青いバラ

      blue-r.jpg
                 
 これ、青いバラなのです

20代のころには、趣味でバラや洋蘭の栽培をしていました

その頃は マダムヴィオレ等の紫の花どまりで

バラに青い花は不可能に近いなんて言われていました

 昨年ホームセンターで 青いバラ なるものに目がとまり

値段も手ごろだったので買ってみたのです

 写りがよくなくて、少し赤みがでてしまい

うっすらヴァイオレットに見えますが

薄気味悪いほど青白い花です

幽霊みたい

陽に当てると赤みがでてきますが

雨天が続くとか、あるいはつぼみになってから

室内に持ち込むと、確かにうっすらと青いバラが咲きます

 技術的には非常に面白い話ですが

青いバラにどんな値打ちがあるのでしょう

見た目涼しげでもあるし

この夏のクールビズに一役買うかもしれませんけどね

 園芸界の品種改良は目覚ましいようですが

古くても現代生活に見合った良いものはたくさんあり

しっかり残っていってほしいものです

      庭では今シーズン一番のヒマワリが咲きました

hima1.jpg

ヒマワリと言うには、あまりにもコンパクトで可憐

周りに林立するカナリアシードに埋もれるように咲いています

すぐそばには同じ鳥の餌とは思えないほどこんなに立派な苗が育っていると言うのに

      hima2.jpg

 土を作るというのは面白いものです

 手前にわんさとわいて出たのは そば です

餌のそばの実を、がばっと口にくわえては水に嘴を突っ込み

柔らかくしようとする輩がいて

いい加減にふやけたソバの実が水と一緒に庭にまかれるために

発芽率のいいこといいこと

今年はとりたてのそばを鳥たちに提供できそうですが

意外にもすずめの好みらしく

(稲穂がすきなことを考えると当然かもしれない)

いつも気がついた時には食べられた後だったりするので

しっかり確保しようと思います


 珍しく連日のブログ打ち込みとなったのは

奈良県の五条市に住む鳥友達が電話をくれて

明日は かげろう座(市あげての華やかな祭り)

だけど来ないのかと誘ってくれたからです

 来年からは縮小されそうだから、来るなら今年だよって・・・

 明日は小鳥や鶏の品評会もあちこちであるし

取材がてら行くつもりはしていたものの

先週腰を痛めたので、まあそれは治ったのですが

大事をとって、長時間の運転は控えようとしていたところの御誘いでした

 ブログで紹介すれば

読んだ方が行きたくなってくれるかなと考えたってわけで

私が行けない分、皆様に案内でもして御許しをこうと言う

なんて律儀な話・・・

 何年か前に2度ほど行きましたが、町を挙げての楽しいお祭りで

昔は奈良市内から2時間以上かかったこともある町だったけど

今では1時間とかからないほど道も整備され

吉野川沿いに駐車スペースは沢山あるし

結構人出が多いので、カップルで迷子にならないように

手をつないで歩くには、いいお祭りかも

かげろう座で調べればサイトもあるよ

暇してる人はチェックチェック

 本日、最期まで巣箱に居残ってた一羽が巣立ったので

早速雑居に移動しました

bour-family.jpg

 アキクサファミリー 一番右が御父さんです

左から2番目がよそのおじさんで真ん中手前が御母さん

後は5兄弟、巣立つとほぼ同時に一人餌のようで、本当に楽な鳥です

 ついでにオカメも紹介しておきましょう

kamemure1.jpg

  なぜか足にまとわりつき、パンツの裾のゴムをだめにしてしまいます

                           たまにマジ踏みしてしまいます





  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR