だいじょうぶですよ


 ジャパンペットフェアの初日

久しぶりにATC(アジアトレードセンター)を覗いてみた

8年ぶりくらいになるかな

私の知っていたテナントはすっかり変わってしまって

予想はしていたものの少しがっかりした

 昼食はファストフード

サンドイッチに追加トッピングをしてもらうと

 「アボガドとトマト、これで大丈夫ですかぁ」ときかれた

うわあでたあ~~~ 大丈夫ですか だあ~~~

 関西圏だけかどうかはわからないが

特に小売店に行くと何かとよく使われる言葉のようなので

うちの若い子にどういう意味か尋ねた

もういいです とか いいえ結構です

という言葉を百万枚のオブラートに包んだ言い方

なのだそうだが、そんな質問をすること自体に

変な顔をされるほど、今の若い子たちの間では

浸透している言葉のようだ

今に国語辞典にも「断るときに使う丁寧な言葉」

なんて新しい解釈が載るようになるかもしれない

          TD-1.jpg 

TD-4.jpg

 先日、「タルドック」さんなるワンチコリンのブリーダーを訪ねる機会があった

終日雨降りだったが、幸い子犬たちはプレハブ棟にいて

かわいい姿を見ることはできたが

天候のせいもあって室内は暗く、元気のいい仔犬には

なかなか写真を撮らせてもらえなかった

TD-2.jpg

チワワは以前、目の離れたでこっぱちの

こういう顔立ちが一般的であり

ちょっと見、あまりかわいいという部類ではなかった

ほらほら

  tiwawa1.jpg

宇宙人的顔つきだと思わない?

でもそこが可愛いって?

 あら、ごめんなさい

こちらはポメ(ラニアンが)パパ(の)ミックス

別の意味でやっぱり宇宙人だなあ…

pome-mix.jpg


 2月末から産卵の始まったオカメ達は

ほとんどが育すうを終え、巣立った後の巣箱はこんな風に

ウンチごろごろです

    ato.jpg

このカラッと乾いた巣の中の状態は

親子ともが健康な状態だったことを意味します

ここでは6羽のひなが育ちました

7羽目はさすがに孵化2日後にペシャンコ

お母さんが3個目から抱卵を始めたとしても

最後の子が生まれるまで1週間以上

最初から抱いていたら2週間も孵化の日が

ずれるわけですから、全部を育て上げるのは至難の業です

mandonohina.jpg

一見ノーマルの3羽は実はメスで

シルヴァースパングルはこのような色で生れ

1年2年かけてゆっくり色が変化します

ちなみにここのお父さんは2004年生まれ

オカメインコの繁殖年齢は1~5,6歳ですので

かなりがんばっちゃってる方ですが

現在育すう中のワカケホンセイインコの

お父さんは1998年生まれ、お母さんは2006年生まれです

昨年一昨年は無精卵が多かったのですが

一年真面目に餌を与えたところ

全部有精卵になりましたので

原因は私の怠慢だったということです はい

   今日のオカメはこの子

  IMG_0073.jpg

羽がボロボロです

この頃写真を載せてる アルビノもどき です

白い羽、赤い目の個体をみると

すぐにアルビノと結論をつけたがる人がいますが

これは サフーズドホワイト・アッシェンファロー です

かなり弱視のようです。一時期指し餌していたのですが

あまりに痩せていて、食が細いので親鳥に戻しました

 そんなことをして親が餌をやるのかって?

巣立ち近くなら、親は子供の声を覚えています

少しの間なら放していても、雛が要求さえすれば

ちゃんとまた面倒をみるようです

 自然界では、巣立ちで飛び出し

家族と数日会えないなんでこともあるのでしょう

そういうとき、親に見つけてもらえるように

できているのかもしれません。それに

このころは減量のために食が細くなり

2日くらい食べなくても大丈夫のようであり

飛ぶための体作りが着々と進められる時期でもあります

candc1st-0410-2.jpg

この左の母親鳥が、上に紹介した6羽の雛たちの

2年上のお姉さんです

ウィークミューテーションという言葉のように

オカメインコではサフーズドホワイトやイエローには羽や骨の

異常が出やすいようです

パロットパラダイスさんでも、飛べない雛がときどき

出るよう言っておられました

 運動と栄養次第では換羽のたびに

改善されることもあるので、しっかり運動させています

 こういった鳥たちはノーマルと合わせながら繁殖して

いきたいと思うのですが、なかなか生粋のノーマルグレイがいません


 きのう 上空をツバメが舞いました

例年より2週間は遅いと思いますが

kinka-hinata.jpg

鳥たちは陽ざしを楽しんでいます

 kinka-hinata2.jpg

餌代お助けヒマワリもずいぶん芽を出しましたが

去年のカボチャはまだ食べてもらえず部屋にあります

     IMG_0078.jpg

     もう新しい次の世代が伸び始めているというのに












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR