縄張り攻防戦



          
               2017/12/22

                        あ~~悪い ピンボケだった






ちょっと悔しいです

大阪城公園では梅が咲き始めているそうです

比べるのも変ですが、家のほうが早いと勝手に思っていたので

なんだか悔しい気がします

大阪城公園からさほど遠くない バード+さん は

大阪は寒いでぇ~~と言っていたけど

いつも暖かいところにいる、屋内飼いの環境と

屋外で寒さと闘いながら鳥飼している人間の

気温に対する感覚を比べるところに無理があったわけで

寒いといっても、大阪やねんから自然に囲まれた環境と比べたらあかんわな

うン

年が明けるころになると夏の間に温まった地温自体下がってしまうので

陽が陰れば簡単に温度が下がるし、氷も張るみたいに感じます


朝の冷え込みはあるものの、風が収まり陽が差せば鳥たちの動きは活発です

久しぶりに、こんな鳥たちを見ることができました

            

イカルです。10羽くらいの群れで、あまり高くない公園の木にいました

何度か高いところを飛んでいく姿は見掛けていましたが

姿を見極めるまではいきませんでした

         ikaru2.png

年にはかないませんが肉眼で見たいなあ

すぐそばのサザンカではメジロが蜜を吸っていました

どちらもカメラがなければシルエットしか確認できません

            meji.png

こちらも今までは声と音だけの存在でしたが

この日は長々と観察する幸運に恵まれました

  kg.png

仲良しペアかと思いきや、4羽くらいの群れ。親子かなとも思われます

         kg2.png

コゲラは意外に身近なところでみられるキツツキで、前の家では庭にもきました

虫がいるという証拠なので、手放しで楽しむわけにもいかないでしょうが

庭にキツツキが来るというだけで、嬉しかったものです

この日の散歩では、道路に小さなカエルの足付き残骸がありました

今時、どうやって探し出すのか

誰の仕業なのか

案外、飼い猫が掘り出したなんてことかも









こんなことってあるのね

     

怪しげながらも普通の朝でした

   diadasa2.jpg

日が昇るころになって曇りはじめ、突然

diad0.jpg

ふぶいてきましたが陽が差すと、ところどころキラキラ光っています

  diad1d.jpg

光る部分は鏡のように光を反射するのでうまく写りません

よく見ると地面でもきらきら光っています

diad-b.jpg

解りにくいので、パソコンで暗くしてみました

diad1c.jpg

大きい画面で見ると夜空の星のようできれいでしたが

このサイトではサムネイルを使っていないのでごめんなさい

      diad1bb.jpg

まるでホワイト修正したようにハレーションを起こして白ヌケしてしまいます

diad3.jpg

鏡が太陽の光を反射するように光るこの現象はまさにダイアモンドダスト

ダイアモンドダストを検索してみると、水蒸気がー10℃くらいでとか、風が少ない状態などが条件となり

今回に当てはまることはほとんどないので、何とも言い難いのですが

科学的な名称ではなく 「そう呼ばれる」 という俗称のようなものならば

雪とともに空中を舞うきらきらした光は

まさにそう呼ぶにふさわしい眺め

一生見ることはないと思っていた光景です

また一つ

自然が心の宝物をくれました





3時ころには風も収まり、日差しもほの温かく

近所ではウコッケイがのんびり餌を拾っていました

          otenki2.jpg

止まっちゃいました

一昨日は流石に寒く、外の水道の水が凍り、小屋の中の飲み水も凍りましたが

一日きりでした。前の家は庭の水道が凍ってしまうと長い間溶けずに使えなくなりましたが

今のところ、こちらではそういうことがありません

これは昨日の朝の東の空、なかなかイカしたストライプの雲でしたよ

    

野菜の値段もかなり高いと聞きましたが

こちらでは大手のスーパーでも地元の野菜を扱っているところが多く

特に小ぶりのものはサイズも値段もわたしにはお手頃で助かっています

                   rocal3.jpg

形や大きさが揃わないと一般の流通ルートには乗らないので

そういったものが扱われているのかもしれません


今日は寒い中保健所の方が施設検査に来てくださいました

せっかくですので、好き放題に持論を並べ立てたわりには

話をスムーズに受け取ってもらえ、ありがたいと思いましたが

新たにこちらで登録する方がおられたら

やりにくいと感じることになるだろなと…

勿論、保健所の係りの方が? ですが

執行開始を許可証の発行日に合わせてもらいましたので

来月上旬から小鳥屋さん復活ですかね


目覚めそうになっていた梅のつぼみが、またお休みしてしまいました

stop4.jpg

梅は桜のソメイヨシノと違い、幅広い品種が植えられているので参考にもなりませんが

昨年までは2月下旬から3月上旬にならないと咲かない種類だったので

この寒い季節に梅が見られると、とても楽しみにしています

考えただけで、鼻の奥につんと梅の香りが漂ってくる気がします


そうそう

前から鳥の種類は8000種を超えるなんて言ってきましたが

DNA という技術が導入されるようになって、ついに10000種とか

ハヤブサが ワシ・タカ より インコやカモ に近い種ということも解ってきたそうです

これを発見した科学者たちは電子顕微鏡をのぞきながら

発見に胸躍ったかもしれませんが

このことをこれから学んでいく学生たちは

どんどん覚えることが増えていって気の毒だなと思う反面

「そんなことはもちろんコンピューターが覚えて分析すればいいだけのこと」 といわれると

なんだか味気ないですよね

     stop3.jpg








暖かいので

都心は4年ぶりに20センチを超える積雪で大変なのだそうですが

こちらは朝からさほど寒くもなく

昼前には春のような温かさとなり、昼過ぎになって降り出した雨も

暖かい春の雨のような具合で、鳥たちの発情が止まりません

          

アキクサインコは発情すると雑居が難しいので、雌雄を分けたり

個室を用意したりするのですが、新しい土地なので気候が読めず

どの程度の個室にしたらよいのかもわからないとぐずぐずしていたら

あちこちに卵が転がりはじめました

    niraniko.jpg

ペアになって3年目くらいのアキクサ オパーリン

どちらも手乗りなので、とりあえず今回は籠に収まってもらいましたが

巣箱を入れるといっぱいいっぱいになるので、時折籠を開けて飛ばしてやります

メスは卵を産み始めると体が重くなるのか動きづらいのかあまり飛ばなくなります。そうなると

オスは雌のそばを離れたがらなくなり、近くをうろうろしています

メスが巣箱にこもっているときは入り口付近で見張りに立ち

    mihari.jpg

巣箱を触ろうとすると 「これこれ」 と注意されます



アキクサインコの原種が保護色と説明するような写真が出てきました

   hogoshoku.jpg

彼らが薄暗い中で活動するよう進化した訳が分かりますね

わたしはかねがね、自然界の中での進化と

飼い鳥の中での進化の違いを口にしています

色変わりは邪道みたいに思っている方が結構おられるのは不思議なことで

進化は種が存在する環境の中で起こった突然変異の定着が繰り返されていくことなので

自然界では保護色となり、生命に危険のない程度の婚姻色が定着していきますが

飼い鳥の色は、人の好みの中で進化するので

とりわけ派手で人が美しいとか可愛いとか思う色が定着していきます

自然の変化は緩やかで時間のかかるものなので

自然界の中で定着した色は時代と呼ばれる長い期間続きますが

人の好みの中での進化は、気まぐれな人の好みや流行といった一時的なものに左右され

進化というにはあまりにも短期間の内に存在が失われてしまい

一層邪道といった汚名を後押ししてしまうのでしょうね


最近になって、シロハラやアオジといったおなじみの冬鳥にであいました

   aojin.jpg

アオジは大丈夫かと思うほど元気がなく

シロハラのほうはまだ若いのか、かなり緊張した様子でした

          siroharan.jpg

暖かい日にはハエが飛び交ったりもしますが、この季節に

モズのような生餌を主食とする鳥たちの、餌を探し出す能力には感心せざるをえません

  mrmozu.jpg

やあ かっこいい

なんといっても、命がけやもんね


そうそう、鳥は耳を掻くときなぜ口を開けるのかと聞かれることがあります

知りません

神経か筋肉が繋がっていて影響を受けるのだろうとしか言えませんが

まぁ 科学者か獣医さんに聞いてください

でも、野鳥もそうだという写真が撮れましたので紹介しますね

       mimkaki.jpg

ツグミは単独で行動するのだと思っていましたが

この辺りではかなりの数がまばらに、喧嘩することもなく

声を掛け合いながら暮らしています

夏にはいなかったので、季節的なものなのでしょうね



鳥たちの発情が止まらないのでついにきのう

めんどくさいながらも、動物取扱業責任者の申請に行ってきました

こちらでは鳥関係は初めてといわれました


昨日も朝からニュースで、この冬一番の寒気到来や大雪の恐れ

とにぎにぎしく報道していましたので

保健所からの帰りに、家のある方の山が白くかすんでくると

もうそれは雪に違いないと、冬用タイヤを用意していない車での帰宅が心配になり

慌てて帰ってはみたけれど、先述のようにさほど寒くもない雨で拍子抜け

明日から週末にかけてはさらに強烈な寒気が入り込むそうなので

流石に甘い考えではいられないと思うものの

散歩途中の梅はぼちぼち咲き始めたし

となりの庭ではヒカンザクラも咲き始めました

庭の梅も月末には開きそうで、楽しみにしているこの頃です

         hikan.jpg
        ヒカンザクラを間近に見たのは初めて
        こんなに色が濃いのねぇ~~
        近すぎてピンボケだけど







最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR