なんだかいろんなことが起こります

5月にぺっとばーどぺぺさんに手乗りの事で紹介していただき

その話題に興味のある方も時々ご訪問いただいているようなので

ちょっとその話題・・・

8歳の頃から20年以上、ほとんど文鳥を手乗りとしていましたが

オカメを飼い始め、鳥仲間が増えてきた今

結構経験豊かになってきました

といっても、最近は鳥にべたべたされるのが億劫になってきていて

好んで手乗りにはしないのですが

ちょくちょく親が見放す場合があり

特に、アキクサインコには卵から雛が孵った途端

子育てしなくなってしまう個体もいて

まあ 孵化直後の雛の面倒を見るなんていうのは無理だと思っているのですが


前回紹介した天王寺動物園に行った日のこと

実は、生まれたての未だ雛の綿毛も乾かぬ状態の雛を放棄した親があり

1日2日前に生まれたらしいもう一羽は仮死状態で身動きもしなかったのですが

こういうことは、オカメインコで何度か経験していることもあり

ひながまだ肌色をしていたので、掌の中で2羽目と一緒に温めてみたところ

ゆっくり動き始めました

足温器と足ふきマットにくるみ、暖かいお湯を飲ませてその日は出かけ

夕方帰ると元気になっていたので、少しずつお湯、オートミール、ヨーグルトをあたえ

2日目からは少しパウダーフードやムキ粟を追加し、様子を見ながら育てていました

実はその前に指し餌していたアキクサが巣立ちとほぼ同時に調子を崩し

2週間ほどつらい思いをさせた挙句に死なせてしまったので

今回も面倒を見る気はなかったのですが

いつまでたっても元気で、私も頑張らせてもらっている気になり

ほぼ40日室内で育てました

彼らを巣箱から出した時にはまだ卵がいくつか残っていて

有精卵もあったので、それは隣の庭箱で彼らの両親とほぼ同時に卵を抱き始めた

手乗りの若いメスに面倒を見てもらうことにしたのですが

このメスの育てた雛たちは30日くらい、丸々太った状態で巣立ちしたのに対し

ほぼ2か月たつ今でも、後で生まれたお嬢さんは指し餌を必要としています

           bk-hc-3.jpg

お嬢さんというからには、わかりやすい遺伝のルチノーオパーリンの子供で

黄色みが多いですが、両親がオパーリンなので、ルビノーに間違いはありません

ただ、目の色がかなり赤いので、ファロースプリットの影響があるかもしれません

一度生え変われば、もっとピンクの濃い個体になるのだと思いますが

ルチノー系は最初の換羽前に外に出してしまうので

どういう変化を遂げるのかわかりません

何度か食滞を起こしかけ、体は小さいですが

女の子らしくしっかり自分の意見を言う、かわいい仔です

     bk-hc-1.jpg

もう一羽は、仮死状態だったとは思えないほど立派に育ってくれました

で、うっかり指し餌をしている雛がいるといったものですから

とりまるくんちの雛たちも一緒に面倒を見ることになり、こちらは

とりまるくんのサイトで紹介してもらうつもりでしたが

最近店を休んでいる様なので

こちらで紹介することに

   kin-hc-3.jpg

          kin-hc-2.jpg

噂通りキンセイチョウはべたべた甘えてきます

  kin-hc-1.jpg

キキョウインコも預かっています。 慣れが悪いと聞いていたのですが

tq-hc3.jpg

そうでもないように思います

tq-hc2.jpg

中々一人遊びが面白いらしく、ほかの鳥が食べているものをじっと観察してから

自分も味わってみます

  oas.jpg

今年はオーツが豊作だったので、みんなに喜んでもらいました

        tq-hc.jpg

ひとしきり遊ぶとまた飛んできて甘えます

tq-hc4.jpg

話しかけるとじっと聞き入って、自分なりに返事をして

話に飽きたらまた一人遊びに飛んでいきます

べたべた触ったり、ずっとくっついて甘えてほしいという手乗り派には物足りないかもしれませんが

楽しんでいる姿を観察させてもらうのが好きな私には

ちょうどいい感じの手乗り具合です


先月「中日本愛鳥会」の品評会に行ってきました

年々メジャーになってきている催しで、オークションではなく

ちゃんとした買取が安価で、飼い方の説明もしっかりしてもらえるので

一度覗いてみる価値のある催しだと私は思っています

毎年5月に行われていますので、興味のある方はまた行ってみてください

今年私の目に留まった鳥たちは次の通り

nn-ex-kikusa.jpg
   キクサインコ ふつうみられる個体と少し違うようですが
 サイトではこの色を オーストラリアンキクサインコとして紹介していて
 特に珍しいものでもないようです

    nn-ex-jaspa-agate.jpg
   ブンチョウアゲイト 日本のサイトで検索するとこの色が出てきます
  ブンチョウも交雑が進んでいるようです。海外のサイトに紹介されていたので
  アドレスを添付しておきます。 おべんきょ しましょ

       ブンチョウ アゲイト

写真だけでも参考になると思いますが

私のつたない翻訳文でよろしければメールにてご請求くださいませ

  メアドはこちら  zeezeesprit@gmail.com

nn-ex-kakariki2.jpg

     nn-ex-kakariki.jpg
   アオハシインコの色変りですね、始めてみました
  海外ではブルーやパーブルーも紹介されています
  日本でもこれらが紹介されれば、アオハシインコの
  魅力もまた広がりを見せるでしょうね

makige.jpg
   室内に入った途端目についたハゴロモセキセイインコは
  止まり木でずっと前回りをしていたのですが、撮影の頃には
  どうやら疲れ果てたように見受けました

           nn-makikana.jpg
   地味ながらしっかりしていたカナリアにも魅かれました

nn-tetu.jpg
    
               nn-kibasi.jpg

   キンセイチョウはテツバシ・キバシ・シュバシが出品されていて
  知らない人に親切な展示だと感じました

nn-ex-kokonoe.jpg
    ココノエインコのほかにも
   ワカケホンセイのノーマルも展示されていました

インコ類は鳥の加藤さんの独り舞台的なところがあったのですが

いろんな方が出品されていてとても好感が持てる展示でした


鳥好きがたくさん集まるところには笑顔が絶えませんね


                tq-hc5.jpg

























       





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR