悔しい思い


 カメラを持ち歩く様になってどれくらいになるだろう

かつてはハーフとう、フィルムの1枚スペースに

2枚写真のとれるカメラが流行った時期があり

つまり36枚撮りのカメラなら72枚が

しかもきれいに撮れたことから

結構気に入って、高校の修学旅行にも持っていったし

鳥の写真をよく撮るようになったのも、あの頃からだろう

20代中ごろからは一眼レフを肌身離さずといっていいほど持っていたのだが

どういう訳かごく稀に、持っていないときにかぎって珍しい光景にであう


 最初に痛烈に感じたのは、今でも実物をそれ以降見たことないのだが

奈良公園の猿沢池で コアジサシ が獲物を狙ってダイビングを繰り返している時だった

アジサシは私のお気に入りの鳥なのだが

毎夏のように海に遊びに行ったのに、いまだにあの時以外現物のアジサシを見たことはない

奈良公園のお土産屋さんに出入りする知人に話すと

何度か見かけたことがあるということだった


この、カメラのないときのシャッターチャンスというのは

最近になって特に頻繁で

近所のショッピングセンターそばで信号待ちしている時

駐車場わきの広い空地の、しかもど真ん中で

公然とセグロセキレイが交尾をしていたり

スーパー横の公園の木にイソヒヨドリの雌雄が休んでいたり

昨日なんか、鳥小屋にいて、しかも行く前にカメラが目に入ったにもかかわらず

もう夕方だし、特に撮るものもないだろうと持たずに小屋の中にいると

2,3メートルしか離れていないフェンスの上に

カワセミが休みに来たという・・・

それがすぐに逃げると思っていたのに

なんでカメラ持ってない時に来るのさ

と声をあげているにも関わらず逃げもしないで長い間休んでいたのよ

悔しいったらないわ!

お腹泥んこだったし、汚い奴だったけど

こんなにそばに寄ってくれてありがとう だわ

あ~~悔しかった

悔しかったので、好い思いをした写真を載せておこう

donattu2.jpg
                       保冷材ポケットまで付いてるんだヨん

今年の春、心斎橋のミスタードーナッツで焼きドーナツに続く

蒸しドーナツを販売するとワイドショーか何かだやっていて

その日大阪に行くという知人に様子を観てきてくれるよう頼んだのだけど

すごい行列で寄りつけなかった     donattu1.jpg  って結果だった

ところがこの11日、外出から帰った私を冷蔵庫で待っていたのは

まさにその蒸しドーナッツたち


幸せな一日だったなぁ~~~

donattu3.jpg


うふふふふふ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR