や ンなるよね


 先週末に ブログ「小鳥が好き」のけいちゃんと

お松かあさんと連れだってかしましく、またまた岡山へ

パロットパラダイスさんにお邪魔してきました

   hatenanokozakura.jpg

          品種を聞き忘れたコザクラ
         けいちゃんなら知ってるかも
         オパ-リンてのだけはわかるわ 

 オカメ交換して、ウスユキバトちょうだいなどという

またしても場違いに近い注文に

 あなたくらいのものです とオーナーの友次氏は

呆れながら応じてくださいました

そのお礼と言っては何ですが

こともあろうに、大胆にも

元、英語塾のオーナーと英語ペラペラの

奥様とお嬢様にむかって

お納め下さりませ、とばかりに

「コキンチョウの変異と色」の翻訳文を

渡してきたのでござります

やあ、ホント面の皮厚すぎるよね

それもこれも、ジャパンペットフェアで

かねてからお話ししてみたいと思っていた

「鳥の飼育大図鑑」で解説を担当されてる

江角正紀氏に読んでいただく機会があり

まんざら悪くない感触だったことに気を良くした後での

大胆な行動でした。まあ人生先が見えてきたら、ある種の

怖いもの知らず的な神経がどんどん太くなっていくみたいな気がするね

   momo-displey.jpg

     モモイロインコは絵になる鳥だなあと
    今回もつくづく思いながらシャッターを
    押したのですが、残念ながら的が外れ
    ディスプレイのカッコイイ瞬間を逃しました


 オールバードに3月分の取材写真と原稿も送ったし

PPさんの写真データもとったし…

なんてのんきに窓から玄関の空を見上げると

えらいこっちゃ、松の芽が伸びすぎ!

あわてて みどりつみ なる作業に取り組んでいた今日

さて、あしたの筋肉痛はどれほどのものでしょうか

     aobitai-makieinnko.jpg

    アオビタイマキエインコ、ファロー
    PPさんで私の一番のお気に入り
    や、一番は出戻りのクロオウムかなあ

    写真はオーナーの許可を得て
    私の場合はオールバードに掲載してもらう
    という条件付きで撮っています
    ブログに使ってもよかったかなあ
    後でごめんなさいしとこうっと


 さて さて さて

この子は何といった品種でしょう

ash-f-cinnamon.jpg

 私はね、計画的に組み合わせたわけですよ

スプリット同士でファローを産んでもらおうとねっ

孵化直後から当然赤い目で計画通りだと安心してたわけです

私はホームページでファローという品種に触れ

日本のオカメインコは

ブロンズファローとアッシェンファロー(レセッシヴシルヴァー)

が一般的だと言ってるのですが

(最近は長いのでAファロー・Bファローまたは

アッシュとブロンズといっています)

この写真は明らかに茶系でしょ

え、なんでだろっ?

グレイ系のアッシュが生まれるはずのペア

スプリットの雄はいるけど、メスはいないから

ブロンズファローが生まれるわけないのに・・・

と 思いついた答えはただ一つ

お父さんがシナモンをスプリットしていたってこと

WF・シナモン・アッシェンファロー

やー間抜けー ひいおばあさんシナモンパールだったわ

silver-ash-f.jpg

 こっちはちゃんとグレイ系でアッシュですが

エメラルドとシルヴァースパングルで出てるし

せめてこの2枚のファローの写真を見比べて

シルヴァーとシナモンの色の違いを認識する

参考にでもしてもらおう

            うん よろしくっ







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR