2度めです

ちょっと見にくいですが

嘴に赤いものがついています

飛び回っていると、血ではないかと思い

何が起こったのか心配になりますが

      beakcuff1.jpg

beakcuff2.jpg

           脚輪です

赤・オレンジ・黄といった色付きのものをつけていると

魅かれるのか、オカメが外してしまいます

その頃足を怪我した鳥がいないので

取られた方にダメージはない様ですが

フィンチの脚輪が時々鳥小屋に位置ているのに対して

内径4ミリくらいの脚輪になると、こんな風に

嘴にかかったまま、自分では外せなくなる事があるようです

           beakcuff3.jpg

今回はウスユキバトのもので

私がウスユキの繁殖を始めた初期の鳥につけていました

一羽だけが付けていたので、認識できなくなってしまいました

チクショウ  なのでございます


さて

長い間繁殖をしていると

時々変わった雛に出会います

blueQ20160715.jpg

中止卵の多いアキクサペアの発育遅れの雛で

兄妹に10日以上遅れて巣立ちました

羽も異常で、ちゃんとは飛べません。ご覧のように

blueQ20160719.jpg

腹部にもピンクの羽は一枚もありません

勿論、発育不全なので

いずれピンクも出てくるのでしょうが

オパーリンのブルーではなく

劣性遺伝の品種のBlueが出現するとこんな色になるのでしょう

ノーマルタイプではより一層地味な鳥になりそうです

       blueQ20160719ef.jpg


アキクサのオパーリンは面白いといいましたが

この鳥も両親はオパーリンなので、当然オパーリンです

おそらく、このタイプとしては一般に広がっているローズがきれいなので

ローズを中心にオパーリンの繁殖が進められてきたのではと想像することは出来ます

blueQ20160719b.jpg

コキンチョウの黒頭の話をしましたが

変異と固定の繰り返しが進化の基本です

日本のアキクサでは絶対的人気のルビノーが繁殖の中心となり

ノーマルを知らない人さえいます

コキンチョウやアキクサインコ、ブンチョウ等もそうですが

自然界で繁栄する色形態と

人間社会で好みに合わせられて栄えていく色とはおのずと違ってきます

進化って、ノーマルの形態自体が変わる事でもありますよね

種の保存という観点から考えるなら

こういったことも頭に入れておかなければならないように思います



最初の撮影から4日後

blueQ20160719c.jpg

      blueQ20160719d.jpg

      生え始めたピンクの羽が確認されました










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR