ふんわり おしり

 鳥が寄り眼になるとのみゆっきーさん観察眼により、少し気にするようになりました

昨年までの鳥の名簿を整理していて、寄り眼な写真を見つけたので紹介します

これどーよ
       yorime.jpg

それほどでもないかな

ふーふ おそろいと言うところがいーじゃんねえ


 昨年 (すっかりブログ界から姿を消してしまった) 

うさこいんこさんにアキクサインコをいただいたので

(彼女の初めてのアキクサインコを手乗りで指し餌した経緯の結果かも)

繁殖に挑戦しているのだけれど(鳥自身がだけど・・・)

これがまた、個性的で面白いわ

おとーさん 楽しすぎちゃう?

と言いたくなるほど、絶対に巣箱に入らないの

たまーーーに奥さんが空腹を満たしに出てきたときに

食べた物を分けて、でも奥さんは足りないから

自らもむさぼるように食卓につき、その後少し羽伸ばしの運動をしてから

さっさと巣箱に戻っていくのねえ

するとおとーさんはすることがなくなって

ひたすら止まり木で歌ってるだけ

まあ、巣箱の中でそれを聞きながら

奥様は癒されているのかもしれないけれど


 雛が生まれて少し変わり、巣箱の中を覗き込むように

どーや、まだお腹すかへんか と様子を伺うようにはなったけれど

(おとーさんは名古屋の方から来たからここでの関西弁は不適だろうなあ)

雛が大きくなってきたらどうかわるか、ちょっと楽しみだわ



 アキクサインコは手乗り度が高く、べたなれで困る種のひとつと感じるけれど

いまいち人気が抑えられているのは

ルチノー、ルビノーのおきれいどころが少し高価だからかなあ

しゃべることはできないようだけれど、声もやさしく性格もおっとりで

断然お勧めの鳥だから、初めてインコを物色中の方には

是非抑えてもらいたい品種のひとつだな

ただし、触りまわすと嫌われるので要注意

そっと寄り添ってあげる?もらう?

そんな種のようです

この辺りは触りたい人には不満が残るかも


 触られるのが嫌いと言えば

体の大きさと、変異の豊富さで群を抜くワカケホンセイインコは

性格的に気難しく、咬み癖がつきやすい鳥で、初心者は手を焼くかもしれない

でも、これはこれで可愛くて
           inhina1.jpg
        どーよ このおしりのふわふわ

はじめの頃の肉弾とはずいぶん変わってきましたよン

 最近自我が目覚め、非常にシャイになってきて写真も撮りづらいですが

inhina2.jpg
ブルーでスタートしたワカケ愛好家としては

初めての 緑の羽 をみたとき(上の雛)少しびっくりしましたが

青いお父さんに黄色いお母さんなら、足してみどりになるのは

いかに鳥の変異の世界と言えど、ふつーだよね

 コキンの雛たちも大きくなってきました

連休には少しHPの方も更新したいと希望しつつ

オカメの雛も上がってきそうで、集中度切れないようにするべエ



 30日には若くて優秀なスタッフにすべてを任せ

息抜きに石でも見に行きたいと・・・

         ・・・・・・と痛切に願っている

     ん だけどなあ

ホントに悪い風邪が流行っているようです

お気をつけて・・・  




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

寄ってますね!

ふーふでお目目寄ってしかも真剣に食べてますね!とってもかわいいですねー♪我が家のフィンチの場合、差しエサポンプの場合、一旦顔を引いて、><目をつぶってアーンします(笑)近すぎて見えない老眼みたいでおもしろいです。
フィンチの場合目の直線上にくちばしがあるので少し顔を上向き加減に食べれないからかな?顔をかしげて片目で狙いを定めるしぐさが多いかもです~
ああ、そしてルビーたち・・・もう~がっくしです(涙)爆弾が落ちたかのような強烈なカミナリで私もちょうど夕食時でしたが
ハシとまったもの・・地震が来たかと思うほど揺れたし~~
ぜったいビビリのルビーは巣を飛び出たかもしれませんね。卵が巣から飛び出てて1つ割れてました。

十姉妹の卵も中止卵になってて
ああ
残念です~~><

ワカケPたちもすっかり小鳥らしくなったんですね、ますますムッチリ巨大になりそうで
成長を楽しみにしています。インコが飼育できない分、楽しませてもらっています。

Re: デリケートなのは飼い方の違いかなあ


 雷となれば、家の犬どもは発狂しますが

どんなにひどい雷で、近くの高圧線の鉄塔に落雷し

すごい地響きがあっても、どの鳥も怖がらないので

空で暮らす鳥たちには雷を怖がらないよう

遺伝子に組み込まれているのだと思っていたワ

環境による馴れなのかなあ

としたら、これからはどんどん「雷怖い」

って鳥さんが増えてくるかもしれないね


 最近のジュウシマツって子育て下手クソが多くなったよねエ

ヨーロッパジュウシマツの血が入ってきているせいもあるって話

否めない意見だと思うなあ


 荒鳥飼いのバーは高いけど

まあ、高い方が越え甲斐があるってことで・・・

江角正紀さんなんかかるーく超えたバーみたいで

尊敬です!!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR