てんこ盛り

この冬はかつてない豪雪になると予想されていますが

日本海側、北日本の方たちは準備怠りなくのお正月準備でお忙しいことと存じます

雪が降る、道路が凍ると言っては戦々恐々なる身には考えられないことでございます

以前は車を買うと必ず準備していたチェーンさえ持っていません

物価の高さに買い物に行く脚も遠くなり、丁度いいかもしれませんが

皮肉なことにガソリン、石油はどこかの国のどこかの国経済制裁とかで安くなっています

北国の方たちにもこの点は救いかもしれませんね


遅くなりましたが11月の初めに岡山のブリーダーさんを何軒か尋ねました

その時、ゴリラハウスさんにお土産をいくつか頂き、その中にこんなものが…

            IMG_0351-2.jpg

かぶらやキャベツ、玉ねぎの類はこの辺りでも見かけるのですが、大根は初めてです

         IMG_0353-2.jpg

どう料理したものかと後日電話で尋ねてみると

親切な奥様に なます がおいしいと伺い、至って好きな私はすぐに作ってみました

        IMG_0360-2.jpg

なんて素敵なピンク色。こういう例えは淋しいですが、色付けしたみたいにきれいな色に上がりました

ゆずで香りづけして いとおいし でございます

結構いい量でしたので、残りは

            IMG_0451-2.jpg

これは数年前に 個人食堂 を経営されていた方のおかみさんにならった、いとも簡単お漬物

市販の塩コンブを刻んだ材料に合わせて袋に入れたら揉み込む

容器に入れたら容れ物ごとふってシェイクで

薄くスライスした時は数時間、ぶつ切りにしたら数日漬けでおいしく頂ける

もおねえ、この手軽さとおいしさには虜になっているのでございますよ

白菜、キャベツ、大根、きゅうり なんでも来い


え~~~ 鳥の話をこの辺りで…


ヒノマルチョウが面白くて、毎日目が離せない存在になりつつあります

きゃつらはかなり賢いかもしれません

とにかく、飛んでる写真を撮るのは難しく

庭箱に入れている時はかなり神経質で、弾丸のように飛んで逃げ回りますが

広いところに入れると結構近くまで寄ってきて

その目が 何かおいしいもの(連中にはコーン、ミルワーム、ヒマワリなど)ないのと催促しているようです

以前にもブログに載せましたが、寒い日には結構したたかに暖をとります

         samuyoru1.png

この日はあまり寒くはなかったのですが

凍えるほど寒かった時には、ハトの下に赤いものが見え隠れするので

いったい何を抱いているのかと思えばヒノマルだったという事がありました

小さいフィンチたちもそれなりになかなか生きるための知恵を積んでいくようで

たくましい存在です。ハトたちも寒い夜は満員電車状態

   IMG_0003-2.jpg
 
何羽か赤眼がいます

ファローといって良い種でしょうか

前にシナモンの様なウスユキバトがいると書いたのですが

ウスユキは原種がブルー種ですので

正確には フォーン とすべきでしょうね

ウスユキは全てが劣性遺伝と聞いていますが

劣性遺伝ならそもそもシナモン種の定義からは外れます

ハト特有の茶色系品種の系統のひとつと考えるべきなのかもしれません

フィンチ同様にフェオメラニンでしょうか

私のところでは今のところメスにしか出ていません

赤い目の鳥も今のところメスだけです

一見黒く見えますが、弱視特有のゆっくりあたりをうかがう飛び方で

極めて写真の撮りやすいモデルさん。 赤目の特徴です


そうそう、オカメインコの指し餌が長い場合、どこで一人餌に切り替えさせるか

という質問が良くされているようですが

健康でいい鳥に育てるにはとことん与えるのが条件です

いくら体が小さくてひ弱そうでも早い子は巣立ち後さほど時間をかけずに一人餌になりますが

いくら体格が良くてもいつまでも食べる個体はいます

これは特にメスに多い特徴で、いつまでも食べる鳥は

私の経験上は発情も早く、いい母親になります

長い指し餌と言っても人間の子育てに比べれば極僅かな期間です

手抜きは後でリスクを抱えやすくなる元

生涯に責任を持つ意味でも、しっかりいい鳥に育てましょう

今のところ私の最長記録は5カ月

男の仔でした


指し餌が残ると喜ぶ連中がいまして

オカメの大人たちも欲しがりますが

ワカケもヨウムもテンジクバタンも好きでした。こいつにはお行儀よく食べるよう躾ています

りっぱな大人の行儀の悪いのは頂けませんからね

          IMG_0080-2.jpg

お茶碗はちゃんと持ってたべましょう

で てんこ盛りというのは

       samuyoru2.png

ジュウシマツの就寝時間です

15羽いるはずなので、他には見当たらなかったところをみると

裏側に3羽ほど隠れているかもしれません

              ゴリラハウス
              ゴリラ氏のところで撮らせていただいた写真を載せました
             HPの新しい話のロゴはなぜかリンクしませんので、こちらからか
             新しい話の下にある目次の ゴリラハウス をクリックしてみてください
                                        











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR