シーズンカラーな奴が

出戻ってきました

弟もいなくなっていることもあり、当初いじけていましたが

        1542.jpg

だいぶ落ち着いてきたようです

1543.jpg

ただ少し怒りんぼさんになりました

    1551.jpg

これが大人になった証拠なのかどうかはわかりませんが

噛んでも全く痛くないので、ついからかってしまいます

1544.jpg

相変わらずかわいいやつですが…


話は変わりますが、だいぶ前からワカナインコに興味があり

飼ってみたいと思っていたところ、秋にショップで変わった個体がいたので

何色かと聞いたところ、店側は色変りとは全く思っていなかったらしく

ノーマルの一点張りだったので連れて帰ってきました

ワカナインコはたまにしか目にせず

ノーマルからいきなりルチノー、ファロー、パイド

となってしまうのと、まだ若い個体ということもあり

換羽でノーマルらしくなるのか自信はありませんが

ヒナの間の色が大人より薄いということもあまりないことなので

色変りで間違いないと思います

         eleg.jpg

シナモンかライムではないでしょうか

ベテランさんがなんで気づかないの?というほどの色だと

私は思っていますが…

因みに パイドですがノーマルの色はこちら

epnml.jpg

中日本愛鳥会のフェスティバルで展示された加ト氏の鳥です

ワカナインコのルチノーは劣性遺伝です

両親はノーマルだそうですので(怪しい話ですが)、この鳥は理論的にはシナモンの可能性が高いです

ただ、アキクサにしてもこの種の鳥は主要な翼や尾羽に構造色を持つので

シナモンにこの構造色が加わるとグレイに見えてしまい

グレイっ気のない茶というシナモンの定義を確認することが難しく思います

深く考えずに風切だけで判断するとライムかもしれません

劣性ライムというものもワカナには存在するらしいので

というより、ワカナの伴性遺伝の品種は今のところシナモンしか書かれていなかった

と思います(オーストラリアの色変わりの本)

ルチノーか完全にノーマルのオスを手に入れれば、証明できる事ですので

今後の私的宿題ということです

案外広がっているのに、扱っている方たちが気づかないでいる可能性もありますね

アキクサではこんなふうです

      tiifwife.jpg

上と右が両親です

羽のメラニン色素の色合いが似ているので

同じ系統のファロー同士かもと思い、合わせたつもりでした

ただ、目の色がメスはオスほど赤くはないので、あるいはと思っていたところ

tiiffami.jpg

やっぱり、雛はただのオパーリン(ローズ)になりました

      roz.jpg

風切が黒ではありません、尾羽が黒っぽいのは、構造色の影響だろうと思います

市場では認識されていませんが、これがおそらくフェードといわれる内種

アキクサにこの色はかなり多いようで、こちらにもだいぶいます

シナモンともども、たいてい目も赤くないのにファローといって取引されています

ファローをお求めの方はご注意

手乗りとして飼っていかれるのでしたら問題ありませんが

繁殖になると、遠回りしてしまうかもしれません
   (その時はスプリットであることを祈りましょう)

母親がなぜこんなに白斑なのかわかりません

小さい頃に親に羽をひかれ、全く生えなくなってしまった部分に

周りの羽の付け根の白い部分が目立っているような感じです

雛の色からすると、あるいはブルー系の色の羽が多く

オパーリンになった時点でメラニン色素領域が縮小

シッタシンの色が広がり、ブルー(構造色)が確認できなくなったのかもしれません

ブルーが消えたり広がったりというのは、アキクサのオパーリンの一つの特徴でもあるようです

何が言いたいのかというと

アキクサのブロンズファローの風切は本来茶であるはずなのですが

構造色の関係でグレイっぽく見えてしまうということ

ダンファローが存在したとしても、すぐには見分けがつかないだろうということです

ペールファローの目はあまり赤くないように感じます

母親はファローなのか、あるいは別の何かなのか

来年の楽しみです

こちらがペールファローのオパーリンなのだと思いますが

akif2.jpg

風切のメラニン色素の模様が

            akif.jpg

オカメインコのオーストラリアンプラチナに似ていて興味深いです

このオスも

akameaki.jpg

さっきのお父さん(右)とは羽の色配分がそっくりですが

眼の色はだいぶ違います


今年も鳥小屋に一人、ああでもないこうでもないと吟味しつつ年が過ぎてゆきます


そうそう、最近パクチーが話題になっているのでしょうか

何かと新しもの好きの私は、数か月前本屋で立ち読みしたパクチーの本が気に入り

アウトレットであったこともあり、すぐに手に入れました

早速試してみようとお店を回るも、現物がないまま数か月が過ぎていきました

ある日野菜売り場に根付きポット入りが置かれていたので

庭に植えてみたところ、寒さも関係なく丈夫に広がってきました

   paku.jpg
  
生でかじったところ、じっくり噛むごとに甘みが出てきて味は嫌いではないのですが

香りというよりにおいがドクダミ草に近く、どう料理してもこれが消えないので

  パス  です。はい

大根のおいしい季節です。非常においしいお漬物をいただきました

         tukemon.jpg

あっという間に食べてしまうも、近所では手に入りません

なので空き袋しかありませんが

皆様、近くでお見かけになりましたら、是非ご賞味を

今年一番のおすすめ漬物でございます

因みに 滋賀のダイゴ漬物製

千枚漬けやほかの大根のお漬物をcoopで見つけましたので

今はこちらをいただいております。はい やっぱりおいしいです

キムチをお試しになりたい方は「餃子の王将」にお出かけください

こちらはかなり辛いので、ご注意を













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR