およぐかい


およぐかい

の話をしようとすると

日ごろから、何かと泳ぐ話をする私のことなので

若いスタッフは 「泳ぐ会」 というのがあると思ったようで

しばらく話がかみ合いませんでした


泳ぐかい?

T-2氏の友人がメダカをいく種類か飼っておられたので

見せてもらっていると 貝が…

     oyogai2.jpg

死んで浮いてると思ったのですが

目に見えないような速さで

どうやら泳いでいるようなのです

          oyogai.jpg

数も増えていきました

あまりにもおそいので、いつまでも眺めているわけにもいかず

飼っておられる鳥を見せてもらていたところ

壁面に到達、ゆっくりくっついていきました とさっ

oyogai3.jpg

メダカですか?

紫式部とか言っておられたように思います



私がアキクサインコを飼うきっかけになったのは

こんな鳥でした (写真右)

chief.jpg

これは別の個体なのですが、通称ピンクファローといわれる

オパーリンファローです

ピンクとグレイの甘い色合いがたまらなく気に入ったので

ファローを引く(巣引きする)と宣言して回ったものの

現実的にみて、かなり悲観的にならざるを得ない状況でした

ルチノー以外の目の赤い鳥は全てがファローとして扱われているようで

ノーマルファローなんて言葉まで業界で平然と通っています


春に生まれたオパーリンのペアの子供たちです

母親はこちらで生まれた赤目のメスとオパーリンの仔

父親はファローとルチノーをスプリットしていると聞かされているオパーリン

     ninhina.jpg

一番左はルチノーオパーリン(ルビノー)です

生まれてすぐは皆赤い目でしたが黒っぽくなってきた子もいます

              ninhina3.jpg

もう一羽の非常に赤い目の子が、巣立ち頃はこんな様子でした

   fop.jpg

雛の間はピンクが薄いのが普通ですが

ここまで薄い仔は今までいませんでした

         akisan.jpg

右手前(下)の極めて色の薄いのがそうです

最初の換羽始まりの頃です

hembase.jpg

かなり濃くなりましたが、他と比べると特にメラニン色素が明らかに薄く

最近の写真で同腹のブドウ目との2ショットでも

これほど違い(上の個体)ます

   hophem.jpg

これをルチノーシナモンと解釈するか

シナモンファローとするか

はたまたペールファローとするかは不明ですが

目の赤さからファローといって間違いはないようです

写真の下に写っているの個体はおそらくシナモンです

       opcin1.jpg
                 opcin1b.jpg
赤くはないですが、真黒とも言えない色の目をしています


こちらの写真の奥の個体は上の子たちの前腹(一回前に生まれた兄弟)の仔で

同腹の一番黒い目の仔と同じタイプです

    hemniiwing2.jpg

風切を手前の鳥と比べてください、かなり薄い色で

手前の鳥で黒いところがグレイです

        hemniiwing.jpg

ダイリュートというほど薄いグレイとは言えないのですが

フェードというには目が赤いので

ダイリュートファローかフェードシナモンか

とにかく、アキクサの色変種もかなり多種にわたって

入ってきていることは確かのようです

ファローというなら、あくまでも赤い目でなければなりません

メラニン色素が薄くても

  chee.jpg

目は赤
         chee2.jpg

  メラニン色素があまり薄くなくても

B-F1.jpg

目の色は赤です
          B-F1b.jpg



ところで

四国の殿方訪問から連れ帰ったおみやちゃんですが

どうやら女の子のようです

しばらくべたべたして、名前を読んだらまっすぐ飛んできていたのですが

この頃冷たくなってしまいました

それというのも

ちょっとしっぽが変で

何度か捕まえて様子を見たりしていたので

捕まらないよう、手をかわす癖がついてしまったようなのです



何が変かというと

おみやちゃん実は・・・

hyacko.jpg

はっきりと しっぽが短い

抜けたわけでもなく、今回の話の赤い目の子たちとあまり変わらぬ月齢で

特に幼いわけでもないのに

しっぽが短いのです

なので

次の換羽を楽しみにしているのです




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR