎればまた暑い日が続くようです

お体に気を付けて

いい季節を迎えましょう
















スポンサーサイト

お手伝いしてきました

東京です

   

都会の人は見るだけで暑い写真かもしれません

デング熱など色々噂のある都会ですが

蚊 がいませんでした

虫刺されの薬も持って行ったのですが拍子抜けです


昨年まで何回か埼玉スーパーアリーナで開催されていた

バード&スモールアニマルフェアは

古巣の平和島に戻り、東京流通センターでの開催

初日、2日目共に入場者が3100人を超える盛況ぶりでした

今回スモールアニマルでは親子連れのモルモットが何組か展示されていて

      mol1.jpg

モルモットの赤ちゃんご指名で訪ねてこられる方もあり、また

赤い目の赤ちゃんもいて中々かわいい仔たちが揃っていました
         
            mol2.jpg

ハリネズミたちはいつものように丸まったままです

harihari.jpg

パイドは肌の色が斑でした

           harihari2.jpg

ぺっとを連れてくるお客さんは

目いっぱい でもないでしょうがペットにおしゃれさせている方が多くみられました

rb.jpg

         sa.jpg
                     うん 可愛いっす

猛禽のコーナーはいつも囲いを作って囲いの上に鳥を乗せていたのですが

今回は開かれたスペースになり

rapt1.jpg

鳥とのツーショットが撮りやすいよう工夫されていました

突然威嚇を始めた子がおり

   raptchibi.jpg

何事かと思ってみると

rapt4.jpg

原因はこちらでした

         rapt3.jpg

いやいや 怒ってますね

rapt5.jpg

                       rapt7.jpg

他の鳥たちは無関心でしたが

           rapt6.jpg

とにかく

こいつは危ないやっちゃねん と言わんばかりに真剣でした

今回こそ、グラスパラキートの先生にご挨拶することが出来、上機嫌でした

先生がお連れになったのは

ヒムネキキョウインコ

sc-DFgg.jpg
             ブラック
      sc-b.jpg
             ホワイトブレステッド
            sc-aq2.jpg
             シーグリーン

このシーグリーンは前にキキョウと紹介しましたが

先生はキキョウは飼わず、ヒムネキキョウに限定しておられるそうです

皆さま、先生。失礼しました

特にこのブラックは毛並みが恐ろしいほど美しく

開催中何度も足を運んで見に行きました

今回珍しいと思ったのは

キンセイチョウのイザベルです

昔から鳥に興味のある方には珍しくないかもしれませんが

非常に美しい鳥でした

      he-is2.jpg

            he-is.jpg

最近私の変異に対する勉強はだいぶ進んできました

オカメインコではパールをイザベルと呼ぶところもあり

初めて聞いたときは混乱しましたが

イザベルの定義は

フェオメラニンとユーメラニンを持つフィンチにおいて

ユーメラニンを失いフェオメラニンだけになった鳥を指す

また、インコの中ではフェードをイザベルと呼ぶ人たちもいる

ということでしたが、日本ではフェード自体を認識できる方はごく少数かと思います

はい

ほかの珍しどころといえば

サトウチョウのモーブ

  st-mv_20160811163502af6.jpg

キンカチョウのチヨダ(もどき程度ですがそれなりの値段がついていましたよ)
          zfchiyo_20160811163503eb3.jpg

グッズコーナーではハルコウヤさんが目も心も惹きました

    sp3.jpg

とにかく渋い鳥が多くてフクロウ類は勿論

キンセイチョウはキバシ、ヒノマルにはシーグリーンがいたり

フクロウ、フィンチファンにはありがたい品ぞろえ

スズメやシナモンらしいカラスまであり

シナモンカラスは是非写真を展示に添えてくださるよう注文しておきました

      これ一番見たかったわ

   cm2.jpg

来年2月のジャパンペットフェアはインテックス大阪に決まったようです

         cm1.jpg

関西の多くのブリーダーや業者の方が奮ってご参加くださるよう

1スタッフながら熱くお願い申し上げておきまする

我が家の鳥たちは何事もなかったように元気にしていました

コンゴウだけは2日目も少し遅くまでお預け状態だったようですが

その分、留守番人の言うことをよく聞いたかもしれません

   bill2.jpg

東京でした

暑うございました

隣に撮影隊が来て、随分人が並んでいると思ったら

こんなことやってました

              monst.jpg


       あっついわ~~
                pen201608b.jpg
         だいぶ前の写真ですが

  あ~~ くやしい~~ わたしも泳ぎたい!!
       pen201608a.jpg

遅まきながら 残暑お見舞い申し上げます

お体 お大事に








最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR