3度目の正直


 私は家の中で鳥を飼うのが嫌いだ

なるべく籠を置きたくないと思っているし

手乗り雛を嫌がる理由の一つもここにある

ところが、コキンチョウだけは

冬越しを室内で飼わなくてはならないと判断し

しばらくは縁側に置くことやむなしとしていたが

3月になって我慢できなくなり、屋外においだしてしまった

 一羽、調子の悪そうな鳥がいたので気をつけていたところ

寒さよけにと思って入れたつぼ巣にすぐに卵を産んだので

どうやら 産み 待ちといったとこだったようだ

 気温の急変にも、氷の張る日もなんのその

雛たちは順調に育っていたが

昨日になってはは親が夜になっても巣に戻らなくなった

どうやら、彼らもオカメインコと同じで

雛の羽鞘がある程度生えると、温めなくなってしまうらしい

もう一日様子を見ようかと思ったが

大事を取って室内に戻すことにした

kokihina.jpg

今度こそ、なんとか自分たちのちからでひなを巣立たせさせてやりたい

と思うのだ。 3度目の正直になるといいけど



            hanaki-2.jpg

庭は花であふれてきた

一年でこの庭が一番華やかになる季節だ

 花たちは皆太陽が好きだから、南側にあるこの庭の花たちは

後ろ姿しか家からは見られない。それでも香りは氾濫し

ジンチョウゲとヒヤシンスとスイセンが同時に香ると

さすがにもういい加減にしてくれと言いたくもなる

hanaki-4.jpg

植えっぱなしで手入れしなくとも毎年咲くスイセンはわたし向き

10年以上勝手に咲いてくれる性の強いヒヤシンスだが

強いのはこの色だけ

hanaki-1.jpg

スノーフレークは庭中に散らばっていたものを

去年ここに集めて正解、けっこう華やかでかわいい存在となった

奥に見える枯葉のでかいのはフィロデンドロン・セローム

でかくなってきたので室内では持てあまし

地植えにしてから10年くらいたつ、この冬もちゃんと越せたかな

                kamehina3.jpg

なんかこれ

人間の幼児も、こんな風に 後姿に哀愁 なんて時あるよね

ちょっとかぶるなあ

        kamehinas.jpg


オカメの兄弟、卵がみんな孵っちゃうと両親は揃って餌集めに

兄弟で温め合って帰りを待ちます










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

育つといいですね

コキンチョウさんたち頑張ってますね。
HPにもちょくちょく訪問させて頂いています、パウダーフードの件などとても参考になっています。
使っているうちに最初は万能!と思っていても・・疑問もぬぐえないですよね。
経験からひもといていく実話も、するどい視点からのひとつの答え!
さすがですね!
いつか私もそんな飼い主になれるといいなと思いながら春の日差しを小鳥たちと一緒に
楽しんでいます。
お庭のお花たちもとってもきれいで
うらやましいです~~~♪
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR