FC2ブログ

力ない虫の声が聞こえます

巣立ち後、キンセイチョウの親子はよく一緒にいましたが

       kinfami3.jpg

    

             kinfami2.jpg

子供たちは徐々に親と別行動をとるようになり

kinchil2.jpg

今日は親のそばでえさをついばんでいて

体が触れたときにつつかれるなんて姿も見られました

次の繁殖に向け、徐々に子離れが始まっているのでしょうか

        kinpaire4.jpg

両親は仲良しで、よく一緒にいます

    kinpaire3.jpg

むつまじい姿はいいものですが

      kinpaire6.jpg

よく見ていると、左の鳥の羽色がムラになっているので(下の写真)

    kinpaire5.jpg

てっきり色の黒かったオスのほうだと思っていましたが

喉元の黒い部分を見ても解るようにメスなのです

キンセイチョウはこののどの黒い部分の広い鳥がオスだという見分け方をします

曖昧なときもあるのですが、下のほうから見上げるとより分かりやすい見分け方です

前に飼っていたキンセイはシルバーだったので、ノーマルをよく見ることもありませんでしたが

このペアに関しては、雌のほうが腹部の羽色に少しムラが見られ

心なしか茶色味がかっているように思われます

    kinchil.jpg

ならば雛たちの場合も、向かって右の雛は茶色味を帯びているので メス ということになるかも…

広く通用する見分け方なら、ノーマルに関しては雛の内に雌雄判別できる方法となりますが

さて、結果がわかるのはいつのことでしょう



         
       lycoris.jpg
          彼岸も終わりですね




  
         
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR