がっかりかなあ~~


 4月末と言えば恒例の石の展示即売ショ―

んで、ここ何度かに違わずがっかりして帰ってきました

手に入れようとして行ってみたわけではなかったのですが

期待していた石がどこのブースにもなく

他の探してみようと思っていた石がたった1点

ガラスケースの奥の隅にひっそりと

あれかなあ~~と確認できないくらいの存在で置かれていた程度でした

以前掘り出し物を見つけた店に足を運ぶと

これ、なかなか手に入らなくなった ルべライト・ガーネット ね

とまさしくルべライトらしきものを発見はしたものの

しっぽにガーネットとつけてくれたお店の人に免じて

そっと元に戻して帰ってきました

傷は別にして

ビーズで7ミリクラスのルべライトが¥4000.-だったら

これはホントにほりだしものだよ

あり得ない? 石の値段はそんなものです

いくら出合いと言っても

パワースト-ンの名の元に

身の程知らずな大金をかけないようにしましょう

N… 自己反省?? かも


そうそう、展示会場の近くのショッピングセンターに

トラジャコーヒーというお店がありました

KEYコーヒーが販売始めた当初こればかり飲んでたので

店が出来ていたことに感激

懐かしくて一休みして帰りたかったのだけど

昼食とったばかりと指し餌雛が待ってるのとで

お土産だけ買って帰りました

また大阪に行く機会があったら

今度こそ一休みしてみたいもので

奈良にはありませんから

またいつか の楽しみにとっておきましょう


      texcgm3.jpg

 さて、今月は遺伝の基本を理解する為の簡単な説明について

書かれた部分を読んでみましたが、学校で習った遺伝の基本を

思い出していただく事で説明の代わりとして

逃げるのです!! はい

とはいうものの、色とりどりに変化したインコを目にしたとき

私は忘れてしまっている

ブルーとかシナモンとか変異の遺伝子ばかりを語り

何千とある遺伝子のたった一つ(あるいはひと組)が変異しただけで

緑の鳥が青になったり、茶色になったりするのであり

他の変わらない何千の遺伝子について考えることを

省略してるだけなのだという事実を再認識させられました

 遺伝子一個の存在ってチョー偉大なのです

 他には、遺伝子族の説明

同じ遺伝子座を共有する変異仲間の様な存在があって

その仲間内では特別な方法による協力があり

2つの異なる遺伝子を継承した場合

元の遺伝子による外見とはまた異なった外観となり

ここにまた違った特別のネーミングがなされ

こりゃまた困ったことであります

    なんてことが書かれているようです

 ブルーのところでまた説明があるのでしょうが

セキセイインコのブルーの遺伝子族に4つのメンバーが存在するそうです

セキセイインコのことは 全然わかりません ごめんなさい はい


 今回この話はこの辺にして

ワカケは大きい2羽の色がだんだん見えてきました

wakahina_201404302120033ba.jpg

2番目はブルーですが

一番大きい子は、グレイにしては色が薄いように感じられます

まだはっきり分かりませんが

かなり前に同じ両親からフォーンが生れた事があるので

それかまたは シルバー…

またおベンキョしときます

   kareaq.jpg
 両親です。今も仲がいいところを見ると、も 一回なんて考えてるかも

やめてくださいねえ

            sutoki.jpg
  オカメ達も、冬の間に体を壊した鳥たちに栄養豊かな餌を与えたので

元から元気な連中はさらに元気を持て余してしまって

この春は5ペアだけで繁殖終了と考えているのは飼い主だけのようで

フライトゲージにころころと白いものが降ってわいています


 5ame.jpg

 奈良の5月は一年で一番好きな季節

特に雨上がりの山肌を雨雲がなでるように過ぎていく景色にジンときます

シャッターチャンスを過ぎてしまいました











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
「プラスリン・マルチ」を検索していたらこちらのブログにたどり着きました。
オカメにも「プラスリン・マルチ」を与えているのでしょうか?
うちのオカメもこの冬に体調を崩してしまいました。
急激な気温変化はこたえるのでしょうか?
栄養豊かな餌とは・・・・・??気になります。

Re: No title


 はじめまして コメントありがとうございます

オカメにはレギュラーのプラスリンを与えています

こちらではオカメと小さいフィンチなどを雑居させていますので

同居のフィンチたちがオカメのプラスリンの食べくずを当てにして

拾っているところから、初めはプラスリンをグラインダーにかけ

同居以外の小さな鳥たちには砕いて与えていました

今、小鳥用を使っているのは

フィンチとアキクサ、ウスユキです

オカメより大きいインコには

すべてレギュラーを使っています

ただし、オカメインコは含まれているボレーをあまり食べません

大きいからというより、オカメインコは体質的に

ボレーやカトルボンに合っていないように感じられます

彼らにはプラスリンの中の鉱物飼料や炭などが必要で

整腸の為にも別に赤玉土や炭、くん炭を与えています

くん炭は小さなフィンチ、特にコキンチョウにいいように感じられます


 昨冬の寒さには多くの鳥飼いが心を痛めたようです

個人としては、冬越しに失敗というより

夏の暑さがかなり影響しているのではないかと思います

夏バテで食欲がないとよく言いますが

夏には基礎代謝が下がるので

体自体があまり食べることを要求しないように出来ていますよね

夏の暑さが長く続いたせいもあり

オカメ自体があまり多く餌を摂取しなかったので

冬越しの体力に間に合わなかったというのが実際の様なのです

1月になって

栄養豊富というより、若い鳥や雛たちの喜ぶ

オーツと赤粟穂をこれでもかというくらい与えました

もともとよく食べていた昨年春の雛たちは

問題なく元気に冬越ししたのに対し

3,4歳になる一番元気なはずの成鳥たちが何羽か落ちましたので

夏から秋にかけての餌が冬越しのポイントになるのかと思います

 オーツと赤粟穂は、少し体力の落ちていそうな鳥や

病気かもしれない鳥たちにはいい飼料のようです

食べる癖をつけておくと便利です

あわせて、小粒のヒマワリも与えましたので

春の雛たちは雄が多い

籠飼いの特に室内のオカメには

ヒマワリや麻の実はお勧めしません

 
   まった 来って ね~~っ  








最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR