ひなひな

韓流の時代物を見ているとよく鳥がでてきます

チャングムの誓いにはアオハシインコ、チュモンにコザクラインコ

大風水ではチソンの初めての登場場面で、かなり色抜けしたセキセイインコを

占い鳥とするなど

手頃すぎるものが使われていると、時代考証がつまらなくなり

太王四神記のようなおとぎ話が

なんにも気にせずただ楽しめるもののように感じます

  やぁ チュムチのキャラすきだわ~~

残酷なシーンは嫌いですが、切る前から血しぶきの飛ぶ場面は笑っちゃいますヨね



手乗りの雛に使った敷き藁を一時的に庭に置いていると

2メートル四方くらいに散らかすヤツがいて

誰かと思っていたら、こいつでした

      mukunn2.jpg

数年前から近くで巣引きをしているらしく

このしシーズンになると毎年やってきます

巣材にはこんなものも使われます

             mukunn.jpg

埋めておいてもいつの間にか掘り出します

      犬の糞ですが…

これをほかの巣材と合わせ営巣場所に練り付け

それから羽毛を敷いて温かい産座に仕上げるようです

糊替わりですかね

mukunn3.jpg

ここは羽集めにもいいところのようです


   5月の連休初日にはこんな姿も見られました

   karu.jpg

カルガモのペアです。毎年今頃はペアでいる姿が見られるのですが

10年以上も前に一度一羽の雛を連れていただけで

裏の池では外敵が多く繁殖には適さないようでした

今年は違ったようです

       karu2.jpg

池を泳ぐ子連れに思わず かっわいい~~ と声を出し

    出すわねえ あれじゃ

無事ならいずれ子供を従えて泳ぐ写真も撮れるでしょうが

早速カラスの夫婦が様子をうかがっていましたので

おそらく生まれたばかりと思われる6羽ほどの雛は

いったい何羽生き残れるのでしょう ね    ハイ、おまけ
           karu3.jpg


前に白いセキレイを見た話をしましたが

今度はシナモン色のツバメをみました

ツバメも原種はブルーでしょうからこの場合も

シナモンではなくフォーンと表現すべきでしょうね

我が家の連中は相変わらず呑気で

日向ぼっこ愛好者が増えました

   150508akibollo.jpg

          150508akibollo2.jpg
 
こちらなどまるで死んでるように見えますが

     marude.jpg

お昼寝です
       marude2.jpg











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR