うずらのたまご

 松の実は勿論あの松ぼっくりに保護されて

2年もかけて成熟する食べるとほんのり松ヤニの様な香りのする

中華料理、韓国料理に使われる食材だが

ワカケホンセイインコの好物でもあり、以前は良く購入していた

 2,3年前、おそらく冷凍食品問題が大きく取り上げられた時期からだろうが

店先からすっかり姿を消していた

昨年あたりから、良く行く輸入食品の店に姿を見せるようになり

久しぶりに買い求めて喜んでもらっているが

まえにも増して値段が上がっているのにもかかわらず

与えると瞬間的になくなってしまうので、買う方としては味わってほしいな

と無駄な希望を抱くのである


pineseedfig.jpg


 ドライフィグも喜んでもらえる食材の一つだ

 昨日、久しぶりにこの店内をぶらついていると

―― いままで気がつかなかっただけだろうか

うずらのピータンを売っていた

一般的に良く見かけるのはアヒルの卵で作られたものだが

うずらの卵 というだけでなぜか購買意欲をそそられてしまったので

冷麺やラーメンの時にと思って手に入れてきた

quail-Ptan1.jpg

一個ずつ真空パックされてる姿が

これまた可愛くて・・・  quail-Ptan2.jpg

結構匂いが気になるので、好きな人は限られてくると思うが

Wiki によると、スライスして空気にさらしておけば匂いはましになるそうだ

                         pt2.jpg
殻をむけば黒い というのは結構意表を突く

卵の概念をちょっと変えるな

黒い卵と言えば、固ゆでにした卵をウスターソースに漬け込むと

結構おいしいソース卵が出来る

母のおせちで人気のあった一品だが

ウズラの卵でこれを作るとお弁当のおかずとしても結構重宝する

前の晩に付けておけば、ウズラの卵なら翌朝のお弁当づくりには

充分間に合う、ありがたいおかずだ

きっと、冷たいビールにもおいしいと思うよ

私は飲まないけど

ルビーの続き
                 
さえずるオカメ








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR