オフだと言ってるのに

相変わらず、勝手に殖えようとする連中が後を絶ちません

       

オスは右足を踵から失っているので、有精卵があってもほかのオスの仔だろうと思っていましたが

結構抜けてるパイド柄の子供がいるところを見ると、過去に何度か無精卵を産ませていましたが

ようやくちゃんとした交尾ができたのかと祝ってやりたい気持ちになりました

      IMG_0443c.jpg

       上の矢印がお父さん、下の矢印がお母さんです

                       IMG_0443.jpg

最近ウチのオカメたちは、おかしな社会生活を営みだしていて

その一つがこちら

           sewazuki.jpg

赤の他人の世話好き男が餌を与えているのですが

おかげで雛はすぐにおなか一杯になり、せっかくお母さんがあげようといっても

雛の方で受け付けないという場面をしばしば目にしました

こちらにもおかしな関係を築いている3羽がいて

     オス
     IMG_0163.jpg

            オス
            IMG_0333.jpg

   メス
    IMG_0445.jpg

で抱卵育雛しています。すぐ上の写真は生まれた雛が迷子にならないように

雛のいるエリアを狭くするための枡を手前に入れたところです

お母さんが片目なので、冬場にはトイレに出たまま迷子になったり

悪い方の目側にいたヒナにうまく餌が与えられなかったりで

何羽か育たない子ができてしましました。この暑さでは

凍えるような心配はありませんが、生まれて間もない子供たちには

広すぎるおうちは命取りになってしまいます

toriodekosodate.jpg
オス2羽が雛に餌を与えているところです。上から覗いているのは最初に紹介した世話好き男

こちらの雛も気になるようでよく様子をうかがいに来ています

巣箱の中の右は、少しシナモンが入っているような写真になっていますが2枚上の写真のオス

クリアパイドで、彼は腰が曲がっているので交尾できません

目の悪いメスと仲良くなったので、子供はできなくても仲のいいペアで

暮らしていってくれたらいいなと思っていたのですが

第2の男が出現し、このオスと目の悪いメスの子供を

3羽で育てているというわけです。第2の男はどうやらクリアパイドをメスと思っているらしく

この間上に乗ろうとして怒られていました

余談ですが、全身が黄色い男たちは仲間にメスと間違われることがよくあるようです

こちらの3羽親家族も前家族と同様、3羽で餌を与えているために雛はすぐに満腹になってしまうようで

時々、親が食べ過ぎた餌を吐いているのを見かけます

      toriodekosodate2.jpg

ほかの鳥たちも、隙あらばここで殖えてやろうと

                   常に様子をうかがっています


     8月1日埼玉スーパーアリーナで行われる バードアンドスモールアニマルフェアに行きます

     この日一日だけですが、楽しんできたいと思います。今年は台風の心配 ないかな



















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR