開通

       banbi.jpg

先日久ぶりに奈良公園に行ってみたところ

仔鹿がたくさん生まれた様で、そこかしこに親子連れの姿を見かけました

小さい頃見たディズニーの「バンビ」の影響か

背中に斑点のあるのは子どもの時と思い込んでいて

シーズンによるものだと知ったのは10年ほど前のこと

5月は奈良公園の一年で一番好きな季節なので

何度も訪れているのですが、一度も鹿の背中に気を止めたことがありませんでした

   banbi3.jpg

まあよくみれば、どの鹿も斑点だらけ

いい大人のオスの似合わないこと…

オス鹿ににあわないと思うのも、先入観でしょうね

でもやっぱり

banbi5.jpg

斑点は子鹿に一番似合うと思うな


ところで

引っ越し先でもやっとインターネットが使えるようになりました

パソコンが色々トラブルを抱え出したので、修理に出したいところですが

何度か更新してからということにしましょう

とにかくここは虫の多いところなのですが

得体のしれないこんなやつも2度ばかり出くわして

びっくりしました

    cookl.jpg

はじめは大きなゴキブリと思ったので

たまたま庭に転がっていたゴキさんと並べて写真を撮ってみたのですが

グロいヤツですわ



癒される可愛いやつもいるので、差し引きゼロと

まぁ簡単には言いたくないですが

この姿にはやっぱり癒されるので

 kyouama.jpg

この トロン とした目

            kyouama2.jpg

気持ちよさそうに、昼寝しているようです

こちらは、籠の底を洗おうと濡らしておいたたまり水

kyoutono.jpg

いつも雑草の中を逃げ回ていてゆっくり姿を見せることもなかったのですが

kyoutono2.jpg

しまった! 見つかった !!

って感じでした。トノサマガエルが庭にいるなんて、何年ぶり !?

あな うれしや


さて、涼しくなって来たので小屋づくりと言いたいところなのですが

中古籠をキットにしていただいてきたので
      (分解しないとのらない軽4なのでね)

とりあえずこちらを組み立ててから、鳥たちをまず外に出し

大き目小屋つくりに取り掛かるという方向に変更となりました

まず、こちらの2台が何とか組みあがりました

t2a.jpg

とにかく屋根なんてまともにつけたことがなかったので、四苦八苦

     (波板の重なり幅が違うなんて言わないでね)

t2af.jpg

向かって左にコモンチョウ

       t2aasf.jpg

右にコキンを早速解放

t2agf23.jpg

さして複雑な表情も見せず、というより

やっとですか、待ちましたよ。 で、この程度なの?って言ってるみたいな態度でした

なんと、もうすでに重量オーバーになってるやつがいて

   t2agf2.jpg

ただただ うろうろするばかり。止まり木に留まることもできません

              t2agf2b.jpg

     やだなぁ 家で生まれた子じゃん !  おでぶ ‼



中古籠とともにやってきた子たちは、次回紹介いたします

きょうはここまで  

さぁ寝よう












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR