早くも出ました

もう完全に後肢のたたなくなった14歳のワンチコリンですが

今朝もはよから吠え続けていました

最近老犬ボケか夜な夜な吠えるので、すっかりめんどくさくなって様子を見ることもなかったのですが

    

今朝、ごみを捨てに行く途中、原因らしき物体にばったり出くわしました

写真左の矢印が我が家の屋根なのですぐそばの家です

こちらは別荘使いにされているので、人は住んでいませんが右隣の畑でスイカを作っています

          osaruup.jpg

群れから追い出された若い雄ザルのようでした

門柱をテーブル代わりにするところは、ちょっとお行儀の良いサルなのかもしれませんが

盗み食いは盗み食い

置いたままにしている方にこそ原因があるのですが

いやあ、これからですよ。寒くなって、食べ物がなくなってきたときです

鳥さんのセキュリティをしっかりせねば!!


さて、新メンバーは次の通り

ホワイトフェイスパイドペア
bbbec.jpg

ブロンズファローが3羽
          a2.jpg

     a1_20170906203152f14.jpg
        すこぶる愛想のいいルチノーに
            lovely.jpg
            まあまあ愛想のいいルチノー
     semilove.jpg

問題を抱えそうな真っ赤な目のでぶっちいルチノーはそれらしく無愛想

makkame.jpg

 ルチノー、ルチノーオパーリン、ファローのアキクサインコ
  lutilubifal.jpg

     私の苦手とするヒムネキキョウインコのブルーペア
          rbblue.jpg

コキンチョウは写真の個体では矢印の子たちと映ってないその他数羽
glmix.jpg

シュバシと思っていたが、どうやらオナガらしいメラニウム変異のキンセイチョウ
         hecmera.jpg  
    「日本人には人気ないけどヨーロッパ辺りではちょくちょく飼われてるよ」

    JBSAクラブの会長がそんな風に言っておられました

で、その会長がちょいと関心を示したのはこちら
    rfccino.jpg
  ヒムネキキョウインコの雄ですがおそらくクリームシナモン(シーグリーン・ルチノーシナモン)

だろうと思いますが、繁殖してみないと分かりません

オカメ1羽とヒノマル2羽は写真が撮れませんでした

以上やね

最近あちこちで野生化した白いユリが咲いているのを見かけます
takasagoyuri2.jpg

鉄砲ユリに似ているのですが、においをかぐとちょっと変な匂いがして

隣の空き地にも一本

反対隣りの溝にも一本とそこかしこに繁殖しているので実生で繁殖しやすい様だということと

ユリの咲く季節としてはちょっと遅いので、それを特徴と調べてみたところ

どうやらタカサゴユリのようです

台湾原産の帰化植物

takasagoyuri.jpg

鳥や動物の帰化帰化と騒ぐけれど

植物の場合とんでもなく広がってますよね

私が子供の頃には見られなかった草花が、もうあちこちで帰化しています

昆虫も想像できない数に及んでいるんだろうな



ふと立ち寄った海岸に、こんなものが生えていました

             houki.jpg

色からするとホウキギのようですが

発芽が遅かったのでしょうか、違う植物なのでしょうか

完全に色付いた姿を見たいものです

ホウキギの実がトンブリだって知ってた?

だれ? トンブリって何って聞き返してくるのは??











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR