昨年、転居を想定して鉢に植え替えたスズランが咲きました

雑草と混在だった時より居心地がよくなたらしく

生き生きとして花数も増えています

        

ピンクが開ききったころ

           rin3.jpg

おもむろに白が開き始め、ピンクが終わるころに白が咲きそろいます

trio2.jpg

可愛いといううより、今年は立派になっちゃった感じです

意外にかわいいのがこの花

   201705cp.jpg

群れて咲く上、柄が長いので風が吹くと大きく揺れ、小さい花ながらに存在感があります

      IMG_0029cp.jpg

名前を聞いたら意外に思われる方も多いかも…

終わりごろにはうっすらピンクに色づいて、その姿もまたかわいいので好きです


さて

オカメの雛が巣立ちました

trio.jpg

尾の短い左の雛が3羽の中では末っ子、最初に巣立ちました

右の2羽がアッシェンファローです

巣立ち前の様子から、かなり弱視のようなので、あまり飛ばないと思っていたのですが

私や兄弟の声のする方に向かって、直線的に飛んできては

うまく留まれず、周りにいるフィンチやハトを混乱させています

         trio3.jpg

この黒目の1羽は過去の経験から

ブルー(ホワイトフェイス)とパーブルー(ペールフェイス)

ドミナントエッジとエッジダイリュートの混雑個体と思われます

今までは雄で成鳥とともにグレイがもっと薄くなりました

この3羽がおぼつかない様子で飛び交う中

ウスユキの営巣用に置いた素焼き鉢を選んでくれた夫婦は

なぜかこんな風に巣材をてんこ盛りにしてしまい

卵たちの運命は風前の灯火にも近い状況です

      morisu.jpg


白くてかわいい花の中でも、こちらはとりわけお気に入りの花

himeutugi.jpg

ヒメウツギ

エゴノキがほしかったのですが、自分の背丈より大きくなる木の世話は

いいかげん限界に達しつつありますので

似た花のこちらを鉢植えで楽しむことにしました

アジサイも好きな花

花ではなく 「ガク」 ですが

ここ2、3年ほしいと思っていたこの花が¥1000を切りましたので

引っ越しを控える身にありながら、手に入れてしまいました

    hide.jpg

来年も、ブルーで咲いてくれるでしょうか


そうそう

このページの最初の方で紹介した、柄が長く、風に揺れるとかわいい花ですが

おいしくて元気になる ニラ の花なのでした












スポンサーサイト

スーパーの駐車場に車を止めたとたん

目があいました

     

付けまつげに凝る女性は、上瞼に3枚下瞼に2枚付けたりもするようで

重たいだろうなと思います

私はアレルギー性結膜炎なので、目の周りを触ることはご法度

カーラーを使っただけで、目がしばらく開きません

最近は日焼け止めを塗るのもつらく

5月の紫外線はしわの原因になりやすいそうですが、どう対処しておられますか


20170422.jpg

お母さんの検証交配で、生まれた5羽の雛です

1羽が非常に小さいですが、3羽孵った時点で親鳥は餌集めに出て

あまり卵を抱かなくなり、4羽目が孵ると卵は兄弟に任されるような形になり

保温温度が足りないためと、上の兄弟たちは親の手助けがあるのですが

孵化自体が自分の力次第になるので、2日ほどかかり

ひとつ上の兄弟とも3日も4日も開いて生まれることで

当然餌も中々もらえない状態が続き

大きくなりにくい結果となり

死んでしまうことも結構多いものです

20170422sab.jpg

このシルバーの血統にオパーリンが生まれたのは

5,6代ぶりのことです

たいていは1,2度の繁殖で外に出してしまうので

何年も生まれなかったため

この家系には、初代にオパーリンのスプリットを残しているだけだと思っていましたが

隔世遺伝は何世代に渡ることも検証させてくれました

20170422b.jpg
                  20170422b2.jpg

久しぶりのアッシェンファロー。俗にいうレセッシブシルバーですが

私のブログを読んでくださっている方たちにはせめて

この種はファローだと分かってほしいと思います

レセッシブシルバーは劣性シルバーということで

私は、テリーマーチン博士流の分類法なので

劣性シルバーは、ブルー・ダイリュートと理解しています

ダイリュートで目が赤くなることはありません

オパーリンはかなりの弱視のようです

20170422sa2.jpg

右の個体は鳥カフェもどきを開くという友人に引き取ってもらいましたが

おそらくスパングル・優性シルバーだと思います

繁殖に使ってみないと正確なことは言えません

ほかの子も、巣立ったら紹介しましょう


こんなに池が埋め立てられてきたので

            sad.jpg

安住の地を物色中につき

sad2.jpg

いつもにもまして、更新の遅れにご容赦を









最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR