久しぶりに、色の話でも…

飼鳥をやめる宣言をしたT-2氏のところから

数羽ヒムネキキョウがやってきた話をしました

その中にクリームイノか

           cinainohim.jpg

シナモンクリームイノらしき個体がいるのですが

ペア相手探しを如何したものか悩んでいるところに

堺の兼六園氏から、かわいい娘たちを嫁にとお申し出頂き

わらにすがる思いで、謹んでお受けいたしました

   ウム  有難うございます
           candbhim.jpg

で  この 右な娘はいかがな色やと 聞かれ

親のスプリットなど聞かせていただいたのですが

いろんな色が生まれる  としか解らないそうなので

憶測し、試験交配を重ねることで答えを求めることになりますが

はじめ見たときは蛍光灯下だったのでライムかシナモンと答えさせていただきました

自然光で見ると明らかに茶色

正確には

構造色を失った時点でグレイグリーン

黄色を失った時点でブルー

灰色系メラニン色素を失った時点でシナモン

つまり グレイグリーン・ブルー・シナモン というわけです

こういう変異を多重変異体と呼んでもいいのか専門家ではないのでわかりません

人為的に変異を組み合わせ、発祥した色なので

単に変異の組み合わせとしたほうが分かりやすいかと思います

さらに言うと、グレイグリーン+ブルー(構造色と黄色がない)=グレイ

      (オカメインコのホワイトフェイと思ってください)

グレイや黒になる段階を阻止されたメラニン色素は茶色でとどまってしまうので

茶系と白のみの個体となりこれを簡略化した言い方が

 フォーン(グレイ・シナモン)  です

キンカチョウにはもともと構造色やカロテノイド系の色素がないので

シナモン化した変異体を フォーン とするようです

理論はともかく、兼六園氏のところからやってきた可愛いお嫁ちゃんは

おそらく フォーン(グレイグリーン・ブルー・シナモン)だろうということで

シナモン・クリームイノの試験交配に使えると喜んではいるのですが

おそらくオスのほうがこれたぶん いいおっさん なので

          cinainohim02.jpg

有精卵に至るかどうかわからないことと

ヒムネキキョウにはブルーの中間的変異が

シーグリーンとアクアの2種(一般に後者がパーブルーと呼ばれているようだ)があり

中間的ブルー系は現物(シーグリーンかアクア)で繁殖しないと発現しないようなので

いいとこ ブルー・シナモン・イノ どまりかなという、単なる憶測を抱くわけです


変異の話をすると必ずと言っていいほど

野生の色が一番きれいだよ

と言われる方がおられますが、考えてみてください

野生の色も、突然変異が固定化されることで生き延びてきた進化の摂理

ならば、飼い鳥が飼われるという環境の中で生き延びるには

人間の嗜好に合わせて進化するのも当然の節理

だとは思われませんか

少し前の流行言葉で言えば 必然 でしょうかね

大げさなので 道理 としておきましょう

ただ後者は人の好みに大きく左右されてしまうので

消滅するのに長い時間は必要ないでしょう

日本語の使い方が間違っていればごめんなさい

ちなみにオカメインコのホワイトフェイスシナモンはフォーンです


コキンチョウの繁殖ですが

なぜかノーマルはノーマル同士

黄色は黄色同士がペアになってしまったので

黄色同士のペアで育ったのはこの子だけでした

               tyuusi4.jpg

両親はこちら
      tyuusidenai.jpg

こちらの両親は
         tyuusi5.jpg

ひなが孵ると放り出してしまいましたが

     hatena_20171111071648ec7.jpg

黄色のひなの嘴も、生まれてすぐは黒ぽいのか、コキンは経験が浅いので解りません

別のペアの巣を乗っ取った可能性もあるので

前のペアの卵も一緒に抱き、孵ったひなを放り出したのかとも思っています

こちらの母親は昨年抱卵しなかったので、ちゃんと抱くようになっただけでも進化ですよね

このペア、どちらが雌かわかりますか

かつては胸の色で雌雄の判断をしていた時期もありますが

藤胸や白胸藤胸が出てきて解らなくなりました

左がノーマル胸のメスで右のオスは白藤胸だと思われます

ノーマル胸のメスと藤胸のオスもさらに判別しにくいようで

発情すればオスは囀り、経験豊かなブリーダーに

尾の長いオスは掛りがいい と言わせるほど尾が長くなります

しっかりした成長を遂げたオスは体格もいいし繁殖意欲も旺盛なので

より尾が長くなるというのも、理にかなった話かと思います


コキンチョウは長い間人に飼われてきた種なので

あまり人を怖がらず、繁殖もそれほどに難しいとは感じられません

手乗りに向いていればいいのですが

仲間同士でも寒い冬でさえ体を寄せ合うこともほとんどないので

触られることを嫌う種で中々手乗りには向かないようです

        IMG_0391 (4)
         オスだけをとらえたつもりでしたが
        パソコンで見るとツーショット。 ラッキーー


















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR