悲壮感


 ルビーのページをHPに開くために写真の整理をしていたら

底を外して庭に置いた、洗う前の籠の写真がでてきた


kago.jpg


 なぜこんな写真を撮ったのかと思っていたら、すぐに答えが見つかった


trap.jpg


 庭で何を探していたのか、一生懸命になっていて私の出現に驚いて飛び上がったところが

洗おうとして置きっぱなしになっていた籠の中だった、ということだろう

ヒヨドリ様だ

 この悲壮感漂うポーズは、なかなかわが家では味わえない、野生そのものの姿

すぐに逃がしてあげたので、改めて表情を写真でゆっくり楽しもう

 「あン いやン」 なんてネームは間が抜けてるかネ


                        fly-1.jpg
                     元気っ子ルビー(紅玉鳥)


 うっかり縁側を開けていて、大型インコのこぼれ餌目当てに迷い込んだすずめやヒヨドリが

大きく出口をあけてやったにも関わらず、家の奥に逃げ込み家ン中じゅうを逃げまどった

なんてことも以前は結構あったが

今は屋外の鳥小屋の鳥数の方が多いので、家に入り込むことも無くなった

 話は変わるが、試練の5日間小学校の屋外プール指導の後体が結構元気になって

先週後半は“泳ぎたい願望”に取りつかれていた


fly-3.jpg


 私が通っていたスイミングでは、その頃(30年近くも前)から塩素以外の消毒を行っていて

教室ではそれを自慢にしていたが、水質管理に興味がなく詳しく聞いていなかった

 O-157事件以来、室内プールなどの施設では、かなり塩素濃度が濃くなったようで

ジャグジーは入っていると気分が悪くなるし、泳いでいてぜんそくを誘発したこともあった

 スクールの子供たちには鼻炎がひどくなるなどの症状がでる子もいるはずだ

 今は、EM菌やオゾンによる消毒なども取り入れられるようになってきたようだが

我が在住県は、水源が「きれいなところ」と甘んじてでもいるのだろうか

塩素はきついうえ、オーバーフローさえしていない施設も多く

大阪府のような「きれいな水意識」に欠けているように思う


 身近できれいなプールで思う存分泳ぎたいなア~~



                               fly-4.jpg
     ルビー(紅玉鳥)をどんなふうに飼っているかをHPで紹介していきます
     どこまで続くかわかりませんが、興味のある方はこちらまで・・・

                               KW *ルビー












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR