あたたかいですねえ

 1月20日

頼んでいた餌を引き取りに鈴鹿に向かっていると

yukinomeihan2.jpg

前日、K-ちゃんの来阪を阻んだ雪がまだ残っていました

 年末になって数羽のオカメインコが調子を崩し

昨年ほど寒くないこの冬になぜと思っていたら

暑い時期が長かったために夏向きの採餌が冬寸前まで続き

栄養不良の個体が多く発生する結果を招いたということらしく

あわてて栄養価の高い飼料を与えることで改善されました

 オカメインコにのみ起こったことで

同居しているにもかかわらず

アキクサ、ウスユキ、キンカらにこの傾向は見られず

  usuyukiboys3.jpg

   usuyukiboys4.jpg

雄同士でディスプレイは日常茶飯事

不調のオカメインコを尻目に

互いに乗りあうデモンストレーションまで見せています

 usuyukiboys.jpg

          usuyukiboys5.jpg

ウスユキは見た目では雌雄が判別できないでしょうが

こちらははっきり解っていただけると思います

ブラックチークとブラックフェイスの雄兄弟昨秋生れのキンカチョウです

下の子はまるで雌のように尾をゆすって見せました

仲良く巣作りもしています

   kinkaboys.jpg

アキクサも発情していて

営巣場所をさがしているのか狭いところがあると入ってみています

この行動は雌にのみ見られるので

おそらく営巣場捜しでしょう

      chesessu1.jpg

 初めての時は

一羽見当たらないので逃げられたのかと心配したものです


 人の気も知らず、すました顔で出てきました

chesessu2.jpg

見張りのように雄がいることもありますが

雄が入っているところに出くわしたことはまだありません


 ウスユキバトは海外サイトで

原種がブルーとされていましたが

目の周りが赤くてもブルーと言うのでしょうかね


 ブルーで思い出しました

コキンチョウのダイリュートが日本にはいないように

載せたことがありましたが、考えてみたら

Dr.丸氏のところでブルーのダイリュートの写真を

撮らせていただいたことがありました

  やぁ 失礼、失礼。


 今年に入ってから

レース鳩を見せていただく機会が多くなりました

飛ぶために進化してきた鳥を飛ばすために飼育訓練する世界

先週末には、東京で行われたベルギー・オランダといったところの

有名な海外ブリーダーの昨出鳩オークションも見せていただき

われわれ一般の飼い鳥とはちがった

厳しくも華やかな世界を味わってきました

どこかで紹介できる機会があればいいなと思います


 鳩の写真に触発されて

ストロボを使ってみました

まあまあ撮り易いのはこの鳥

 akikusaflash.jpg

狙い撃ちとはこのことです!!








   
   


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR