また寒くなりましたね

昨日は薄く氷が張ったと思ったら

夕方には小雪がちらつき雷も鳴りました

今日も氷ははりましたが、庭の水道が凍るまではなく

 cool と cold の間くらいの感覚ですか

真冬の寒さとは違ってきました

これくらいの気温だと、空気がより澄んで感じられます


 昨年末にインスタントコーヒーをいただきましたので

一日一杯は、昔はよく飲んだなあ と楽しんでいました

先日、スプーン一杯のコーヒーに熱湯を注ぎ

甘いものを加えて混ぜていたのですが

なかなか解けずにおかしいなと思ってスプーンですくって味見したところ

レギュラーコーヒーでした

たまたま同じ場所に片づけておいて

コーヒーを入れるときになって何かに気を取られていたので

間違えたようです

塩と砂糖を間違えるよりましですかね

それからドリップしても飲めましたから


 知人が部屋に年賀状を散らかしていたそうで・・・

年賀状の習慣のない人間なので

今年来たのも一枚きりだったようです

その年賀状をたまたま目にした家の人間が

お年玉抽選番号が当たっていたのでもらってきといた

と、景品の切手とそのはがきを渡されたそうですが

後で気づいたら去年の年賀状だった ということで

う~~ん去年の年賀状がなんで散らかっているんだ?

と思いつつ、さらにたった一枚でも当たる人は当たるんだろうなあ

という関心の元に見せてもらった年賀状の番号の並びには

平成23年お年玉くじ という文字の右側に

24.2.15のスタンプが押されていて

笑っちゃいました

まあ切手シートくらいなら

赦しちゃいましょうと言いながら

局員が去年のはがきとなんで気づかんかなあ

あんまり嫌味なので、証拠写真を載せることは控え

コーヒーと同じ感覚で、人間よくある間違いと、笑い話に


 話題にしてきた黄色いオカメですが

昨日めでたく 指し餌デビューしました

kiki.jpg

 左で首を振っているのは前から指し餌している雛ですが

新参者が気に入らないようです

最初は怖がっていた親育ての雛たちも

ちかごろ警戒心がだいぶ解けてきて、知らない間に肩に留まったりしています

ここは母親が私に恋心を抱いているので

親自体人間を警戒しないので自然の流れでしょう

kiki2.jpg

右が母親で左は上で首を振ってる雛の兄弟

割ってはいてむさぼるように食べていました

 おとなのオカメ達もフォーミュラーを混ぜたムキ粟は大好きで

人の目を避けるように(私が大人はつまみだすので)雛の間に入り込んで盗み食いに走ります

oyako.jpg

こちらも親子で揃ってお食事

と言うより、雛にやっていると親は割り込んで食べにきます


 パウダーフードは嗜好性の高いものもあり

鳥種による選び方やお湯の量によってトラブルになることもあるので

フィンチの様に指し餌の期間が短いものは別として

中、大型のインコ等、長い間面倒をみなければならない鳥には

注意が必要です



  ホームページは4月に引越しを予定していますので 殆ど更新していません

  ご訪問くださっている方に、お詫び申し上げて

  その分を、新しいサイトで私なりのサービス

  ・・・精神だけですが 表しているつもりです

     ごめんなさい








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

寄り目がかわいいですね!

オカメって寄り目ができるんですね、大人なのに差しえさを
欲しがるなんてかわいいですね。しかもこっそりと♪
我が家はフィンチなのでひし形の口がぱか~~っと開くだけです。
寄り目はできないみたいです。見たことがないので・・・

我が家のルビーは残念ながらヒナが取れそうにありません・・・(涙)
スタンド電気を夕方設置したところ、5時ころからもそもそと出てくるメスが
再度巣に戻ったのでしめしめ!と思い、電気を消すと
飛び出してきます・・・
何度繰り返しても、暗くなると巣から出てきてしまいます。
つけっぱなしにするとオスが寝れなくなります。
それでもつけていたら・・やっぱりメスが不信に思ったのでしょう、地震も重なって
すっかり抱卵はしなくなってしまいました。

Re: いつもコメントありがと!


 一人餌近くになるとひと粒づつ確認しながら食べるようになるので

寄り眼ふうになるのかなあ

ブンチョウも一人餌前になると寄り眼のように見えた記憶がある

彼らは嘴がでかいから、前が見にくいのかもしれない

 鳥たちが一番かわいい時期に面倒見れるこの身を

幸運だと感じる 今日この頃であります


 ルビーはねえ、絶対「あ、卵産んだ」と思っちゃだめなの

産んだことが「ばれた」と思われたらキケン

 横眼で見ないふりして睨み、心の中でうふふと思いながら

全く無関心を装って、卵を確認するなんて絶対ご法度なの

そこが野生の魅力なのです

がんばれ







なるほど!

そうなんですね、ついつい飼育している小鳥たちと同じようにしちゃってました。
反省!!
今度は知らんぷりしてみます。卵も見ないように
巣も見ないように。心の中でうふふしてみます。アドバイスありがとうございました、
小さい小さいルビっこを何とか拝めるようにがんばってみます♪
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR