悲しいです

         彼女の歌声にどれだけ多くの人が

         癒され

         勇気づけられた事でしょう

         そんな彼女を救ってくれる人は

         いったいどこにいたのでしょうね

         天国にしかいなかったとは思いたくありませんが

         ただただ、御冥福を祈るばかりです

   素敵な歌声を

      ありがとう

      fl2.jpg



       
 お久ぶりです

寒いなあ、あ 3枚しか着てないわ

とか、足元冷えるなあ

なんてことを繰り返しているうちに

風邪だかインフルエンザだかわからないものに

無理やりお友達合体され

1週間調子悪いまま、きょうもなんだか頭が重い

きっと両親から雛達をさらった罰があたったのだわ

「巣上げ」と人は簡単に言うけれど

いつもすごい罪悪感に駆られて

私にとってはとても嫌な行為なの

ブリーダーなんかやめればいいのに

とそのたびに思って

早く卒業できればいいなと・・・

leave1.jpg

もし画像が切れたらごめんなさいね、作りかえる気力なしで

このままいきます

左2羽が3羽目の両親です

指し餌していた雛が巣立ったので小屋に移したところ

鳴き声に反応して飛び立つ先々に付き添いに行きますが

雛の方は親の声を覚えていないので無視します

離して1週間くらいなら親は雛の声を覚えているようです

雛は給餌の度に親が声をかけるわけではないので

親が解らないのでしょう

 両親のもとで巣立ちした雛たちは

最初誰かれ構わず餌を欲しがって回るので

くれる鳥なら誰でもいいようですが

親の方で雛を認識して餌を与えに行きます

何度も餌をもらっているうちに

雛の方も自分の親が

と言うより、餌をくれる相手がわかるようになっていく様です

親ってちょっと寂しい存在です

しっかりしていないと子供に見放されるということですかねえ

ところで

    noncrw.jpg
私は気がつかなかったのだけれど、変でしょ

他の巣箱に托卵されたあの仔ですが

若い女の子に言われるまで気がつかなかったのだけど

オカメ特有のあの立派な冠羽がないの

おっかしいよ~~~

ちょっと次の換羽を楽しみにしているのだけど

笑っちゃうよ可愛くて


 上の集合写真が気になる方に

左から4、5番目は前に巣立った

パイドの兄妹で左側はやっぱり黄色いです

ほぼオパーリンで間違いないと思います

右の3羽の赤目は左から

 アッシュF・DEメス

 プラチナイノと思いたいけど最初の繁殖では全卵無性だったオス

 けいちゃんとこから来たクリームイノオスです

パイドの兄弟は昨日水浴びしていました

皆元気です

 この冬はあまり極端に寒い日がなく

鳥小屋に氷の張ったのも1度去年の寒波の時だけです

とりあえず今のところですが

そして

やられてしまいました

ddn-in.jpg

今、オカメの繁殖用に使っている小屋に

ウスユキを雑居させて繁殖防止をしていたのですが

このところの日差しは暖かく

抑えが利かなかったようで

隣の大型インコの餌を入れている箱の上に

じゃーん・・・なんて

人が風邪かインフルか なんて言ってるすきを突いて

すでに2個でしたddn-ineg.jpg

巣材もないので、ピーナツの殻

何度かこの箱の上にピーナツの殻が載っていることがあって

おかしいと思っていたことがあり

ウスユキが巣材にしようとしているのだと知った時には

笑っちゃいました


てな具合で、世話人の体調などお構いなしに

鳥たちはすこぶる元気のようです

や、ごめんなさい

この冬、ネズミの侵入に気がつかず

ルビーのお母さんを落とされてしまいました

顔が血だらけで、夜中にかじられたようです

いくつになっても失敗が付いて回ります

ルビーファンで訪問してくださっていた方に

申しわけありませんrw1.jpg

お父さんはすこぶる元気で

元気をもてあましている感さえあり

陽射しのある日は水浴びしています

お父さんにもごめんね  なの

               fl1.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR