南のお方かしら

暖かい週末でしたね

アキクサやウスユキの発情に拍車をかけられて困っています

この時期には毎年のようにこんな暖かい日が2、3日あり

裏の池ではカメがひょっこり顔を出します

昨日は度を超すほど暖かく

かなりたくさんのカメが姿を見せ

中には甲羅干しをするものや早速メスの後を追いかけるものがいました

時々、ここに写真を載せると思うのですが

実家に帰ってきて十数年、ほとんど大きさ変わらず

毎年姿を見せてくれるこのカメも元気そうでした

  hk2_20160214192743146.jpg

いいアングルのときに、生憎カメラの電池切れで

こんなものしか撮れませんでしたが

      hk2b.jpg

今回のサイト検索で

どうやら ミナミイシガメ だったらしいことが判明

誰が連れ込んだのか

仲間もおらず、どんどん埋め立てられていく池にすがる姿を見ていると

可愛そうになります


池では1月からカワセミの声が聞こえていましたが

ようやく昨日になって写真を撮ることが出来

     hk3d.jpg

100m以上の距離があると思うので

まぁ こんな程度ですが

折角ですから、池に映った姿も一枚載せておきましょう

        hk3f.jpg

ペアですね

ここに冬に来るのは珍しいです

珍しいといえば

       bun.jpg

シロブンチョウ

昨年、埼玉のフェアで

バードアンドスモールアニマルクラブの会長が連れてきていた

サクラブンチョウを分けていただいたのですが

        bun2.jpg

この見事なオスの相手にと、Dr.丸氏にねだって

迎えたシロブンチョウが

まさかと思ったセキセイの巣箱で産卵抱卵

       buntama.jpg

さらにまさか…

見事なオスと思っていたサクラまでがメスだったらしく

全卵無精のまま、12個を放棄する結果となりました

私がブンチョウを飼っているというと

ホンマですか

と言われるほど今となってはイメージが違うらしいのですがー

8歳の頃から30代まで飼育年数は長く

高校の頃には50羽ほど飼いました

10年ほど前には、クリームやシルバーなんかも飼ってみましたが

雑居にすると同居のインコたちの眼をつつくので

手放してしまったのです

最近サクラブンチョウをあまり見かけなくなっていたので

置いてみたいと思っていたところに

きれいなパイドを会長が連れてきたので

おねだりしたという訳

囀っていたと思っていたのはどうやらほかの個体だったようで

今どきはこんなに見事に抜けるパイドのメスもいるのだと

感心しながら今年はオス探し



               iwa2.jpg
                昨秋にハイキングで出会ったカワセミも
               かわいいアングルなので載せてみました
                野生種の緊張感をあまり感じません
               

   高槻に行く途中通る、古くからある街道で
   一度歩いてみたいと思っていたところ
   いい連れが出来たので1日楽しんで来たのです

カワセミのすぐそばにはiwa3.jpg
こんな魚も泳いでいましたよ

  今住んでいるところではかつては珍しくない光景でしたが
  色鯉が川を泳ぐ姿はめっきり見かけなくなりました

伊勢神宮を思い出します



        





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR