FC2ブログ

ウスユキの雛たち

ウスユキバトのパイドは,、濃い色と組み合わせると

コントラストがはっきりしてきれいなので

スプリットをとる時にもノーマルを探します

    DDnomrr.jpg

ウスユキのパイドは、両親ともパイドでも

生れたときはパイド柄が現れず、換羽とともにパイド柄が広がります

    DDnomhachi.jpg

ノーマル系の雛は巣材と見分けがつかないほど見事な保護色の時もありますが

今回こんな雛が生まれました

         DDnomhachidil2.jpg

両親は濃いノーマル地と茶色のパイドで

     DDprdil.jpg

2羽ともコントラストのはっきりしている親たちですが

雛たちはダイリュートなのか、ぼんやり色になっちゃいました

薄茶色のパイドもいるので

希釈遺伝子が入り込んでいるのは確かです

変わった色なので、パイド抜けがどんなふうに出てくるか

少しは楽しみでもありますが、狙いは完全に外れました

パイドの白抜けとのコントラストを考えるなら、今後このペアの使い道は難しくなります




今日は

       fm.jpg

月のきれいな夜です












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR