きもちいい~~

 寒い季節に泳ぐ気にはなれないのですが

汗ばむ季節になると、水につかるのが恋しくなります

ところが室内プールで水のきれいなところといえばこれがなかなかなく

見た目に白濁しているプールが意外に多い時代

何かといえば pH がどーのこーのと返事が返ってきて

君らここで泳いでへーきかい って話です

 水中ウォーキングの人は水に顔をつけることもないので

気にならないのでしょうが

呼吸するたびに、臭いわ変な味がするわで

今年もつまらない夏を過ごしていたところ

10年ぶりに校区の小学校から泳げない子の水泳指導のお話をいただき

楽しみにしていました

 この小学校のプールの底には、クッションマットが敷かれていて

歩いているだけでもふわふわと気持ちよく

いわゆる 街中の小学校 なので、大して虫も浮いてなく、勿論水鳥のフンなんてのもなく

水のきれいなこと綺麗なこと

 理由はいたって簡単で

小学校は低学年から高学年に至るまで身長差のある児童が入るため

その入水時間ごとに水を抜いたり、足したりして

普通にオーバーフローする以上に入れ替わり

綺麗な水質につながっているということらしいのです

 10年前に入っていたときには

中学校で卒業生が夜な夜な泳ぎに入って警察沙汰なんて話も聞きましたが

犯人はスイミングに通っていた様な子たちが多かったらしく

このきれいな水で

暑い夜に仲間と星や花火を見ながら泳いだら

さぞ気持ちがよかったことだろうな

なんて思ったり

 そんなプールの水の写真だけでも撮りたかったのですが

プールにカメラを持って入るだけでも問題になる時代なので

割愛  さて

   これな~~んだ??
     ring1.jpg

   いただきものです

  知る人ぞ知る、フィンチの脚輪で1~20の通し番号がついています

             ring2.jpg

 いわゆる割り環ですが

君もしっかりフィンチ繁殖に励め

との新たな指令が下りましたので

どれを合わせても何が生まれるかわからない雑多な混種のキンカチョウは

やめようかと考えています

   bluegoldian1.jpg

 オカメの繁殖の成功の裏に泣いているのがコキンです

ムキ粟の全部がオカメの雛に使われた揚句

せっかく買いに行ったにもかかわらず

ムキ粟だけを買い忘れてくるといった失態をしでかし

エッグフードだけの繁殖に

無精卵多発です

 上のブルーコキンの頭の色が何の色か解りますか

大抵の人が、赤頭のコキンはブルーになるとこんな色になる

と結果はわかっているようですが

この色がなぜ出るかはわかっていないようで

単に赤がブルー変異によって薄まったと考えるところもあるようですが

ブルーという時点で、カロチン由来の赤や黄色は完全に

失われるわけですので、これは赤が変色したのではなく

赤に隠れていたメラニン色素が現れたと考えるべきところのようです

すなわち ユーメラニン色素 というわけ

で  goldian201307.jpg

 この右奥の黄色いメスは

Black-headed White-breasted SF Pastel Green Gouldian Finch hen
黒頭白胸シングルファクターパステルメス

黒頭がこんな風に白くなるのは、ブルーの遺伝子を持っているという証拠です

いえいえ、そんな証拠にはなりません

黒頭がパステルの遺伝子でグレイになりそれに白胸の遺伝子が加わり

白くなるのでした

左のオスはこのメスときょうだいなので、ペアになるのを防ぐため

前日までほかの鳥小屋にいました

メスがほかのオスとペアになり産卵を始めたので

ここに戻したところ、メス争奪戦に負けふてくされています

またすぐに元気になると思います

こちらは
Red-headed White-breasted SF Pastel Green Gouldian Finch cock
赤頭白胸シングルファクターパステル

パステルは伴性共優性変異で

メスはシングルファクターでこの色になります
(伴性遺伝なのでメスはシングルファクターしかありえません)

上のメスは白胸変異の効果でさらに緑を失い真っ黄色

オスはシングルファクターの場合はふつう

ノーマルの頭のペンシルライン(黒く細い線)をなくし

喉もとの黒をグレイにした背中はグリーンという形で現れますが

同じシングルファクターでも白胸変異によって

体のグリーンも失われこんな色になるようです


 日本のコキンチョウの変異は

ほとんどがパステルと白胸、ブルーの掛け合わせによって作られている

と考えられ、かなり色数の多い品種ではありますが

変異の仕組みを知れば

意外にいろんな色が簡単に作れそうです

 とにかく、丈夫でいい鳥を見つけましょう

nigachan.jpg

 昨年あれだけ種を落としておいたので

何本か出ると思っていたニガウリがたった一本です

   hima1_20130729092021.jpg

 ひまわりは餌の食べ残しが庭に咲くので、いろいろな種類があって楽しく

こんなスプレー咲きのような花もありました

写真を撮るのが遅くなって枯れる一歩手前、見苦しいところごめんなさい

 モクレンは毎年とちくるいが夏に咲き見ているだけで

なんだか暑苦しいmokurenkuruizaki.jpg


  こちらはもう終わりがけですが

夏の夕日に逆光でとても涼しげでした

nemu.jpg

  ネムは夏に咲く中では一番好きな花かもしれない

     

 








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR