理由はどうあれ、たまには更新しとかないと…

          gby.jpg
7月上旬、満開のヒマワリに見送られ、思い出のたくさん残る家に別れを告げました

新しい家で下見の時には、こんなかわいいお迎え姿も・・・

post2.jpg


                  postguest.jpg

奈良のトランクルームに、まだたくさんの荷物を残しているので

早朝に車を走らせ、日が昇りきってしまうまでに車に荷物を積み込みます

早朝には普段見られない鳥の姿も見られ

ツバメやトビも意外に地面に下り立つものだと知りました

      tobi.jpg

この季節には巣立ち間もない幼い鳥もいて、車が近づいてもぼーっと地面に立ちすくんでいるので

はねてしまいそうでびくびくです

昨日はトビと衝突しそうになりました

国道ではなく、農作業用に作られた県道を近道として使っているので

多くの生き物に出会います

お風呂がまだ使えない状態の一昨日は近くの温泉への道で

サル3頭が目の前を横切っていきました

国道では若いオスジカが高台から見下ろす姿を見かけたこともあります

奈良公園で見慣れていたはずでも、野生のシカは新鮮

2、3歳と思われる若いオスジカでした

よく見ると、畑や田んぼにはフェンスが巡らされ、電流を流しているところもあるようです


奈良で借りている2階建てのトランクルームでは、階段上に若いツバメが巣をかけていました

なぜ若いと思ったかというと

最初に孵った雛を捨ててしまったからです

2番目も捨てられてしまいました

初めての繁殖では飼い鳥でもたまにあることで

白くて丸いうちは愛しいと思って抱くのに

雛が孵った途端、うごめく宇宙からの使者と思うのか

外に放り出してしまうことがあるのです

雛がひ弱で餌を食べないとか病気の場合は、そのまま巣の中で死んでしまうことが多く

親が巣の外に出してしまうことはないようなので

若い夫婦なのだろうと思ったのです

3羽目は巣立ちを前に巣から転落したようですが

私が見つけた時にはすでに虫の息で、作業が終わるころには死んでいました

巣の下にブロックが置いてあるので、直接角に落ち、打ち所が悪かったのかもしれません

親鳥は心配そうに長い間傍についていました

         tubaoya3.jpg

消火器の上に留まって、下に落ちたヒナを気にしています

2日後に来た時も

  tubaoya2.jpg

あきらめきれない様子でした

最後の雛は無事に巣立ちを迎えられそうです

           tubahina.jpg

次に訪れた時には、もういないのでしょう

今日でお別れです


そうそう、田舎道を走っているとこんな面白い風景も見られます

amcm.jpg

どうですか、カーブミラー4つですよ

交差する相手側はなぜか同時に車が途切れるので、信号までは必要ない様

裏道が遠回りになりすぎて使えないないところは国道を通りますが

結構な山道であり、片側の道幅いっぱいもある大型トラックがよく行き来する

古くから栄えた街道は、制限速度が50キロながら

7、80で飛ばす車も多く、追い上げてくるたび道を譲っています

今朝は、追い抜いて行った車がオービスの前で急にブレーキを踏んだので

地元外の車かと思っていたら、地面の生き物をよけたのでした

         issy.jpg

結構いいサイズのイシガメで、イシガメが道路を横断する姿とはじめて出くわしました

人懐こい視線が印象的でしたが、実際には困った眼で見つめていたのかもしれません

カメで思い出しました

奈良の有名どころを映したカレンダーによく出てくる大池に、変わったクサガメがいます

turhaw.jpg

手前2匹とは明らかに色の違うクサガメ

ネット検索ではパステルなどが結果として出てきました

生まれたてが黒目ならパステル

ブドウ目ならフォーンと表現するくらいが無難かなと思いますが

この池では中間的な色も見られるようで

ならばライムというのが正しいのかもしれません

鳥と違って、テキトーな話なのでテキトーに聞いてください

husha3.jpg

買い物には時間を要しますが、ここはかつて奈良に移った時のような環境

西の山に風車が並び、ホオジロが鳴き、ホトトギスが夏を過ごす

自然豊かなところです

               hojiro.jpg


      久しぶりに娘のところで更新しました
      まだ、家ではネットが繋がっていません
      
スポンサーサイト
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR