肌に触れる水が 気持ちのいい季節です

今年は鳥の日よけにキュウリを植えました

食べるだけなら1本でいいのですが

日よけ目的なので2本



次々実がなり、持て余し気味です

キュウリはすぐに終わってしまうので

フォローの意味でカボチャを植えていますが

うどんこ病にかかりやすく、園芸で一般的な消毒薬ではなく木酢液を使っていて

すぐに効力がなくなるので、まめな消毒が必要です

hiyoke3.jpg

それにしても、後ろの90センチ幅の網戸と比べれば

お分かりいただけると思いますが、立派な葉っぱです

手前には去年の2番煎じを狙いツルムラサキを植えました

こんなものを食べる虫もいるのですね

芯食い虫が入りすでに3本ツルがダメになっていますが

それくらいでは勢いが止まらないように広がっています


春にエメラルドと紹介していた雛が
201607bbem2.jpg

こんな色になりました
       bbem2.jpg

結局シルバーの混色でした

風切羽にグラデーションが入らないところは

ダイリュートかエメラルドの特徴

肩に濃い色が残るのはエッジダイリュートの特徴です

ドミナントエッジのダブルファクターかと思いましたが

頭の色が残りすぎているように感じます

私が以前オールバード紙でエメラルドとして紹介した鳥は今年で4才

こんな色になりました

emekana1.jpg

            emekana1b.jpg

肝臓が悪いんじゃないかって?

どうでしょうね、内臓が悪い鳥は羽がもっと痛むというイメージがありますが

健全な男子で、只今子育て中です

自分の子ではないようですが

そして指し餌中のキキョウの雛はこんな色に

tqs.jpg

白いもこもこの雛はオパーリンかと思っていたのですが

どうやらダイリュートの様です

キキョウを飼っておられる方はすぐわかる色かもしれません

おなかの方はまだしっかり色が出ていないので

次回の紹介になりますが、揃ってレッドフロンテッドのようです

メスは1羽。 それとオカメインコの指し餌を始めました

出したくはなかったのですが

一夜にして巣箱にきのこが「わっ」と生えるという

まるで夏の夜のホラー話のような体験をし

たまらず巣箱を入れ替えましたが

あまりに暑いので家の中に雛を取り込むことにしたのです

tkkame.jpg

パイドの兄弟、兄弟とは言いましたが

シナモンのようなので、メスばかりかもしれません

今回の手乗りのキキョウとオカメは

とりまるくんに相談の上、東京のイベントに持ち込みしようかと思っています

昨年まで さいたまスーパーアリーナ で行われていたものが

今年は東京流通センターで開催されることになりました

近くなった方、遠くなってしまった方も

遊びに来ていただけたらと思います

      詳しくはこちらをクリック
        bmol.jpg


今回は前日の準備日からまいりますので

関係者の皆様、どうかお手柔らかに

遊びに来て下さる皆さまも、宜しくお願い致します










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR