まったくねえ


 随分な御無沙汰で申し訳ないです

ネットにさえつながない日々でございました

や 別に意味もなく なので、よけいに失礼なやつでございます

はい

 さて、最近は前にもまして写真を撮る機会が増えてきましたが

いつものようにこんなハトさんの写真を撮っていたら

隅っこに何やら一生懸命なやつがおりまして

      dakko5.jpg

   dakko.jpg

  どうしたのと聞いてみたところ

          dakko4.jpg

  いいでしょ  と見せてくれました

    dakko2.jpg

この数日前から卵が床に産み落とされていて

てっきりハトだと思っていたのです。だって、この違い分かります?わずかな違いがあるのですが

  tamatama.jpg

実はこういうことで

      tamatama2.jpg

たくさん卵を産むアキクサインコは卵が一か所に集まりやすいように

片側がとんがり気味になっていますが、ウスユキバトは基本的に2個しか生まないので

きれいな楕円形になっているのです。では

           tamatama3-2.jpg

                 どちらの卵でしょ

まあ、卵は可愛いし、今回はシングルマザーの卵で無精なので

どちらでもいいということにしておきましょう

で この前に産み落とされていた2個をそばに置いてやったところ…
  
dakko3.jpg

全く興味がなく、一生懸命一個の卵を抱いていました

二日後にもう一個生みたした時点で、ほったらかしにしていた2個も合わせて抱きはじめ

さらに2日後に一個足し、5個を一生懸命温めていました

アキクサの抱卵はまるでこん睡状態の様でいつも心配になります

ときどきふっと産座を離れ、けろっとした様子で
               dakko6.jpg

餌を食べたり、飛びまわって運動したりの休憩を入れるとまた抱き始めます

あまりに一生懸命で、はみ出した卵にも気がつきません

          dakko7.jpg

いつの間にかまたはっと我に返って、寄せ集めます

18日ころから抱いていましたが、今日はもう完全に立っていました

気がすんだのでしょう。小さい体に産んだ卵は全部で7個

          dakko9.jpg
            
いい殿がおムコにきてくれるといいなあ

それにしても、今年の春の子なのですが、おマセなことです


 アキクサたちはおおむね穏やかに暮らしていますが

やはり発情すると意地悪になり、あちこちに喧嘩を売って回ります

    ijiwaru.jpg

女の子には大なり小なり、ヒステリックになる時期があるようです












  

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR