プリズム分光

 何日か暖かかったので

うっかり薄着で鳥の世話をしていたら

体の芯まで冷え切ったきのうでした

体調崩さず、お元気に過ごせてますか

元気と言えば、シンディーローパーですね

私の中では彼女が一番に脳裏に浮かびます

トゥルーカラー は珍しくおとなしい目の歌ですが

歌詞の最期の ライクアレインボー に触発されて

家の中で プリズム分光 を探してしましました

夏ならば庭に水やりすれば誰でも見られるのでしょうが


 
 石オタクの私の部屋には結構簡単にみられるものがあって

     cr4.jpg

これは初めて買った水晶のクラスターです

中国産で、手のひらに乗るほどの小さなものですが

しっかり磨かれているので、所々にプリズム分光が見られます

こちらはブラジル産の少し大きめのもの

            cr3.jpg

なかなかねえ、ライトの角度とカメラの角度が合わない上に

視力の低下も手伝っていい写真が撮れないのだけど

cr1.jpg

夜中に水晶にライト当てて、なにやってるんだろうねえ

気持ち悪いおばさんだよホント

cr2.jpg

これ! ちょっと良くない?

いわゆる虹の形になってるよねエ


 明日香の方に住む知人に聞いたことがあるのだけど

よく虹の見られるところで

時には 二重、三重の虹が出ることがあるんだって

古の大和の人たちはそんな世界に住んだいたんだなあ

と思うと、ロマンだね

きっと今は平城旧跡となってしまった奈良の中心部でも

見られたことだろうなあ

そう言えば、おとといホームセンターに行った時

平城旧跡の上空をひくくヘリコプターが飛んでいて

かなりうるさかったので、何かあったのかなと思っていたら

大型の建物跡が発見されたと報道されていました

まあ、突然現れるわけではないので

何ヶ月かかけて掘り出されたのだろうけど

こっちの方にはあまりロマンを感じないのね


 そう、二重三重の虹の話だけど

配色のパターンは一つづつ逆になるそうで

一重目と三重目が同じ配色で

真ん中は他の2つと上下が逆転したものになるということでした

cr6.jpg

 石の写真ばかりしつこい?

こちらはシトリンのクラスターで、黄色い石でも見られるかなと

撮ってみたもの

お店のお兄さんはスモーキーだといったけれど

シトリンじゃないのときいたら

シトリンはもっと色が どうとか

全く根拠のない説明をしていたので

私の希望的にシトリンのクラスターと言うことに

バイヤーじゃないので解らないと言えばいいのにねえ


 自分の空間でプリズム分光の見られるって

少し得した気分だという、ただのオタク話でした


kal1.jpg

 右端にカイツブリが潜りかけています

kal2.jpg

姿を現したとたんに、カルガモに追い立てられる羽目になりました

kal3.jpg

カイツブリを追い立てたついでに

再び、水浴び開始

この日のカルちゃんはすこぶるご機嫌で

完全に水没しながら何度も水浴びを繰り返し

kal5.jpg

長い間、ここを動きませんでした


             とさ¥・・・








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR