やっと慣れたころに


 ここ数年、夏休みの初めに小学校の水泳教室のお手伝いをしているのですが

昨年から校区の小学3,4年生がより泳げるようになるように手変え品変えアドバイスをしています

多くの子供たちが、なぜか自分は泳げないと思いこんでいるだけのことが多く

ひとことでハードルをクリアしてしまう子もいて

その変わり身のすごさには驚かされます

 今回は、どうやっていつも顔を洗っているのかと疑問になるほど

極端に顔も付けられなかった子が

鼻をつまみながらも1日で頭まで水に沈める様になり

最終的に浮かんで、ケノビの姿勢がとれるようになったり

5メートルしか進めなかった子が一気に20メートル進めるようになったり

15メートルしか泳げへんねん  と変に自信満々で語っていた子が

軽くクロールで25メートルゴールしたりと

沢山の感動を味わえた4日間でした

や もお 習慣的にはほとんど泳がなくなった今の自分が

1時間に700メートル泳ぐよりはるかに疲れた1日1時間だけの授業でしたが

気分はさわやか、この暑いのに毎日よく眠れたこと

 数年前に行ってたもう少し田舎の学校では

授業中にもカワウがプールに入ろうとしてやってくる姿が見られましたが

昨年のこの小学校ではそのようなこともなく、まさかと思っていたところ

今回は初日からカルガモらしい水鳥の羽根がたくさん浮いていて

トンボの残骸まであり、来ていると解りました

2日目には子供たちがプールサイドに出た時にも

鳥が泳いでいると騒いでいるほど大胆だったようですが

私は姿を見かけることもなく、残念と言えばそれかな


 ヒマワリが例年は一度で終わってしまうのですが

今年は曇る日がずっと続いたためか、2番手がいくつか開きました

この夏最後の大きな一輪を今年生まれのワカケ達にあげましたが

最初にやってきたのは

こちらではいやしんぼで有名なこの子

     cheehima1.jpg

なんでここを食べるのかわかりませんが、次に種にかかります

cheehima2.jpg

オカメがいようがワカケがいようが平気なので、こちらがひやひやします

 最初に種を抜き切って食べるにはある程度のコツがいるらしく

てっぺんだけかじっちゃうヤツもいました

cheehima3.jpg

どの鳥かはわかりません。 こんな状態が見られるのはつかのまですけどね

cheehima9.jpg

              cheehima6.jpg

縁をかじり始めたので、葉っぱが欲しいのかと思ってレタスの外葉をあげました

    cheehima7.jpg

 レタスを鳥にやってはいけないなんて話が伝わっているようですが

私は少なくとも10代のころから鳥にはレタスと思っていました

うちの文鳥はキャベツや小松菜をまったく食べずに

レタスばかりを喜んで食べていましたので

レタス以外は食べないなんで思い込んでいたこともあったほどですが

それが原因で問題が起こったと思い当たる節はいまだありません

ただ、数年前にブンチョウ再燃 と飼っていたころは

鳥のほうが喜ばなくなっていたので、レタスの質が変わってしまったのか

両親が作っていた畑のレタスがおいしかったのかはわかりません


 インコの魅力の一つに物をくわえたまま飛ぶ姿がありますが

ワカケは脚でつかんだまま飛ぶこともあります

初めて家で生まれたブルーの兄弟の一羽が

私に非常に懐いていて、とにかく私が持つもの食べるものに興味を示し

執拗に追いかけてきてマグカップのコーヒーは飲むわ、その頃流行っていた

スターワーズのR2D2 のフィギュア風ペットボトルのキャップを

脚でわしづかみにして持って行ってしまうなんてことが何度もありました

一番好きなワカケで、あれ以来本格的にワカケファンになったかも


        cheehima4.jpg

 ヒマワリの葉は毛が生えていて、何もそんなところをと思うのですが

かじって味見してみただけのようでした


 近所のツバメたちもすっかり子育てを終え姿を見せなくなりましたが

時々シジュウカラの声が聞こえていたので、庭木に虫が付いているのかと思っていたところ

隣の庭木に可愛いお客さんがいました

    まだかな
  matteru6.jpg

        まだかな
             matteru4.jpg

            あら あなただれ?
                     matteru5.jpg
                 って親鳥を待つシジュウカラの仔で

私の姿に逃げ出すでもなく、見つめ返されました

この辺りのシジュウカラの子は少し黄色みを帯びています

岡崎立氏のシジュウカラのイラストでは雛も親鳥と同じ色をしていたので

なぜかと思っていたら、国内でも亜種がなん通りかあるということらしいです

かわいけりゃ なんでもいいや   ピンボケでごめんなさい

かわいけりゃいいよね   あはは 

         sijuuhina3.jpg
     もう一羽も私に気がつきましたが

またすぐに親鳥を待って、空を見上げていました

 
        JBSAAから沢山ポスターが送られてきました
          bsac2014.jpg

もし何の割引券もなしで行ってみようと思われてる方は

今月中にコメントにメアドを入れてひとことくだされば

こちらからお返事させていただきます。住所を教えてください

¥200ですが割引されるこのポスターを送らせていただきます
             tike.jpg
   せめて¥500と言ってほしいなあ  ねえ

ブルーのワカケ達(オス)も連れて行きます。当日¥20000で販売しますが

このブログを見たと言ってくださればブログでの紹介価格にて

お迎え頂けますのでヨロシクお願いいたしますね

              cheehima8.jpg

                                  本日 以上  でございます



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR