まぬけなわたし

カラスが ムクドリが シジュウカラが メジロが コゲラが

そしてエナガまでひなをつれてやってきた今年

久しぶりにヒヨドリがモクレンに巣をかけたのは十日あまり前

よりにもよって水場の真上に掛けるから、人の気配を感じるとすぐに飛び出してはいたけれど

しっかり抱卵していて、孵化も近かったはず。ところが

あまりに茂った水場の周りの雑草を刈ったところ

いとも簡単に放棄

図太い鳥という印象を持つ人は多いようだけど

繁殖となると結構デリケートなんだね

ブルーベリーのおいしいところは

今日もちゃっかり夫婦で味わって行きましたとさ


このことが間抜けというわけではなく

もちろん 気づいていた方は笑っちゃってたと思う

今年のワカケの雛5羽のうち

ブルー2羽 グレイ1羽はオス

フォーンはメスです

当然 です

お父さんがブルー・グレイ・シナモンと言ったところで

子供の雌雄は決定していました

あはははは ブルーとグレイは雌雄どちらかと悩んでたり・・・

日ごろから 色変わりにしつこい私が何たる失態でしょうね

まあ、しかたないところもありまして

このお父さんは前妻との間の雛を入れると

20羽は優に越えているのですが

今までにフォーンが今回で2羽目ブルー・シナモンが今回で2羽目と

雌の数はまだ4羽程度、オスのグレイでさえまだ3羽と雛はブルーばかり

生涯を通せばだいたい雌雄半々を産み分けると理屈ではいわれてるけど

実際はやっぱりちがってくるのねえ

でもここまでとは思わなかったわ

ちなみにオオハナインコはメス腹とオス腹にわかれ

オスばっかり産む親と反対の場合が多いように聞いてます

そうそう さらっといいましたが

今年2度目のワカケの雛はブルー・シナモンでした

ワカケの場合

ブルー・グレイ・シナモンに当たるフォーンをシルバー

ブルー・シナモンをスカイブルーと呼ぶことも

常染色体劣性遺伝なんて勝手に思い込んでしまう原因になっちゃったみたい

お騒がせしました

       ladyskyblue.jpg

可愛い子でしょ 女の子です めんどくさいので指し餌しません


T2氏のコキンチョウでパステル変異の両親と子供の色

を載せるはずだったけどT2氏は今年引越しの為に何かとお忙しく

この件は断念しました

でも少しは写真も載せておきましょう

     GF140709.jpg

右手前の青い鳥は Dr.丸氏のところから来た黒頭・シングルファクターバステル・ブルーオス

左は黄頭シングルファクターパステルオスです

後ろの2羽はノーマルの雌雄

このパステルのオスたちにノーマルのメスをかけると

メスの半分は黄色い色で生まれるはずで

これだけ色の違う親から

頭の色をのぞけばほとんど同じ色の雛が生まれるなんておもしろいなあ

ブルーのオスとノーマルのメスから黄色い雛が生まれるなんてこれも

ちょっとおもしろいと思わない

ところがT2氏やDr.丸氏のように長くコキンの繁殖をしているところでは

一度シルバーや白胸で色抜けしてしまった鳥たちを

また黄色と掛けてみたり、ブルーをかけてみたりと

複雑になってしまっているから

今度は逆に、雛の色から親の持ってる遺伝子を

割り出す形になって

これまたおもしろかったり

メラニン色素が抜けてしまうので

色がクリアになるのもいい特徴かな

もう少し丈夫で飼いやすい鳥だったらこの品種のおもしろさを

もっといろんな人と分かち合えるのにねえ

   GF140709-3.jpg
    同じノーマルの胸色のはずだけどブルーの遺伝子が黄色を抜いてしまうので
       違ってくるのがおもしろいです。ノーマル胸の鮮やかさに黄色も一役買っている証拠

GF140709-2.jpg
           メラニン色素が少し薄められて 淡いブルーになっています








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: コキンチョウ綺麗ですね

> 最近コキンたち見ないな~インコちゃんの繁殖できっと忙しいからかな~って思ってました!
> わあ・・・ブルー・・・・ブルーコキンちゃん入手されたんですね!憧れでございます。そうですね、もうちょっと丈夫なら
> いいのですけどね、どうしてもまだまだ怖くて手を出せません。これからの記事楽しみにしております。
>
> そうですよねぇ、ヒヨドリも非常に神経質でヒナも若鳥でしっかり育ってから人間界に連れてきますね。
> 山鳩もそうですね、今年はかわいいヒナっちょを2羽も連れてきて・・・「ここがなかなか良い餌場でねぇ~」なーんて母ハトが紹介したもんだから・・・(;・∀・)野生だからあまりエサを与えたらいけないと思いつつチヨチヨとご挨拶してお待ちするのでついつい与えてしまいます。すっかり懐いてしまい、一日中ベランダで遊んできます


Re:美雪さんだぁ~~

あっ ど~~も~~
いつもありがとさんです~~

入手された   というかあ

……

美雪さんの環境ならブルーでもOKだと思いますが
コキンチョウで一番難しいのは
どこから鳥を迎えるか ということのようです
コキンは基本的に換羽が済んでからショップに出回りますが
新しい環境に順応しにくいかもしれません
もといた環境と類似したところで飼うのなら
比較的問題なく、迎えられると思いますが
環境が合わないと突然調子を崩し
あっという間に落ちてしまうなんてこともあるみたい

コキン特有のウィルスか何か存在する様で
数種を雑居させていて
新しく来た個体を同居させたところ
コキンだけがバタバタと感染して落ちていくなんてこともあるようです
自分の環境にあったいい鳥選び につきるといっても過言ではないかも
その意味でも最低限、元いた環境を説明できるところで
手に入れることが肝心かと思います

出来ればブリーダーさんから直接手に入れてください
いいブリーダーはいい鳥を手放しません
必ず予備軍を確保しているはずです
もちろんいい鳥から手元に置いていくので
いい鳥が残っているはずです
そんな人が
もう繁殖の場所がない とか
仮母が足りないなんてうっかりもらしたらこんな好機はないよ~~

自分の目で鳥を確認するのはいうまでもないこと

どこでブリーダーさんと知り合うかと言えば
鳥のクラブの品評会が理想
自分で繁殖した鳥を展示しているか必ず確認します
品評会に集めてきた鳥を出す人も結構いるので
自分で繁殖したという方が
体格 色つや 活力共に申し分のない鳥を出していたら
とにかくお友達になって
何でもかんでも質問することです
自慢げに苦労話を聞かせて下さる方は
いずれいい鳥を手放して下さるでしょう

初心者は店やオークションで簡単に手に入れると
失敗を繰り返すことになり結局時間もお金もかかるので
じっくり、一発勝負の気持ちで
いいブリーダーさん探しをしてください
そうそう
パステルは優性遺伝なので
ブルーもさすがにパステルは初心者にはお薦めしないな
シルバーのオスはブルー・ダブルファクター パステルなので
手に入れるのは飼い方のノウハウを習得してから

挑戦あるのみ!!

この間見せてもらった滋賀の方はコキンのベテラン
6、7歳になっても繁殖するよ と教えてくれました
いったい何年生きるの と聞くと
う~~ン 6、7年かな だって

          頑張れ !!

でもやっぱり ワイルドタイプから入るのが基本だけど…
ノーマルのストックを持っておくことは大切だよねえ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR